研究会で逆さ撮り(第61回毛バリ研究会)

 本日のTTCは、第61回目の毛バリ研究会の開催日。
 初参加の4名を含め、久々に登場の当会メンバー「人間岩魚のいさおさん」を含め、総勢12名での開催となりました。


(教室の様子)

 初参加の方にはタイイング道具の良し悪しと入手方法から、マテリアルの使い分けを説明し、その後はタイイングのハウツーを一から解説していきます。

 ひと通りの説明が終わると、それぞれご自身で毛バリを巻いていただきます。
 今回は当会ベテランメンバーの協力を得て、マンツーマンの指導をしてもらいました。
 ご協力いただいたメンバーのみなさま、ありがとうございました。

 今日はメンバーからの質問をいただいていたので、ウイングパラシュートの解説をしました。
 スレッドワークを自宅でも復習したい・・・ということで、ナベちゃんはビデオカメラを持参しての参加です。

 そうして巻いた毛バリですが、水面で使う毛バリは、確認するには下から見上げるようにしないと魚からの目線にならないため、今回水槽撮影をしてみました。


(大真面目でやっているので笑わないように)

 ふざけているようですが、大真面目にやっています。

 こんな感じで今回も楽しく開催しましたが、来月の開催はTTCでの大会(K−カップ)のためありません。
 次回は4月開催となりますので、その節はよろしくお願いいたします。

 ご参加いただきましたみなさま、本日はありがとうございました。
 付近の河川ももう直ぐ解禁となります。本日の教室の話が少しでも参考になれば、私としても幸いです。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
第71回テンカラ教室



 本日は71回目のTTCテンカラ教室の開催日。6名様にご参加いただきました。

 昨日までの気温とはうってかわって暖かな一日でした。これなら魚の活性も・・・と期待をしたのですが、こればっかりはなかなかこちらの思い通りにはならないもの。それでも午後になると魚も少しは動き出し、ご参加いただいたかたがたにも、そこそこ釣果はあったようです。



 いつものように2時間の座学から開始します。
 
 テンカラとひとくちにいっても、数多くのやり方があるので、ご参加いただいたかたひとりひとりが、ご自身のテンカラを作っていただけるよう、竿、糸、毛バリの話から始まり、釣り方、そして装備や規則等の話も含め、ひとつの釣り方にこだわらず、グローバルなテンカラの解説をしていきます。

 できるだけ初心者のかたにもご理解いただけるようにお話しをしていますが、2時間という短い時間の中でご説明しないとなりません。要約した内容を立て続けにお話しすることになりますので、ご理解しにくいこともあるかと思いますが、その辺りのことはご容赦いただけるとありがたく存じます。

 奥多摩の渓流も、あと少しで解禁となります。
 本日ご参加いただいたみなさまにも、今期はテンカラを目一杯楽しんでいただければと思います。

 ご参加いただいたみなまさ、ご協力いただきましたメンバーのUさん、本日はありがとうございました。

 (本日の写真はUさんよりご提供いただきました)


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村  
第60回毛バリ研究会



 本日は記念すべき?60回目となる吉田毛鉤の毛バリ研究会でしたが、ご参加いただきましてありがとうございました。

 昨夜の降雪も奥多摩ではそれほどひどくはなかったようで、自宅周辺のほうが路面凍結していました。
 奥多摩に近づくほど雪がなくなり、それほど寒さを感じない一日でした。。

 本日の参加者は10名。本日の目玉は解禁前の特別講習ということで「ちょっと突っ込んだ毛バリの話」をしてみました。
 他にはウイングパラシュートの巻き方をご説明したり、毛バリ以外の話では、ザイルの編み込みのレクチャーをやってみたり。
 研究会後もディープなカメラ談義となったりして、私自身も楽しく過ごすことができました。

 

 ご参加いただきましたみなさま、本日はありがとうございました。
 月末(28日)には、2月開催分(第61回)を予定しておりますので、またのご参加をよろしくお願いいたします。


