今週末は横浜みなとみらいでフィッシングショーが開催される。私も各方面にご挨拶に行くが、渓流釣りファンの方々も、ボチボチ解禁に向けて気持ちが疼いてくるのもこの頃だろう。

 

さて、解禁をひと月後に控えた1月月末。恒例のテンカラ関連教室を予定している。

 

解禁当初の低水温の釣り方も含め、導入からレベルアップまでをジックリご説明したいと思っている。

 

お申し込みの詳細はTOKYO TROUT COUNTRYホームページよりご確認ください。

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

今回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

12月23日は、第92回・TTCテンカラ教室の開催日だった。寒い中2名の参加者に座学と実釣を解説した。

正直にいわせてもらうと、気温も高く、シーズン真っ盛りの時にご参加いただく方の中には、ある一定のパーセンテージでひやかし、もしくは友人が参加するから付き合いの方がいる。そのような方の中には、こちらが真剣に話をしていても上の空の方もいるが、さすがにこの寒さの中ご参加いただく方はテンカラへの熱の入り方も一段上なので、こちらとしてもいつもより熱を入れて解説をすることになった。

 

 

そして翌日。今年最後の毛バリ研究会の開催日。今回は4名の初参加の方も含め、15名という大人数での開催となった。
いつものように和気藹々。私もみなさんと一緒に楽しい時間を過ごすことができた。

 

テンカラ教室と毛バリ研究会。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
来年も同じく月イチ開催を続けますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

(一応ですが、2018年1月の予定は、27日がテンカラ教室、28日が毛バリ研究会の予定です)

 

さらに翌日。25日は単独管理釣り場の丹沢ホーム・札掛釣場へ。
寒さも厳しくなってくると、たとえ管理釣り場といえども徐々に釣りにくくなるが、この時期の釣りをしっかりやっておくと、解禁当初の低水温の釣りでも困らずに済む。

 

 

シーズン中の自然渓流が本番だとしたら、オフシーズンの管理釣り場は練習の場だ。解禁までまだまだ時間があるので、私も寒さに負けず、カンツリ通いを続けたい。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

低水温時の毛バリ釣り



 「三寒四温」

 文字通り先週ちょっと暖かかったかと思えば、ここ2〜3日の早朝の気温など、真冬並みの寒さになっている。
 
 こうして季節はじわじわと春へと向かっていくのだが、渓はまだまだ寒さが厳しい。
 来週は暖かくなるようだが。

 6日に入渓した奥多摩の渓では、標高700メートル付近を釣り上がったのだが、この時期の小渓流では、流れに被さる枝に気をつけなけらばならない。
 被さる枝は、新芽もまだまだで「葉」が1枚も付いていない。
 一見毛バリを振りやすそうだが、「枝」に毛バリがひっかかった場合の回収率が悪いのである。

 夏場は枝に毛バリがかかる前に、生い茂る「葉」にひっかかる。
 この葉は柔らかいため、切れて毛バリを回収できることが多いのだが、寒い季節の枝だけになったところにひっかかってしまった毛バリは、よほどその枝が細くない限り、折れて回収できる確率が低くなってしまうのだ。

 その話はまさに「枝葉」だが、低水温時の毛バリ釣りの本題は、やはり「水深」ということになる。

 最盛期の釣りでは、水面や水面直下だけで勝負することも充分可能だし、魚が毛バリをくわえるところの見える釣りは実にエキサイティングでもあり、私も大好きな釣りである。

 しかし、エサとなる水生昆虫の羽化も見られず、捕食対象が水中を流れてくるものの限られてしまうような状況では、やはり水深をしっかりと意識して毛バリを流さないとならない。

 キャスト後にラインにスラックを入れる、ハリスをしっかりとたるませて、ハリスが受ける水圧で毛バリが浮かないようにする、ウエイト入りの毛バリを使う等々、色々な方法があるが、いずれにしてもラインやハリスにテンションがかかると毛バリが浮いてきてしまうため、そうならないよう竿を操作する必要がある。

 問題はアタリをどのように取るかということになるが、基本的にはラインの変化を見逃さずにアワセを入れるということになる。
 
 寒い時期でも時合によっては、毛バリを浮かせて釣りをする時もある。 
 
 山岳渓流から管理釣り場まで、寒くても暑くても、一年中いつでもテンカラを楽しみたいと思っている私。
 他にも色々と低水温での釣りに対する方法を持っているが、それはまた別の機会に紹介したい。

