解禁までひと月を切りました。

 

 毛バリのご注文もいただき、気持ちも徐々に盛り上がってきました。

 

 私も早く源流に入りたくてウズウズしているところです。

 


○解禁に向けたテンカラの予習復習に、奥多摩のトラウトカントリーで9日(日)に『テンカラ教室』を開催予定です


○23日(日)は、より深い考察と釣り場や釣り方の情報交換も兼ねた、毛バリに特化した『毛バリ研究会』を開催いたします(開催場所はいずれの教室も奥多摩のTOKYOトラウトカントリーになります。お申し込みとお問い合わせはトラウトカントリーまで)


○その後は解禁直前のイベント、原宿のファイントラックTOKYOベースにて『早春のテンカラ』と題したトークと毛バリ巻きのデモを行います(早々に満員になりました、キャンセル待ちのみ受付中、ファイントラックのイベントページよりご確認ください)

 

 コロナウイルス、インフルエンザ等々、妙な病気に感染しないよう健康管理をして、楽しく解禁を迎えたいと思います。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 時間なく身体もガタガタだった1月が終わり、ようやく時間が取れた2月1日。

 


3月に開催の『森の学校(春の教室)』の打ち合わせに丹沢ホームさんへ。


 打ち合わせが済み、午前中は竿を出させていただき、釣った魚は、今月末に開催予定のファイントラックTOKYOBASEのイベント(早春のテンカラ)用に撮影させていただいた。

 


 終えてからはいつものように絶品をいただきました。あー、美味い。

 


 しかし丹沢ホームのオーナーの中村さん。自然を保護する多くの活動をされていらっしゃること、お話しを伺う毎に頭が下がります。


 釣りの世界だけでなく、ボランティア活動をされている方は本当に凄いといつも思います。

 

 「どこへいった」「何をやった」「何が釣れた」と紹介している私自身も、余力があれば自分の事以外の事に力を使いたいと思っています。

 

 私も大したことはできませんが、せめて子供達に、自然の素晴らしさや楽しさを伝えるお手伝いができれば、と思っています。

 

 ということで、誰か森の学校のボランティアをしてくれる方はいないかしら(笑)。

 

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

2月のスケジュールになります

 

9日(日)第113回テンカラ教室(受付中)

 

23日(日)第91回毛バリ研究会

 

テンカラ教室は現在受付中です

上記教室の詳細はTOKYOトラウトカントリーのホームページよりご確認ください

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

27日(日)ファイントラックTOKYOBASEトークイベント『早春のテンカラ』(キャンセル待ちのみ)

 

早々に定員の20名様にお申し込みいただきました

感謝いたします

https://www.finetrack.com/funtotrack/post-48383/

 

よろしくお願いいたします

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 釣りフェスティバルが終わり、渓流釣り解禁に向けてそわそわし始める今日この頃。


 解禁直前、2月の末に原宿のファイントラックTOKYOBASEで開催予定のイベント『早春のテンカラ』。

 


 先程確認したところ20名の定員が一杯になっていました。


 1ヶ月以上先にもかかわらず…ありがたいことです。

 

 

 ご予約いただいたみなさまには感謝いたします。

 

https://www.finetrack.com/funtotrack/post-48383/

 

 釣りフェスティバルの『フジノライン』ブースで行った毛バリ巻きの体験イベントでも、女性とお子さんの参加が多く(写真は撮影許可をいただき掲載しています)、テンカラの将来に向かって、多少光が見えてきたかなと感じております。

 


 この10年、テンカラ教室や毛バリ研究会そして色々なイベントで、1000人を超える老若男女のみなさまにテンカラについてのお話をさせていただいてきました。

 


 これからも一人でも多くの方々に、この釣りを楽しんでいただき、自然の美しさやありがたさを感じていただければ、と思っております。

 


 この週末も奥多摩のTOKYOトラウトカントリーでテンカラ教室を開催予定です。

 

 天気が悪くなければよいのですが。


http://ttcmayfly.web.fc2.com/school.html

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

釣りフェスティバル『フジノライン』ブースにて開催させていただきました、2日間の毛バリ巻きイベント、無事終了しました。

 


 初日、2日目共にたくさんの方々にご参加いただきました。

 


 2時間の枠内の個別指導で、人数に限りがあり、ご希望いただいた方でご参加できなかった方もいらっしゃいました。

 

 

 2日目は時間を大幅に延長して対応させていただきましたが、ご希望に添えなかったみなさま、ご容赦いただきたいと思っております。

 


 喜ばしかったことは、両日共にお子さんと女性の参加者が多く、将来のテンカラ人口の拡大に多少なりとも貢献できたかな、と思う次第です。

 


 精一杯やりましたので、声はガラガラ身体はフラフラ、それでもみなさん喜ばれていたので、やりきった感は一杯でした。

 


 ご参加いただきましたみなさま、セットアップしていただいたフジノライン関係者のみなさま、激励に駆けつけていただいたり、撮影をしていただいたみなさま、イベント時間が被ってしまい、時間調整をしていただきましたテンカラ大王の石垣先生。

ご協力に感謝いたします。

 

 

