釣れたのは食い波

先日の養沢でのこと、GWにつき百人近い人数が入っていたので、圧倒的にフライマンが多い川につき、テンカラ向きな竿抜け探してを専門に狙い、まぁ何尾か魚を釣ることは釣ったのですが、やはり型のよいものは底近いところから引きずり出したという感じではありました。

普段なら水圧も弱く、この時期ならザラ瀬でも簡単に魚が釣れるのですが、先日の大増水の余韻のある川では、岸近くのタルミ、もしくは底に魚が付いてしまい、タルミも手の届くところは釣り切られ(もしくは人的プレッシャーが高くなり)、底近くの魚を狙うしか手がありませんでした。

底波にラインを乗せ、毛バリを送り込むにはやはり比重の重いフロロカーボンのレベルラインが有利になるため、そのようなタックルセッティングにして、逆さ毛バリをハリスに結びました。

狙うのは養沢にしては大場所で、落ち込みが二本ある場所でした。肩と開き、自分の立ち位置の左右2〜3メートル隣には他のフライマンが立っているのですが、流石に流れが強いので目の前の落ち込みは誰もやっていません。
エサ釣り師なら竿を出す場所だとは思いますが。

二本の落ち込みの真ん中、落ち込みからの白泡の切れたあたりから上流に向かう流れがありました。
下流部には吹き上がりの波がありましたが、自分の立ち位置の真正面をよく見ているといい感じの渦を発見しました。
大体同じ位置にできたり消えたりしています。

いわゆる「食い波」です。

引き込みの渦のできた瞬間に毛バリを打ち込むと、気持ちいいいように上流に向かってラインが引き込まれていきます。
この時にラインを緩め過ぎると、表層の波にラインが食われて、せっかくの毛バリが下流に引っ張られてしまいますので、引き込みの速度に合わせてじわりじわりとラインを送り込んでいきます。
適度な水深まで毛バリが到達したことをイメージし、食い上げさせるように誘い上げていくと「コツッ」と手感がありました。
半信半疑なので聞きアワセをすると魚の引きが。
この魚はピックアップする時にバレてしまいました。
やはり聞きアワセは効きが悪いので、追いアワセをしないといけないことの証明になりましたね。

その後も同じように何尾か掛けたのですが、やはりバラシの連発です。
追いアワセがイマイチ決まりません。

ん〜。食いも浅く、底波と毛バリとアワセによくない因果関係があると感じた私は、ハリスに張りを持たせて手感度を上げるために、毛バリが支点になるようなBHの毛バリに交換しました。

どちらかというとBHの毛バリは、下流に向けて自然に流すのには向いていませんが、ハリスに張りがあるために手感度が上がり、聞きアワセをしなくてもアタリがよくわかるので、再度底波に乗せてみました。テンションをかけ誘いを入れると明確なアタリが。
やはりそれなりのサイズが釣れてきます。
アタリもわかりやすいのでアワセも疑いなくできるので、バラシもありませんでした。

このような一連の釣り方が、「釣りを組み立て」「考えて釣る」ということだと私は思います。

自然相手の遊びなので感性も大切ですが、釣れない理由を考え、理性で釣りを組み立てて問題があればその都度釣り方やシステムを変えていく。

朝から晩まで同じような釣り方で、「自分の釣り方で釣れなければそれも一興」という方はその限りではありません。みなさんそれぞれのやり方でテンカラを楽しめばよいのです。

ただし私の場合は釣れないとイライラするだけでなく、帰宅後も「あれもやっていれば」「これも試していれば」と後悔の連続になってしまいがちなので、納得いくまで色々やってみるスタイルになっていますね〜。

そんな理由があるわけですから当然のことのように、毛バリ作りもあれやこれやとやっているのだと思います。

底波食い波に普通の毛バリを送り込むのが難しいと思った時には、こんな毛バリはいかがでしょう。



吉田百毛鉤その47は、大玉BHエメラルドグリーンです。

ハリまでグリーンのこの毛バリ。

今は手に入れることのできない某社のグリーンのハリを使用しましたが、私はこのシリーズの色つきのハリを千本位はキープしてあります(笑)。



手に入らない色つきのハリ。あらためて見たらもったいなくなってしまった。。。


吉田毛鉤 筋肉痛は二日後に(泣) 吉田孝



あらためてカディス考

カディスの毛バリ、日本でいうところのトビケラの毛バリです。
今回は蛹(ピューパ)や幼虫(ラーバ)の話ではなく、成虫の話を。

 

沈み花笠や逆さ毛バリなど、一般的にテンカラで使用する毛バリと違い、毛バリそのものに動きはありません。
しかしながらいつどこで使用しても、安定した釣果がある毛バリです。
自分の中では、剣羽根の毛バリと並び、そのものが動きをもたない毛バリの双璧となっています。
しかもどちらもよく釣れる。
たったひとつ、剣羽根の毛バリとの大きな差があるとすれば、カディスの毛バリはどんなサイズでも作れるということでしょう。



裏から見たらこの通り。
色々な「虫」の裏面の共通項のような毛バリですね。

イミテーション性が高いというか、シルエットで食わせるというか、それにもまして操作性もよいので、剣羽根と同じように使えます。
ただし剣羽根ではミッジサイズの材料がないので、小さい毛バリを作ることができませんが、カディスなら可能です。

基本的には水面に浮かせて使うのですが、沈めても普通に釣れます。



下から見上げた形はほとんど同じですが、黒と白などで作りわけ、使い分けると時に極端な偏りを見せる場合もあります。(黒しか食わないとか白しか食わないとか)

マテリアルもディアヘアーからエルクヘアーのヘアー系なら何でもできますし、、CDCに化繊まで、直線に近い繊維質のものなら、ほとんどの材質でも作れるのではないでしょうか。



自分の場合は、主に白に茶色に黒の三色で、サイズは20番から8番位まで用意し、あらゆる場所や条件で使用しています。

しかしいつも思うのですが、最初に考えた人は凄いと思いますね。
毛束を載せて締めるだけであの形状。
そのものに動きがないのに、安定した釣果で現在まで受け継がれてきた毛バリ。
先人の知恵には時として驚くべきものがあります。

吉田毛鉤 テンカラ毛バリ師だけどカディスも巻くぞ 吉田孝




昨日の続き(アップとダウン2)

昨日書きましたアップストリームとダウンストリームの話ですが、本日はその釣り方と毛バリがどのようにリンクしているかを書いてみましょう。

アップストリーム(上流に向けて)キャストして、ナチュラルドリフト(毛バリを自然に流す)させる時には、ラインのテンションもかかっていないので、水流や水圧以外で、毛バリの形を変えるようなことが起きるとは考えにくいので、作った毛バリの形のまま、水の中を下流に向けて流されてくると思います。
ですから自分の場合は、動きを考えた毛バリより、そのままで水生昆虫に見えるような毛バリを使用することが多いですね。

また敢えてそれ自体動かないような毛バリ(硬いハックルやハックル無しなど)を使うことも多いです。

 

次にダウンストリームやサイドクロスから下流で、ドラグがかかったり、逆(上流)に毛バリを引いたり、上下に動かしたり(ラインにテンションがかかっているので)して使う毛バリでは、水圧でハックルの動く、逆さ毛バリに沈み系の一般的なテンカラ毛バリ、そしてウーリーバガーなどマラブー素材のようなテールで動きを出して誘う毛バリを使うことが多いです。

それとは別に、ナチュラルドリフトではイミテーション性を持ち、誘いや止め釣りでは操作性のよい(動きはありませんが、毛バリを思うように操作するのに都合のよい)剣羽根の毛バリというのもあります。

全てを当てはめているわけではありませんし、一概にいえることではありませんが、自分の場合こんな感じで、状況や釣り方に応じた毛バリを使う目安にしています。

吉田毛鉤 なんだか肩が激コリしている 吉田孝
アップとダウン

「アップダウン」と聞いて、「アップダウンクイズ」という大昔のTV番組を連想することのできる人は、それなりの年齢の人だとは思いますが、本日は自分がテンカラをご説明する時によく使う言葉の、アップストリームとダウンストリームの話を書いてみようと思います。

教室などで説明をしていて、イマイチ「なんのこっちゃ?」という表情をされている方もいらっしゃいますので(笑)、先ずは簡単に言葉の解説からやってみましょう。



イラストの上部が上流、下部が下流です。
赤い丸を自分と見立ててください。川の右岸に左岸、中央のどこでもよいのですが、

自分から見て上流を釣ったり流したりすることを「アップストリームで(を)釣る」。

自分から見て下流を釣ることを「ダウンストリームで(を)釣る」といいます。

上流に向けてキャスト(振り込む)のを「アップストリーム(に)キャスト」。

下流はその逆で「ダウンストリーム(に)キャスト」するといいます。

ついでに真横にキャストすることを「クロスストリーム(に)キャスト」するといい、斜め上流には「アップクロス」、斜め下流には「ダウンクロス」といいます。

どうしてそのような言葉の説明をするのかといえば、流れ(ストリーム)の上流下流によって釣り方やアワセ方を変えているということをご理解していただきたいと思うからです。



このイラストが釣り方です。
実際の釣りでは複合技となるためこれほど単純ではないのですが、大雑把に考えて、

自分の立ち位置から上流にキャストして、自分の前を毛バリが通過し、ラインにテンションが掛かるまでが、毛バリを「ナチュラルドリフト(自然に流す)」ということになります。

それと対象的に、クロスでキャストし、テンションが掛かったまま毛バリを流すことを「ドラグをかけて(かかって)流す」、

下流にキャストして、最初からラインにテンションが掛かったまま毛バリを一定の場所に留めたり、上流に引いてくる(アクションを付けるにしろ付けないにしろ)ことを「誘って釣る」といいます。

ここまでご理解いただけると、テンカラで使う様々な毛バリが、実際の釣り方と実に上手いことリンクしていることがわかるのです。

釣り方に毛バリは百人百様ですが、一般河川では激戦区を釣ることの多い自分の場合、自然に流して反応する魚だけを相手にしていたら、恐らくボウズの連発はまぬがれず、とっくの昔にテンカラを止めていたと思います。
しかし自分は誘いという技をおぼえたので、なんとか魚に口を使わせてボウズをまぬがれてきたので、現在までどうにかテンカラが続いているのだと思いますね〜(笑)。

自分のテンカラは「2:8」。

どういうことかといいますと、アップストリームでナチュラルドリフトして釣った魚の数と、ダウンで誘って釣った魚の数の比率です。

魚を見つけたら、その魚を粘って釣らないとどうにもならないという、恵まれていない状況下での釣りを続けてきた結果でしょう。

次回はそんな釣り方と、毛バリの種類とのリンクをわかりやすく解説してみたいと思います。

吉田毛鉤 激戦区はつらいよ 吉田孝
やはり水深

ここ関東地方でも、都心部を除けば朝晩は氷点下となり、一面の霜柱が見られるような状況ですが、そんな中でも渓流魚は冬眠もせず、何がしかの餌料を口にして生きているようです。

餌を食べているということは、「このような低水温の状況でも魚は釣れる可能性がある」わけで(管理釣り場や冬季釣り場という、冬の禁漁期でも釣ってよい場所限定ですが)、自分の場合は冬場の一番大きなファクターとなる「水深」を考えた釣り方をしています。

過去にもこのブログ内で、少々お話ししたことがあるのですが、特にこの季節はよほどの好条件(ユスリカの羽化、水温の上昇等々)が重ならないと、「ライズ」を見ることもなく、水面や水面直下での釣りには厳しいことが多いですね。
何がいいたいかといえば、通常のテンカラで使用する、水面や水面直下で効果的な毛バリだけでは、勝負になる時間帯が限られてきてしまうということなのです。

餌釣りからテンカラに入った方はご理解しやすいと思いますが、ごくごく一般的に釣る場合、釣り場の流速や深度に合わせてオモリを打ち、いわゆる「食い波や食い筋」を上手いこと通すように餌を流すのが普通だと思いますが、ここの「筋」に毛バリを通してやれば、たとえそれが本物の餌でなくても、魚が口を使うことは充分考えられることで(考えられるだけでなく、自分は実際多くの魚を釣っています)、そうすればこのような寒い季節でも、充分テンカラを楽しむことができると思います。

「そんな釣り方はテンカラじゃねぇ」とか「面白くない」と思う方もいらっしゃると思いますが、それは好みの問題であって、自分のように一年中、しかも川から海までテンカラで通したいと思う人間には、このような釣り方をテクニックのひとつとして自分の引き出しに入れておかないと、「釣れないのは自分のせいではなく魚のせいだ」という、技術や考え方の上昇を妨げる最も大きな言い訳を考えてしまうのが嫌だからなのです。←ココ大切(笑) 

 (命名:沈み玉蜉蝣)

そのようなわけで、このような季節にもかかわらずテンカラで魚を釣りたいがために、今夜もウエイト入りの毛バリをせっせせっせと巻くのでした。。。

今週末の日曜日はクリスマスなのですが、大勢の方々から毛バリ研究会へのご参加の意向をうかがいました。

今回のネタは、
「マテリアルの使い分け」(Uさんリクエスト)
「どんなマテリアルをそろえればよいか」(こばさんリクエスト)
「ミッジの巻き方と使い方」(Mさんリクエスト)
をいただいております。
他にもまだございましたら、コメントにでも入れてください。
当然「毛バリを巻いてみたい」という初めての方へのご説明もガッチリといたしますよ〜。

ご来場のみなさま、奥多摩は寒いので、暖かい格好でご来場ください。

では日曜日にお会いしましょう!!

吉田毛鉤 年末年始に取材が二本(汗汗大汗〜っ) 吉田孝 
ミッジングの練習

本日は都内に用事があったので、朝7時に家を出ました。用事を済ませたのが午前10時。
疲れも溜まっているので、そのまま買い物でもして帰宅しようかと思ったのですが、
「そういえば最近、他人のテンカラの面倒はみているけれど、自分のこと(練習)がおろそかになっているな」と数秒考え、首都高速に飛び乗り1時間55分。
昨日に引き続き、
TOKYO TROUT COUNTRYに到着しました。 

到着すると、連日来場のからふる夫妻に品川のK隊長が、堀江支配人を囲んで談笑の真っ最中でした。

(連日ご苦労様です)
自分はランチを頼み、頼んだランチを食べ始めると、ランチを終えていたK隊長とからふるご夫妻は、川にてそれぞれの課題を持ちながらテンカラを再開されていました。
 
(足元の不安定な場所が落ち着くK隊長に人生の安定を求める運転手さん)
さてさて自分自身の本題です。
自分の行った時間には、昨日の雨天からうって変わって、ライズがぽつぽつ見られました。
しかも小さめの何か(何だか不明)にライズしている様子です。
そこで本日の練習は、来春の早い時期のミッジサイズの流下物にしか反応しない魚を想定した、
「#20前後の毛バリを使用した、細いハリスでのアワセの練習」を課題としました。

いつもお話ししているように、自分の場合「先ず魚ありき」で考え、「その魚の求めていると思われる毛バリをセレクト」することを考えます。

ということは、#20←7Xのハリス(ハリスに毛バリが振り回されないように細いものを使います)←抵抗の少ない細く軽いライン←柔らかい竿(今回はハエ竿改造版)を選択して釣りを開始となりました。

このタックルバランスを整えるというのは、非常に重要なことで、確かにテンカラは、毛バリ、糸、竿というシンプルな道具で行うのですが、ひとつで万能ということはないと思うのが持論です。
タックルに不具合があれば、掛かりが悪い、バレる、ハリスが切れる、竿が折れると自分の腕以外の問題もけっこう発生することも多いのです。
それでも万能だというなら、それは無理して使っているか、その道具で釣れる魚しか釣らない(釣れない)ということだと自分は思っているので、やはり自分の場合はあれこれと段取りを考え、準備をしてから釣るようにしていますね〜。

そんなタックルで実釣を開始しましたが、ラインスラック(弛み)を出してキャストし、小さい毛バリをナチュラルドリフト(自然に流す)してみたのですが、全くの無反応でした。

そこで次に試したのが、下流一杯にキャストした毛バリを、流れに逆らっての表層の逆引きをやってみました。
よくテンカラでは、ラインが伸びきって、抵抗がかかっていると魚が出ても掛かりが悪いとかいわれますが、自分はそれほど感じませんし、たとえそうであっても、それを練習でなんとかするのが非常に楽しいことなので、あえてそういう釣り方をすることも多いですね。

そうした#20のCDCカディスを逆引きすると、今まで静かだった魚達が、ヒラを打ち始めました。
ここまで反応が見られれば、後は魚の食いつきやすい速度に引き方を調整すれば魚が出るので、そんな感じで先ずは一尾。
その後は小さい毛バリを目で追うのが辛くなってきたのと、なんとなく(ここはなんとなくですが)、もう一回り大きな毛バリでも反応しそうだと思ったので、#18のエルクヘアカディスに変えてみました。

同じ釣り方で立て続けに数尾。その後#16のパラシュートにも変えて見ましたが、今度は反応が鈍くなり、どうにか無理やり一尾掛けて終了としました。

今回は毛バリのサイズによる食いの違いもさることながら、細ハリスでのアワセ切れを防ぐ研究もしたかったので、穂先の柔らかい竿を使いました。
過去の経験から、同じ細ハリスで通常のテンカラ竿でのドライフライのアワセをすると(水面で掛ける)、アワセ切れは倍増するということはわかっていたので、あえて今回柔らかい穂先を使ったのですが、この位穂先の柔らかさがあれば、もう少し細いハリスまでイケそうな感じではありました。

ただし、何の理由も技術もなく、普通のテンカラ竿で、むやみにハリスを細くすることはつつしみたいと思います。
いくら食いがよくなるとはいえ、アワセ切れ連発では、ハリをくわえた魚にも、環境に残されるハリスに関してもよいとはいえません。
むやみに切れない道具と、切られない技術を用いて、春先の小バリでのミッジングを、じっくりと楽しみたいと思います。

吉田毛鉤 やる時はやりまっせ 吉田孝

毛バリ巻きのテキスト

先日も毛バリ巻き勉強会の時に、「自分たちが当たり前のように使ってしまっている毛バリ巻き用語が、毛バリ巻きの超初心者には難解は部分がある」ということを伺いました。

なるべくわかりやすくご説明するのが自分の本意なので、その都度なるべく丁寧にご説明をしているつもりなのですが、一度ご説明した同じご質問を何度か受けることも多々ありまして、まぁ生まれて初めて毛バリを巻く方には一度ではわからないのも当然といえば当然なので、通常使う用語や基本的なマテリアルの名前と一致するように、一覧表を作成しました。
 (欲しい方は勉強会で)
そのマテリアルの細かい使い分けは、実際の勉強会等でご説明しないとご理解いただけないと思うので、説明は説明で別に考え、マテリアルやハリを購入する際に間違えないようにとか、この用語は何なのか?ということを、(基本的なことだけ)簡単に一覧表にしてみたものです。

(クマに会う方法)
本当に基本的なことだけですが、つい「アレッ?これって何だっけ?」みたいなことは、ご理解いただけるようにしたつもりです。
ハリの形状のご説明も少々してありますが、使い分けは教室にご参加いただいた時に、表を元にご説明させていただきます。

本日の昼休み、日山荘(ここにもいた頭文字K)に行き、店内をぶらぶら見ていて発見した本。
逆説的に出会わないためにはどうすればよいかがよく書かれています。
テンカラに関連することは、少しでも理解を深めていきたいと思う自分の場合、こういった本は実に興味深く読ませていただいていますね〜。

今週末の日曜日(23日)は2ヶ月振りのテンカラ教室です。←くわしくはクリック
人数にはまだまだ余裕がございます。よろしければぜひ。

今日からまた気温も下がってきたようです。気温の上下がひどいですね。
風邪でもひくとテンカラができなくなりますので、みなさまも御身大切に!

吉田毛鉤 逆さ毛バリに 今日(きょうび)の気温 どちらも上下に 動いてる 吉田孝  
釣りとリズム

昨日TTCで、会のメンバーとパイロット毛バリの話になりました。
自分が川に下りて、最初に振る毛バリは何を使うのかということで、みなさんからもご意見をいただいたのですが、やはり一番最初に使う毛バリは「白」とか「視認性」を重要視している方が多かったですね。

自分の場合もそうなのですが、やはり最初に結ぶ毛バリは「視認性」を考えて選んでいます。
モチロン浮かせて使うだけだなく、沈めて使う毛バリでも一緒です。
その理由は、一投目から魚が出ることもあり、こちらの構えができていないとミスする確立も上がることもあるので、毛バリが水面を割った(落ちた)瞬間、どこにあるのかを確認したいということがあるからです。
その後水中を流す場合も、入射点が確実にわかると、ある程度流下している毛バリの位置の想像が簡単につくので、特に出だし(釣り始め)には非常に重要で、自分の場合は今回のタイトルにもあるように、「リズム」をつかむのにも「視認性」を重要視しています。
特にラインの引き込みでのアタリを取ることの多い釣りをする自分は、ラインに関しても視認性を重視しているのはその為なのです。

釣り始めのリズムは、テンカラ以外の釣りでも実に重要で、リズムが狂うと釣れなくなることは往々にしてあります。取材時など特に感じることがありますね〜。
幸いにして自分の場合は「カメラのシャッター音」が聞こえたり、動画の撮影で「スタートの合図」が出ると気持ちよくなり、本領を発揮するタイプなのでそれほどではないのですが、人が見ていると途端に釣れなくなるなどという方は、やはり緊張で自分のリズムが崩れてしまうのだと思いますね。

その位メンタルに左右されている釣り。技術はあるのに釣果につながらない方は、一度初心に返り、釣りやすい(見やすい)システムに見直した後は、メンタル面の持っていき方を考えていただくと、着実な釣果につながると思います。

吉田毛鉤 普段の生活でのメンタルコントロールができない 吉田孝 



台風にて

昨日は酒蔵併設のレストランに行き、飲み放題ということもあり、地ビールをチェイサーに純米大吟醸をグビグビやってしまい、帰宅後のブログアップどころではなく、酒に溺れてアップアップ状態でした。
普段はなめる程度しかお酒は飲まないのですが(飲めますが)、勤務先の飲み会で、帰宅時は近所までマイクロバスで送ってくれるということでしたので、ついついと痛飲を。
酔ったけど美味かった〜。ゲフッ。

気を取り直して、ブログ書きを開始です。
  
ここ関東地方では、台風直撃は逃れたものの、記録的ゲリラ豪雨もあり、今後も予断を許さない状況が続いております。
周囲の川も、どこもかしこも近所のドブ川まで、川とは呼べないようなチョコレートブラウン色の水が流れ、とても釣りどころではありません。明日からは三連休だというのに。
しかしこの状況で水に近づくと命が危ない(泣)。

普段の行いが悪いのか、はたまた指も完治していないのに「釣りに行くなよ」という何かのお知らせなのか・・・。
連休は釣りをあきらめて、家内手工業でもやりますかね〜。

で、本日は職場の自分のオフィス(個室なので)で「ライン作り」をしていました(仕事はどうした)。

 (本日はテーパーラインを)

次回の毛バリ巻き勉強会では、テーパーラインの作り方のリクエストがございましたので、一から丁寧にご説明しようと思うのですが、細かい使い分けは、その時にでもお話しすることにして、今回はテーパーラインのテーパーのかけ方による特性のことをお話ししようと思います。

その前に、自分のテンカラの場合は、ラインも一種類だけ使うのではありません。
シューティングライン・フロロカーボンのレベルライン・テーパーラインと何でも使います。
理由はそれぞれの釣り場や釣り方に合わせた(自分の場合は特に魚に合わせた)釣りをしているので、一種類のラインでは限界があり、TPOに応じて色々使用しているというわけです。

それより何より毛バリと同じく、「自作の楽しさ」ということが一番に挙げられるからでしょうね。
市販や出来合いのあてがわれたラインも、適切に使い釣果を上げるということでは、それはそれでよいことですし、市販品を否定するわけではありません。特に初心者は自分で作るより、市販品でテンカラそのものを覚える方が先決です。

ただし、ある程度テンカラがわかってくると、どうしても市販品と自分の釣りのギャップ(これはラインに限らず、いつもお話ししていることですが)に悩むようになります(これがまた楽しい)。
その後、あれこれ自分で試行錯誤して作り上げ、その道具で釣果を得て、前にも増した快感を得るということを経験すると、もうエンドレスの自作迷宮に入ってしまい(毛バリと同じく)、自虐テンカラの快感に溺れていくことになりますね〜(合法ドラッグか)。素晴らしい。

閑話休題で本題に突入・・・

通常自分はナイロン1号を使用して(フロロカーボンでは硬くて重い)TLを作るのですが、今回はTLで扱いやすい重さ、ではなく軽さの限界値を出してみようと思い、ナイロンの0・8号で作りました。

  (設計図?のようなもの)

TLを自作する時は、ある程度設計図を作り、保存しておくと次に作る時の参考になります。
過去に色々と作って、現在の自分の場合は、振り感と操作性、ラインが戻される「オツリ」の問題から、「コンベックステーパー」というような中膨れのテーパーを付けて振るのが、力の抜けも気持ちよく、このように作って使用しています。


 (三種類のテーパーのかけ方)

手書きの説明図なので、見難いと思いますが、一番上がコンベックステーパーです。
左側が竿に取り付ける部分です。
竿先からいきなりラインの太い(重い)部分を取り付けるのと違い、力の伝達がスムーズにいくようです。
先端部のテーパーはきつく(ファースト)でもゆるく(スロー)でもなく、自然な感じにしてあります。