●第71回テンカラ教室・2月13日(土)
●第61回毛バリ研究会・2月28日(日)
各教室のお問い合わせとお申込みはTTCホームページより⇐クリックしてください


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
第70回TTCテンカラ教室

 本日はTTCテンカラ教室の開催日でした。今回で70回目となりました。
 




 今日は当吉田毛鉤会メンバーの中から、品川のK閣下にサポートをしていただきました。
 写真撮影もご協力いただきまして、ありがとうございました。

 初心者向けの講習ではありましたが、2時間の座学の後のデモフイッシングでは、水温低下のこの季節の釣り方、いかにして毛バリを深いところまで沈めるか、そのためにはどのような道具を使えばよいのかを解説させていただきました。
 食い波への毛バリの投射法、いかにしてフィーディグのゾーンを外さずに毛バリを流すか等、簡単にご理解いただける内容ばかりではありませんでしたが、寒い中お付き合いいただきましてありがとうございました。

 寒中の釣りは簡単ではありませんが、この季節の釣りをしっかり体得しておくと、解禁時からの毛バリの釣りがやりやすくなります。そのような話も含めて、今月末には毛バリ研究会も開催いたしますので、テンカラ教室同様、よろしくお願いいたします。

 本日寒い中ご参加いただいた2名の方には感謝いたします。

 またの機会がありましたら、ご参加の程よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



TTCブログでも⇐クリックしてください


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 

にほんブログ村
今年最後の毛バリ研究会(第59回)

 寒さも増してきた奥多摩のTOKYOトラウトカントリー。
 本日は13名の方々にご参加いただきました。



 初参加の4名の方には、基本的なことをご説明いたします。
 その後は各自巻いた毛バリを使って、ストリームで実釣していただきました。 



 テンカラ教室と毛バリ研究会。 今年ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。
 また来年も、楽しくためになる関連教室を続けていきますので、よろしくお願いいたします。

⇓こちらでも⇓
http://trout-country.jugem.jp/?eid=2409


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
第69回TTCテンカラ教室(教育実習制度開始)

 本日は今年最後のTTCテンカラ教室。今回で69回目となった。
 思い返せば2009年の終わり頃から始めた教室だが、毎月毎月5年以上よく続いているものだと、我ながら感心してしまう。
 それもひとえにご参加いただいた方々や、ご協力いただいた方々のおかげであり、とてもひとりの力では続けられるものではない。
 ご参加にご協力いただいたみなさまには、心より感謝する次第です。



 参加者の中からは、不肖、私が主宰をさせていただいている「吉田毛鉤会」のメンバーとなった方もいる。
 そんなメンバーには、今後は私と同じように「テンカラを教える」という立場になってもらいたいと思うこともあり、今回から「教育実習制度」を導入させていただくことにした。

 私が教室を開催している状況をつぶさに見ていただき、その方法をその人なりに取り込んでいただき、テンカラを「行なう」という立場だけでなく、「教える」という立場でも考えていって欲しいと思ったからである。

 この教え方についてもおしつけがましくならないよう、独自のテンカラ理論を強要することのないよう、グローバルな情報を示し、教わりたい人それぞれが、その人なりにやりたいテンカラを作り上げていくことが出来るような教え方を憶えていってもらいたいと思っている。

 今回は5年前に私の教室に参加の後、メンバーになった万年Sさんが聴講することになった。
 半分は仕掛け作りのサポートや撮影のサポート等で、アシスタントとして動いてもらったが、私の講習内容も5年経過し少しは進歩したこともお見せすることが出来たのではないかと思っている。
 万年Sさん、聴講そしてご協力ありがとうございました。



 今回の教室にご参加いただいたのは8名様。
 遠路栃木県から奥多摩までご来場いただいた方もいらっしゃいましたが、寒い中ご参加いただいたみなさまには感謝いたします。
 
 年内のテンカラ教室は終了いたしましたが、2016年も楽しく開催したいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 毛バリ巻きやテンカラ関連情報について、より深く突っ込んだ「毛バリ研究会」は年内にもう一回(12月20日)開催予定ですので、こちらの教室へのご参加もよろしくお願いいたします。
 