 会場では、いつもお世話になっている関係各社のみなさまとも、新製品のこと、釣り場のこと、取材のこと、海外からのテンカラファンのガイドのこと等、有意義なお話をすることができました。

 

 

 解禁まで後一息。
 

 私が講師を務める奥多摩のTOKYOトラウトカントリーの『テンカラ教室』は今週末の日曜日に予定しています。

 

 

 本日の毛バリ巻き体験で、テンカラを本格的にやってみようと思われる方がいらっしゃいましたら、ご参加いただければありがたく存じます。

 

(お申し込みはTOKYOトラウトカントリーのHPより)

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 1月17日発売、つり人社刊『渓流2020春』ですが、今回も源流釣行記で参加させていただきました。

 

 

 大変でしたが楽しかった今回の取材、お読みいただければありがたく思います。

 

 こちらは明日から始まる『釣りフェスティバル』でも入手できると思います。

 


 私は土日の両日午後1時からイベントのため『フジノライン』ブースにおりますので、お時間の許す方がいらっしゃいましたら、お立ち寄りの程よろしくお願いいたします。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

●1月18日(土)19日(日) 両日午後1時より3時まで
みなとみらいパシフィコ横浜『フジノライン』ブースにてテンカラ毛バリ巻きのレクチャーを「先着順」で行います

 

●1月26日(日) 午前9時半より
奥多摩『TOKYOトラウトカントリー』にて第113回テンカラ教室を開催します(受付中)

 

●2月27日(木) 午後6時半より

原宿『ファイントラックTOKYOBASE』にて
「早春のテンカラ釣り」というタイトルでトークイベントを行います(残席僅少)

 

●3月29日(日)
『丹沢ホーム』森の学校講師

 

●奥多摩のTOKYOトラウトカントリーでは2月以降もテンカラ関連の各教室を開催予定です
2月9日(日)『テンカラ教室』2月23日(日)『毛バリ研究会』を予定しております(受付開始日等、詳細は後日お知らせします)

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

https://www.finetrack.com/funtotrack/post-48383/                        

 

http://www.tanzawa-home.com/

 本日は奥多摩のトラウトカントリーで『毛バリ研究会と』いう名の毛バリに特化したテンカラ釣りの教室を開催しました。


『毛バリ巻きの基礎』


『タイイングツールの揃え方と取り扱い』


『浮かぶ毛バリと沈む毛バリの作り分け』


『材質によるボディの巻き方の違い』


『長過ぎるハックル材の効率的な使い方』


『アイのないエサ釣りのハリヘの自家製アイの取り付け』


『海で使うテンカラ毛バリ』


 等々、時間の許す範囲で解説させていただきました。


 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 


 さて、次の週末は「みなとみらい・パシフィコ横浜」で『釣りフェスティバル』が開催されます。
私は土日の両日共に午後1時から3時まで、『フジノライン』ブースにて、毛バリ巻きのレクチャーをしていますので、お時間の許される方がいらっしゃいましたら、ご参加いただけるとありがたく存じます。


 解禁まで後1ヶ月半。


 私も準備を万全にして、解禁を迎えたいと思います。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 台風の影響で昨年の夏以降中止を余儀なくされていたTOKYOトラウトカントリーで『毛バリ研究会』ですが、本日無事再開の運びとなりました。

 よかった〜。

 

 

 本日は2名の女性を含む9名の方にご参加いただきました。

 

 

 私のお伝えしたい最も大きなことが、
「他人の作った毛バリで釣りをしているうちはこの釣りの半分しか楽しみを味わっていません」
ということなので、初めて毛バリを巻いていただく2名の方には、
「とにかく1尾でもかまわないので、自分で作った毛バリで釣ってください」
とミッションを与えました。

 

 

 「川に下りて間もなく釣れました❗」
 こうして嬉しいお言葉を頂戴し、無事に終了することができました。

 


 本日ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。


 今後も引き続き開催していきますので、よろしくお願いいたします。


○次回のテンカラ教室は26日の日曜日になりますので、こちらもよろしくお願いいたします(本日より受付開始しました)。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 3月の解禁が近くなると、イベントや教室で毛バリのことをお話しする機会が多くなる。


 明日は毛バリ研究会、次の土日は釣りフェスティバル、その後も2週間に1度はテンカラ関連教室があり、2月の末にはファイントラックTOKYOBASEでトークイベントがある。

 


 3月末の丹沢ホームの森の学校まで気を抜けない。


 もはや生業の出張のようになりつつあるため、参加者に説明するためのタイイング道具の整理をした。


 私の場合は自分のやり方を教えるだけでなく、色々なやり方を紹介するというスタンスで教室を開催しているため、関連する道具も多くなってしまう。

 


 整理をしてもズッシリ。


 明日の毛バリ研究会も9名様がご参加の予定。


 釣りフェスティバルのイベントも、何名かの方から「フジノラインさんのブースにいきます」とご連絡をいただいた。


 ファイントラックのイベントも、開催日は1ヶ月以上先なのに、定員の半数以上の方々にご予約を頂戴している。


 本当にありがたい限りだ。


 引き続き楽しさを伝えるため、頑張りたいと思います。
 

 それでは明日ご参加予定のみなさま、楽しい時間にしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝のこ