長く使える道具を

 

今日は生業が休みだった。

午後から都心に所用があったため、少々早めに家を出て、神保町の古書店めぐりでもしようかと思っていたのだが、雨の降りかたがハンパなかったため、午前中は自宅で毛バリを巻いていた。

 

昼近くに自宅を出たが、まだ霧雨が降っていた。

1時頃神田に到着。小学校の時の同級生の経営している店に行き、ランチをいただく。

 

 

その後は肝心の本日の用事のため、神田櫻井釣漁具さんの本社へ。

常務とお話しがあったためお邪魔させていただいた。

 

 

サクラ高級釣竿のテンカラ竿、『金剛てんから』が私の通うフィールドにぴったりということもあり愛用している。

同じようなフィールドに出かけている仲間にも薦めて使っていもらっているのだが、仲間の感想もまとめていえば、この竿は本当に丈夫なのである。

 

「丈夫」というより「頑丈」なのだ。

メイド・イン・ジャパンとはいえ、肉薄のペナペナ竿もある。肉薄の竿では何度も破損を経験している。しかしこの金剛は、私も含めた仲間内では一度も「破損した」ということを聞いたことがない。
もちろん踏みつぶせば折れるが、通常の使用では本当に安心して使えるのである。

 

管理釣り場にいる、ちょっと大きなニジマスを掛けると折れてしまうような竿もある。ひどいものだと小さな魚でも合わせた瞬間にありえない場所から割れるように折れてしまう竿もある。コミクチの雑な仕上げで竿がすっぽ抜けたり(実際教室参加者で、ネット通販でこんな竿を買わされた人もいた)、振るとカタカタと音のするものもある。

 

安い竿で価格相応だとあきらめられるならよいが、私のように好んで山岳渓流に入る場合は、予備竿を持参する数も制限されるため、製造ミスによる破損のあるようなメーカーの竿は持っていく気にもならない。

 

やはり竿は道具なのだ。純金のカナヅチがあったとしたら実際には道具として使い物にはならないだろう。釣り竿もいくら綺麗で軽量に作られていても、道具としての機能が犠牲になってしまっては何にもならない。それではただのお飾りである。

 

気に入った道具は長く使いたい。しかし直ぐに壊れてしまうような作りではどうしようもない。

そんな私の気に入った道具のひとつに、このサクラの「金剛てんから」があるのだ。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

行ったことのないカンツリへ

 

 

シーズン中のプライベート釣行は山岳渓流をメインにしているが、オフでもテンカラをやり続けている私は、休日ともなれば、あちらこちらの管理釣り場に顔を出すことが多い。

 

さすがにTOKYOトラウトカントリーでは、私自身がテンカラの講師をやっている立場上、他のお客さんのこともあって思うように竿を出すのは気が引ける。

 

そこでプライベートでは、自宅から日帰りで行かれるそこかしこの管理釣り場に出かけている。

神奈川、山梨、そして群馬方面のカンツリには月に何度かお世話になっている。

ただ、同じ場所ばかりに行っていると飽きもくるわけで、昨日は群馬県にある某管理釣り場に初めてお邪魔してみた。

 

実は今月、当吉田毛鉤会のメンバーを連れて行く約束があるので、その下見を兼ねての単独釣行であった。

例えカンツリといえども、テンカラを教えているメンバーにはせっかく行くのだからより多くのものを持ち帰ってもらいたい(魚以外w)、そのためにはどのような釣り場であれ、一度自分で釣りをして、そこの釣り場では『何を』『どのように』すれば『より多くのことを持ち帰ることができるのか』をしっかりと見極めたいのである。

 

出かけたのはよかったのだが、日曜日ということもあり(基本的に週末は土曜日が釣りで、日曜日は自宅で家族サービスということが多い)あまり落ち着いていられず、しかもここのところ追い込められている生業のことが頭にチラつき始めて、落ち着いて釣りができなくなってしまった。

 

ということで、午前中の釣りを終え、昼食をいただいてから帰途に。

私自身『テンカラをすればストレ解消になる』などと知ったような口を聞くことがある(あった)が、テンカラでは解消されないような重圧を持っていると、釣行そのものが成立しなくなってしまうことを実感する(これは反省)。

 

仕事、家族、そしてメンタル面、それらの全てが『それなり』に落ち着いていないとテンカラにも集中できない。

 

さて、次のカンツリ釣行までには、少しは落ち着きを取り戻せていればよいのだが。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

 

 

 

 

80回目の教室を終えて

 

 

2016年11月3日(木・祝)。

この日は私が奥多摩のTOKYOトラウトカントリーで、テンカラ教室の講師を始めてから、ちょうど80回目の教室となった。

基本通年月イチ開催だが、台風や大雪等の影響で開催できなくなる時もあった。

 

2009年の晩秋から足掛け7年。子供の頃は飽きっぽい性格といわれていた私が、よくぞまぁ続いているものだと、自分自身でも感心してしまう。ま、サラ―リーマンとして働いている生業の勤めも今年で33年を超えたので、「どこが飽きっぽいのだ」と、言った奴(基本的には親)に言い返してやりたい(笑)。

 

子供の場合は飽きっぽいのではなく、自分自身で情熱を傾けられるモノが見つかっていないだけの話だと思う。

私の場合はそれこそ40数年色々な釣りに手を出してみたが、『テンカラ』に手を出したらそこに落ち着いてしまった。

 

趣味というものは、それを持ってお金を稼ぐとか、やりたくないことをやるのとは違うし、自己満足度が高いほどよいと思っている。私は『毛バリを作る』という行為が本当に好きになり、この釣りそのものに、少しでも自分で手をかけた道具を使えば使うほど自己満足度が上がる認識を持ってしまった。自作が大好きな私としては、日々楽しいテンカラライフを送ることができるということになったわけである。

 

竿の自作は大変だとしても、ラインを作ったり、毛バリを巻いたりすることは決して難しいことではない。

特に魚が実際口にくわえる毛バリを自分で作れるということは、この趣味の楽しさを倍増させる大きなファクターとなっているのだ。

 

毎月開催しているテンカラ教室では、座学に2時間以上かけているが、『テンカラの基礎知識』から『有象無象のテンカラ情報をどのように自分の釣りに生かしていくことができるのか』といった内容まで、参加者のみなさまそれぞれが、それぞれのテンカラスタイルを作っていかれるような解説をさせていただいている。

 

基礎編の後、もう少しレベルアップをしたいという方や、毛バリについてより微細な情報をお知りになりたいという方からの要望もあり、テンカラ教室開始後、『毛バリ研究会』という名前で追加のクラスも開催するに至った。こちらも先月までの開催で67回を迎えた。

 

11月開催の毛バリ研究会は、「たまには平日もお願いできませんか」というご要望を受け、初の木曜日開催予定となった。

週末お休みが取れない方で、より突っ込んだテンカラネタがお知りになりたい方がいらっしゃいましたら、ご参加いただければありがたく思います。

 

件の80回テンカラ教室は、女性2名を含む8名様のご参加をいただきました。

禁漁期になりましたが、この時期にこそ管理釣り場を利用してテンカラの基礎を習得し、ご参加いただいたみなさまには、来期の解禁時には美しい天然魚とご対面できるよう、私も声を嗄らしてお話しをさせていただきました。

 

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

次は毛バリ研究会でお会いできますこと、楽しみにしております。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

第80回TTCテンカラ教室

 

明日は(祝日ですが)初の木曜開催となるTTCのテンカラ教室の開催日

 

2009年の晩秋に初めての教室開催して以来、明日で80回目となります

 

午前中の天気はあまりよくない予報が出ていますが、座学が中心ですのでじっくりといきましょう

 

ご参加予定のみなさま、明日はよろしくお願いいたします

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

 

 

 

今日は自動車の運転免許証の更新にいった。

一応優良運転者なので近所の警察署でも更新はできる。

9月に入ってからというもの生業がトラブル続きで、その対応に追われて多忙続きなこともあり、平日の休みがなかなか取りにくくなっていた。

そこで日曜日も業務をおこなっている免許センターまで出かけてきた。

 

今年は私にとって『新』という文字のつくことの多い年のようである。

釣り関連では、フイッシングショーでトークショーに参加させていただいたり、単行本への執筆の依頼も何件かいただいた。

個人的には、自動車免許の更新、船舶免許の更新、自動車の入れ替え、介護問題を抱えている家族のことでも新しいことがあった。

他にも色々とあったが、良いほうに新しくなっていることが多いのでありがたい。

 

今年は当会の女子メンバーを取材に同行させることもできた。これも初めてのことだった。

昨日はその時のメンバーのひとりと一緒に、カンツリ釣行へ。

 

 

一般河川がシーズンオフになると、時々出かける丹沢ホーム(札掛釣場)。

釣りよりも『合鴨の鉄板焼き』が目的だったりするが(笑)。

 

この釣り場で時々見かける写真左奥の放流の作業をしている方。

水と魚の入った、重くて大きなポリバケツを肩に担ぎ、渓を歩きながら随所に放流をしているのだが、その体力に驚きを隠せない。

 

昨日は気温もそれほど下がることなく、カゲロウの乱舞も見られ、魚の活性も高かった。

午前中にけっこう楽しい釣りができたこともあり、食事の後はゆるゆると釣りをして終了とした。

 

出だしに戻るが、生業でのトラブルに対応という現実に明日から戻る。

私は東京オリンピックの年に定年となる。今年で同じ職場に勤続33年となり、いささか疲れてきた。そんな時にこういう問題が起こると本当にグッタリしてしまう。独身だったらとっとと辞職している。

 

『子はかすがい』という言葉があるが、妻子持ちの私にとっては、生業と私を繋ぎとめておくという意味になる(笑)。

 

ということで、もう少し頑張りま〜す。

 

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

第67回毛バリ研究会

 

(いつもご参加ありがとうございます)

 

本日は毛バリ研究会の開催日。7名の方にご参加いただいた。

 

今日頂戴したお題は「CDCの取り扱い」を。

市販の高価な道具を使わずに、切り取って巻く方法や、ハックリングする方法を説明した。

他には老眼世代向けの自作のアイの取り付けの解説を。

 

研究会が終わると、メンバーのナベちゃんから素敵な差し入れが。

この時期、築地市場にもわずかしか入荷しない、生の「本ししゃも」だ。

ご承知の方もいらっしゃるかと思うが、低価格の居酒屋で提供される「ししやも」は「カぺリン」とも呼ばれる「カラフトシシャモ」が多く、なかなか「本ししゃも」にはお目にかかれない。

今週は仙台に出張に行っていたため、帰ってきたばかりで少々疲れ気味であったが、ありがたい食材をご提供いただき、私の疲れも消え去るようだ。

 

(ただでさえ美味しい材料なのに、炭火で焼けばなおさらである)

 

他にもメンバーの万年ちゃんから、奥様手作りのケーキをいただいた。

いつもメンバーのご協力には、心より感謝する次第。

 

11月はテンカラ、毛バリの各教室共に、木曜日に開催の予定を立てた。

3日(祝)がテンカラ教室、24日(木)が毛バリ研究会の予定。

どちらの教室も現在受付中ですので、よろしくお願いいたします。

 

お申込みはコチラから⇓

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

この数日間仙台にいた。

 

 

生業先からの指令を受けていってきた。

 

私は雑誌や書籍の原稿を書いたり、テンカラや毛バリの教室の講師もやるが、それは生きる為にやっているのではない。自分が食うため家族を養うためには、一応まともな生業がある。

 

別の意味としては、釣りに関わることをやっていないと、日々の生活によるストレスから解放されないので、テンカラも生きる為にやってはいるのだが。

 

日本各地に出かけているが、仙台は初めての場所であった。夜は時間があるので飲むことになる。店の情報を得るため、仙台出身の知人に連絡を取っておいたので、事なきを得た。同行者への案内もできたので、情報を提供してくれた知人には感謝する次第。

 

最終日は一人で界隈をウロウロ。釣りのこともあまり考えず、毛バリを巻くこともない数日間。同行者たちと離れ、一人になるとテンカラの虫が動き出す。ま、日曜日は毎月恒例の毛バリ研究会にいくので、虫の動きも治まることであろう。

 

 

私が仙台に滞在している間は気温が高かった。

暑いのが嫌いな私は、東北の秋の情緒を感じたかったが、上着不要の数日間で少々残念な感じ。

それでも夜は美味しい酒肴を(もちろんお酒も)いただくことができたので、よかったのではないか。

 

しかし移動に使う新幹線の速いこと。

 

仙台大宮間が1時間と数分。

 

ありがたいといえばありがたいが、子供の頃、寝台列車に何度か乗ったことのある私としては、何だかあっけなくもある。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 この一週間、生業が少々忙しかった。終わったところで昨日は運動会。心身ともにクタクタになった。

 

 理想の週末(週休二日制の場合)は、一日教養一日休養といわれているが、私の場合は一日家族(サービス)一日テンカラ(入渓)となる。

 

 で、今日はテンカラの日。管理釣り場だろうが自然渓だろうが、ほんの数時間仕事や家庭のことを忘れ、魚と真剣に対峙したり、渓の風に吹かれたりすると、日常生活で溜まったストレスから解放される。

 

 

 

 今日もTTCで、ちょこっとだけ竿を出したり、毛バリを巻いて撮影したりして過ごした。

 

 ランチは併設のレストラン『キッチン・メイフライ』製のパスタいただき、その後は早めに帰宅。

 

 生業と家庭、そして趣味のテンカラ。オンとオフ。ストレスを溜め、そこから解放される。

 人生こういったメリハリがあるからこそ、いいのかも知れない。

 

 さて、次の日曜日(23日)は、67回目となる毛バリ研究会の開催日。

 ご参加予定のみなさま、今回もよろしくお願いいたします。

 

 毛バリ研究会のお申込みはTTCホームページより

 http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------ 

テンカラ関連教室のお知らせです

11月のTTCテンカラ教室ですが、平日開催のご要望のお問い合わせが多いとのことで、講師の私のスケジュール調整の上

●11月3日(木曜日・祝日)第80回・TTCテンカラ教室

●11月24日(木曜日)第68回・吉田毛鉤の毛バリ研究会

という開催予定を立ててみました

シーズン中はなかなかそうもいかなかったのですが、オフになったこともあり企画してみた次第です

週末に生業等でお忙しい方、どうしても週末の休暇を取得できない方がいらっしゃいましたら、ぜひともこの機会にご参加いただければありがたく存じます

------------------------------------------------------

 

 さて、3連休も最終日。

 昨日と今日は予定していた用事がなくなったこともあり、私は連日プライベートでTTCへ。

 

 

 昨日は雨模様でしたが、今日もスッキリとした快晴とはいかず、少々寒さを感じるような曇り空。

 釣りをして川から上がると、TTCの冬場の名物『薪ストーブ』に火が入り、なんともマッタリとした空間に。

 

 

 私はシーズン中に沢に持っていっていた毛バリケースの整理を開始。

 老眼の悪化により目が疲れ、仕分けた毛バリをケースに刺す指先も痛くなってきたので終了とし、再び川に下りて釣りを開始した。

 

 ランチは併設のキッチン『メイフライ』のピザをいただき、明日への活力が出たところで帰途に。

 

 シーズンは終了したが、連休中毎日渓流の魚と戯れることができたので満足である。ただ、明日からはまた現実世界の扉を開かねばならない。

 

 生業あっての趣味の釣り。ま、頑張りま〜す。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

TTCテンカラ関連教室の詳細は

TOKYOトラウトカントリーHPよりご確認ください

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 禁漁になったので、今日は数ヶ月ぶりに丹沢ホーム『札掛釣場』へ、女子メンバー連れて行ってきた。

 

 昨日は雨予報が出ていたが、自宅を出る時には降っていなかった。

 確かに予報は出ていたが、それでもなんとかなるだろうと、期待に胸をを膨らませて出かけたまではよかったのだが、釣り場に到着するとやはり雨。 ま、事前のスケジュール調整中に「雨なら釣りでなく、鴨メインで(ここは鴨の鉄板焼きが名物となっている)」と相談してあったので、気楽に構えて「取りあえず竿を出しますか」と、のんびり準備をして午前8時頃に釣りを開始した。

 

 

 開始早々冬場のメインターゲットのニジマスがポンポンと2人の竿に挨拶にくる。

 

 雨は次第に強くなってきたが、まだ増水の気配はない。ただ、安全を考え、雨足が強くなり過ぎる前と早めに渓を叩き上がり、一度林道に上がった。

 

 その後しばらく雨宿りをしていたのだが、雨は酷くなる一方だった。しかも1本の沢からはカフェオレ色の水が流れてきてしまったので、早々に釣りを終了とした。

 

 

 

短時間だったが、魚は何尾か釣れたこともあり、雨とはいえ自然の中にいると癒される。モチロン鴨の鉄板焼きにも癒された(笑)。

 

さて、今日は日曜日。組んであった予定がなくなったので、ホームのトラウトカントリーに出かけ、プライベートで毛バリ巻きでも楽しむことにしよう。

 

--------------------------------------------------------

TTC10月の毛バリ研究会(28日・日曜日)の受付は本日より開始です

詳しくはTTCホームページより

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

--------------------------------------------------------

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