 低水温の釣りについては
コチラにも⇐


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
今週末はテンカラ教室

 今週末、3月14日はTTCの
テンカラ教室の開催日。
 
(お問い合わせとお申込みはコチラから)


(今シーズン初の奥多摩イワナ)

 竿、糸、毛バリという数少ない種類の道具を使い、美しい渓流で美しい渓流魚に会うことができる。
 このテンカラをどなたにもできるよう、一から丁寧にご説明をしているTTCのテンカラ教室は、今年で5年を経過した。 


(そして奥多摩のヤマメ)

 私のテンカラ教室では、基礎的な説明の後は、テンカラの道具、テンカラの釣り方、そして毛バリについて、「なぜそうなのか?」「どうしてそうなるのか?」という考える「クセ」をつけていただくことを主な目的としている。

 考えて釣りをする。
 釣り終えてから考える。

 「どうしてその竿を使うのか」
 「どうしてその長さのハリスを使うのか」
 「何ゆえに毛バリを沈めるのか、そして浮かせるのか」

 こういったことはそのひとそれぞれの釣り場や釣り方により違うので、それを「自分で考え」「自分で答えを出せる」ようになるまでのことを説明しているのが私の教室である。

 解禁してもまだまだ寒い日が続いているが、そんな低水温の釣り方も含め、楽しくレクチャーしたいと思っている。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
クリスマスは丹沢ホームで(札掛釣り場で早春のシュミレーションを)

 昨日で年内の生業は終わり。今日から休みになる。
 
 クリスマスの後は新年を迎えるまで例年バタバタするので、先ずは1度釣りに行き、溜まり込んだストレスを解消することにした。



 選んだ場所は丹沢ホームの札掛釣り場だが、ここの釣り場は、上流部は枝の張り出す小渓流でもあるため、藪沢の練習には具合が良い。

 しかも低水温(一日通して5℃だった)でもあり、いい意味で魚影が薄いので(養魚池のような場所では練習にならない)、丁寧なアプローチと、毛バリをしっかり沈めて釣るということに始終しなければならない場所だからだ。



 ベストの他にも、熊避けスプレーに熊鈴にホイッスルも着用し、ザックも背負って本番さながらに釣り上がりを開始した。



 しかし寒い。

 日陰は昼になっても落ち葉に霜が下りたままだったので、気温も3〜4℃しかなかったかも知れない。

 感覚のなくなった指先を襟元に突っ込んで、温めながら毛バリを結んだ。



 午前8時に釣りを開始するも、魚影はほとんど見えず。

 遡行中に走る魚も見えなくて、枝に食われる毛バリにイライラがつのる。この時期は夏場と違い、「葉」ではなく「枝」に毛バリが刺さってしまうので回収しづらい。葉ならば切れて回収できることが多い。



 あまりに魚が出ないので、通常の毛バリから伝家の宝刀のBH(ビーズヘッド)の毛バリに交換し、底を取り、毛バリがデッドスローで流れるように操作してみる。



 そうなのである。底ベッタリで動かぬ魚は、レンジが合っていても、毛バリを追いかける勢いがないので、毛バリを流す速度も落とし、口を使わせる「間」を取ってやらないとならないのだ。

 ニジマスの他、時節柄写真には出せない外道(白い点のヤツとかパーマークのあるヤツとか)を含めても、30分に1度程度のバイトしかなかった。

 しかも、ほぼ全ての魚が、この季節のキーワードともいえる「居食い」をしているので、アタリを見逃してしまうことが多く、それゆえアワセのタイミングがズレて、掛かりが浅くなりバラシが多くなってしまった。

 正直本当に難しい。寒さと釣れなさで集中力が切れ、微妙な居食いのアタリを取り損ねることしばし。

 「まだまだ修行が足りん!」

と、自責の念にかられる釣りになる。



 それでもやはり渓はイイ。遡行し、時に立ち止まって深呼吸しているだけで、身体の中から心身ともに溜まり込んでいた毒素が抜け出していく。

 午前11時半、晴天なのに雨がパラついてきた・・・と思っていたらアラレになった。

 その後は駐車場まで戻り、ひとり今日の釣りを反省しつつ、お湯を沸かす。コーヒーよりも「おしるこ」が美味しい季節になった。 



 低水温の釣り。まだまだ勉強しなければならないことが山積である。それでも今日は新しい竿や新いレンズ、そしてメーカーさんから依頼されていたもののテストもできたので、ひとり愉しいクリスマス釣行を終えることができた。

 これで今年は釣り納めか。ん〜、もう一回くらい行きたい気もしないでもないが。。。 


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 
⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村