 お申し込みは
コチラから⇐クリックしてください

 教室の様子はコチラからも⇒
http://trout-country.jugem.jp/?eid=2396

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
第68回TTCテンカラ教室



 色づく葉も随所に見られるようになったTTC(TOKYO TROUT COUNTRY)。
 
 今日は6名様にご参加いただきました。



 教室の中心は座学です。
 
 2時間以上の座学になりますが、テンカラの基本的知識から始まり、何故に毛バリで魚が釣れるのか、周囲にあるテンカラの混沌とした事柄から、どのように自分の釣りに生かせる情報を引っ張り上げるか等々のお話をさせていただきました。

 テンカラは十人十色のスタイルがあります。
 釣り方、釣り場、使う道具から毛バリに至るまで、各人各様違います。
 これをひとくくりに「テンカラ」と称し、教えるには無理があって当然の話です。

 その人それぞれのやりたい釣りに即応できる情報をお話しすること、これが私の教室の一番重要な部分ですが、今日もじっくりとご説明をさせていただきました。

 もちろんキャステイングの方法にも「これが一番」などという決まり切った形はありません。
 性別、体力、身長、力加減とひとそれぞれ違うので、そのひとそれぞれのキャステイングのスタイルがあって当然です。
 キャステイングの矯正では、どうすればその人にとっての理想の形になるのかを見極めて、ひとりひとりにアドバイスを差し上げます。

 その後は実釣の講習となりますが、実釣に入るまでのアプローチの方法から、釣り上げた魚のリリースのやり方まで、実際の釣りをご覧いただきながらの講習となりました。

 今日は水況もよく、実釣講習中も魚がよく反応してくれて、午後からの自由釣行の時にも、ご参加いただいた方々もそれぞれの釣果を得ていたようです。

 禁漁期こそ管理釣り場を利用して、落ち着いて自分の釣りを見直すチャンスです。

 本日ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
 
 TTCのテンカラ教室は、毛バリ研究会共々通年開催していますので、今後ともよろしくお願いいたします。



(本日納品のTTCテッパンのBH・本日納品しましたが、沢山お買い上げいただいたので残っているかな)

TTCブログにも⇓

http://trout-country.jugem.jp/?eid=2374


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 

にほんブログ村
第57回吉田毛鉤の毛バリ研究会

 場内の木々も色付く秋。
 
 本日も毎月恒例の毛バリ研究会を開催しました。



 本日の参加者は、初参加の方を含めて13名。

 初参加の方々には、ハリ学からマテリアルの基礎知識、道具の扱いかたをご説明いたします。 



 その後はいただいたお題(本日はビーズヘッドの毛バリについて)を、実際に毛バリを巻きながらご説明いたしました。

 毛バリ巻きの初心者の方には基礎からを、経験者の方にはお題を頂戴しながら、毎月楽しく開催しております。

 テンカラ釣りを基礎から学ぶ「TTCテンカラ教室」も、
11月開催(第68回)の募集を開始しました。
 
 本日ご参加いただきましたみなさま、ご参加ありがとうございました。

 TTCのテンカラ関連教室を、今後ともよろしくお願いいたします。

 教室の様子は
コチラからも⇐TTCブログ


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 

にほんブログ村
この2日間はテンカラ教室の講師を



 土日ともに天気晴朗だった、奥多摩のTOKYOトラウトカントリー。

 私はこの両日、テンカラ教室の講師をやらせていただいた。



 初日はアメリカ人3名と通訳の1名の総勢4名。

 私の拙い英語力では話が伝わり切らないため、通訳を通しての教室開催となった。

 洋の東西、毛バリ釣りの歴史から、何ゆえに毛バリで魚が釣れるのか、道具の説明からキャステイングのレッスンまで、言葉は違えどいつもと変わらぬ教室の構成で行なった。 



 ひとつ違ったことは、遠い昔にアメリカから渡ってきたレインボートラウト(ニジマス)が、日本で養殖され今は釣りの対象魚となっていることもあり、その日本生まれのニジマスを、日本での一般的な渓流魚の食べ方でもある「塩焼き」で食べてもらった。

 放流のない自然渓流での魚。人為的な数々の理由によりこの先根絶やしになってしまうのではないかと懸念している私は、放流のない場所では100%のリリースをしている。
 教室でもそういった話をして、なるべくリリースしていただくことを奨励しているが、管理釣り場の放流魚なら根絶やしになることもないので食べてもらうことにしたわけである。

