先日TTCにて無事撮影を終えた「ヒロシ釣り紀行」。
その時は現在よりもずっと気温も低く、
完全に底釣りテンカラをしないと魚が出ませんでした。

昨日のテンカラ教室の時でも、時間帯により水面直下での魚も出ましたが、
やはりほとんどの場合、水深1メートルを超えたところでの反応となりました。

いずれの場合も、以下の写真のようなBH(ビーズヘッド)の毛鉤を使用。
 
自分の場合は冬場の必須アイテムです。
(真夏の高水温時にも使います・タフコンディションの時全般ですね)

こちらの毛鉤も昨日は、「瀬」での底釣りに使用して何匹か魚を出したものです。
こちらの毛鉤の作り方と、「瀬」での流し方に関しては、
つり人社発行「別冊渓流2011春号」に、くわしく掲載してあります。
110216_1921~01.jpg  

それはそうとCSテレ朝の「ヒロシ釣り紀行」ですが、いよいよ明後日オンエアです。

「奥多摩の管理釣り場でテンカラを」ということで、いつもの教室さながらに、
みなさんに楽しく「テンカラ」をご紹介させていただきました。

契約なさっている方はぜひともご覧下さい♪♪
(なさっていない方はお知り合いの方にでもお願いし、録画して見てくださいね〜)
よろしくです。

明日は3月発売予定の、テンカラ入門DVDの編集中の映像部にお邪魔することに。

少しでもよいDVDができるよう、スタッフのみなさんと相談しながら、
編集作業のお手伝いをしてきます。

吉田毛鉤 明日は解禁・・・だけど行けない 吉田孝
テンカラを始めたみなさんが
情報交換やテンカラ仲間との語らいの場として
TOKYOトラウトカントリーを拠点とし
昨年発足した「吉田毛鉤会」

「他人の釣りにああだこうだと余計な口を出さず」
「釣りに対する質問をされた時はこころよく答える」

これだけを会の原則に掲げ
とにかくみんなで楽しくやりましょうと 
発会式をしてからもう1年が経とうとしています

その間に自分の教室にご参加いただいた方や
トラウトカントリーに遊びに来ていた方などの中から
何名もの方が会のメンバーとなり
ご一緒に楽しくテンカラを続けております

管理釣り場にはオフシーズンもなく
1年中テンカラができますし
いつ行ってもテンカラ仲間と会うことができます

釣りをしている時はひとりでも
川から上がっての談笑は楽しいものです

これからも今までと同じスタンスで
会の運営をしていく所存です

週末の教室の日でちょうど1年
今回特にイベント等は企画しませんでしたが
メンバーのみなさんにお会いできれば
ランチの時にご一緒に「乾杯」でもいたしましょう

今後も「吉田毛鉤会」を
よろしくお願いいたします

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 吉田孝
明日は吉田毛鉤の「毛鉤巻きの勉強会」です。

毛鉤巻きに関しましては、過去のテンカラ教室にご参加いただいた方からも、
ジックリやりたいというご希望も多くなり、
昨年9月より、通常のテンカラ教室から毛鉤巻きだけを、
独立させていただくこととなり続けていましたが、
それでも教室の形にすると時間が足りなくて、
今回より自分が一方的にお話しするのではなく、ご一緒に毛バリを巻いて、
ご参加いただいた方々同士でも質疑応答しながらの
「勉強会」の形をとってみることになりました。
当然のことながら、未経験の方のご参加もお待ちしております。

ありがたいことに冬季でも人気のこの毛バリ巻きの時間。
何はともあれみんなで楽しく毛バリを巻きましょう。

それとともに、一昨年以来続いています
TOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室ですが、
今後もご参加いただいた方々に
「少しでも納得できた」と思っていただけるよう、
色々と考えていきたいと思っております。

明日も寒いと思いますが、
防寒対策万全でお越しくださるよう、よろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 楽しいテンカラ伝道師 吉田孝