 釣った魚を持ってきてもらい、1尾10秒足らずで処理できる方法を教え、強めの塩を打って30分以上かけて脱水させるように焼く。
 こうして焼いた塩焼きは、養殖魚特有の水っぽさがなくなり美味しくいただくことができる。
 私の知るアメリカ人は魚をそれほど食べない人が多いのだが、彼らは美味しいといいつつ、キッチリと食べていた。

 爽やかな秋の奥多摩を堪能したご一行様は、「本当に心地良く、しかも楽しい時間を過ごせました。また来たいです」とお礼の言葉を残しつつ帰っていった。

------------------------------------------------------------------------------
 2日目の今日は11名のご予約をいただいていた。

 その中にはなんと幼稚園、年長さんの男の子が1名いた。
 お申込みされた時に「大人向けの座学が2時間あるのですが」とスタッフがご説明を差し上げたそうだが、「どうしても子供(お父さんはあくまで付き添い)がテンカラをやりたいということで参加させてください」とのことで来場となった。

 朝からクラブハウスで毛バリを巻いていた吉田毛鉤会メンバーのK閣下に、男の子は来場と同時にロックオン。
 


 毛バリ巻きにも興味があるようで、ジワリジワリと閣下ににじりより、閣下も解説を開始した。



 もうこの眼差しは尋常ではなく、魚以上にバイトしそうな勢いであった。



 その後はお父さんと一緒に座学に参加したのだが、驚くべきことに2時間飽きることなく静かに私の話を聞いていた。

 お父さんに聞いたのだが、「どこでどう知ったのか、自分でテンカラをやりたいと言い出し、私は教えることができないのでネットでこのテンカラ教室を見つけて、参加させていただきました」とのことだった。



 まさか幼稚園の男の子がと思ったのだが、小さなお子さんのアンテナにも「テンカラ」という釣りが引っかかってくれたことに、嬉しさを感じた今日であった。



 午後も閣下がヘルプについてくれたのだが、キッズテンカラスクールの時のように、こうやっていつも手助けしてくれるメンバーには本当に感謝する次第である。



 増水の影響が残るこの川で、私も含めなかなか思うような釣りにはならなかったかたもいらっしゃったと思うが、そんな中、今年の5月に初めてテンカラ教室にご参加いただいたOさんが、「今日は初めて自分で巻いた毛バリで魚を釣ることができました。今年はテンカラに出会えたことが一番の喜びとなりました」とおっしゃってくれたことで、少しだけ肩の荷を下ろさせていただくことができた。



 こういったお声を頂戴すると、これからもこのテンカラの楽しさを伝えたいとあらためて思うことになる。
 まだまだ私自身消耗をしている場合ではなく、ボランティア講師は今後も続けていかないとならない。

 ということで、この両日にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 またのご来場をよろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
第56回吉田毛鉤の毛バリ研究会



 27日の日曜日は、56回目になる毛バリ研究会の開催日でした。

 今回も毛バリを巻くのが初めてというかたが2名ご参加となりました。

 毛バリ巻きを一からやってみたいというかたも多いのですが、本や動画だと微妙な部分がわからない、でも聞く場所もないというかたのご参加が多いため、基本的なところは手取り足取りご説明差し上げるという形を取っております。



 私ひとりではどうしてもゆきとどかない部分も出てきてしまうため、毛バリ巻きはベテランというメンバーが揃っている当吉田毛鉤会。昨日もメンバーのひとりにお手伝いいただきました。
 
 メンバーのナベちゃん、今回もご協力ありがとうございました。

 今週末はテンカラ教室の開催予定。
 いよいよ禁漁になりますが、これからが釣果に左右されず、管理釣り場で自分の釣りの技術の向上や試行錯誤をする時期にもなります。

 この「テンカラ」という釣りに興味のあるかたは、管理釣り場の釣り料金だけで開催しているTTCの各教室にご参加いただければありがたく存じます。

 釣り料金だけですが、座学を2時間、キャスティングクリニックから実釣講習を1時間、午後はフリータイムとガッチリやりますのでご期待ください!!

 よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村