図の真ん中(絵が汚くてスミマセン)のようなスローテーパーはロングラインでゆったり振る時にはよいかも知れませんが、先端部がターンオーバーする時に、大きなループになり、ピンスポットへの投射性はイマイチかも知れません。川幅の広い所向きでしょうか。
自分はそのような状況では、レベルラインを使用することが多いので、あまり作らないTLのデザインです。

図の一番下(だから絵が汚いって)は先端部の段落ちをきつくして、ラインのループが狭くなるようにしています。先端部のターンも「ピシッ!」という感じで、毛バリを「射込む」とか「打ち込む」という感じにキャストするのに向いているようです。
現代のテンカラでは短めの仕掛け、竿いっぱいのTLの長さで、ハリスはひとヒロ、源流や藪沢でピンスポットに毛バリを投射するのには具合がよいと思います。そのようなポイントは、毛バリを打った後、誘いや流すというよりは、打った直後に出るということが多いので、「オツリ」の問題より投射性を取りたい場合に使っています。

いつもは材料の関係で透明に近いラインで作っていますが、今回はトラウトルアー用のリールに巻く、視認製のよいラインでテストピースを作ってみました。

この視認性が吉と出るか凶と出るか。

早いとこ薄暗い藪沢で使用してみたいものです(台風ーっ!クソッ!!)。

吉田毛鉤 台風一過に取材だが大丈夫なのか 吉田孝
-------------------------------------------------------
**追伸です**

次回の吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会は9月10日(土)ですが、前半はテーパーラインの作り方を、後半はいつもの毛バリ巻きを行う予定です。詳しくはコチラ←クリック

自分と同じく、吉田毛鉤会のメンバーも何名かブログを書いています。
リンク一覧にも貼ってありますが、公開(後悔)ブログのリンク御希望のメンバーの方はご一報ください。

いさおさんのブログ←クリック
セレブ奥様のブログ←クリック
足立のTさんのブログ←クリック






 
伝承を再考

昨日のTTCで、深瀬でちょっと実験をしてみました。

だいだい同じ位の大きさで、同じ色の毛バリを二種類用意。
基本通りポイントの真横から釣ってみます。
ポイントは沈み石の下流。反転流が切れたあたりに魚が数尾定位しています。

以下の図の黒い部分が沈み石です。水深は50センチから70センチというところでしょうか。
何の実験をしたかというと、レッドワイヤー等を巻き込んだ、ウエイトのある毛バリ(BHも含む)ではなく、通常の毛バリで、どの程度の水深を上手いことトレースできるのかを試してみたのです。


(赤い斜線の部分が複雑な流れです)

使用したのは以下の二種類。ドライ系テンカラ毛バリと逆さ毛バリです。

沈み石の周囲の食い波を探し、毛バリを投射します。
この周辺は、どちらの毛バリでも「スポッ」と波に呑ませることができるのですが、魚の定位しているポイントの流れが速く、レンジが合っていても食わす速度をキープできません。
流れが速いので、ライン(ハリス)にテンションがかかれば即座に毛バリが浮いてしまいます(水面だと食わない)。
ですから「ドラッグドリフト」が効きません。
そこで深瀬のヒラキから肩まで流し切って、そこから逆引きで、魚の目の前を下流から毛バリを通過させ、通過した直後にラインを「フッ」とゆるめて、レンジ(魚の定位している水深)と毛バリの流下速度を上手いこと合わせるようにコントロールするのですが(こうするとバンバン食います)、毛バリによってあきらかに操作性が違うのですよ。(あ〜文字で説明するのが大変です)


(ドライと逆さ)

ハックルを垂直に巻いたドライ系のテンカラ毛バリ。
当然魚が上を向いて、少しでも水中に毛バリが沈むと見切るような時は威力があります。
フロータントを付けないで、竿の操作で浮かせたり沈めたりもできます。ただし、昨日の検証により、逆さ毛バリと比較すると、雲泥の差が出る場合があるということがわかりました。

最初の図の赤い線の、「逆引きの時」と書いてあるところを上流に向かって引いた場合は、まぁ当たり前なのですが、どちらの毛バリも強い水の抵抗で、水面に凧のように浮き上がってしまいます。

しかしこの後の、ラインを「フッ」とゆるめた時の水へのなじみ(波への乗りというか吸い込まれ方)が全く違うのです(正直驚きました)。たいがいの毛バリなら、「引けば浮き、ゆるめば沈む」と大雑把に考えていたのですが、そのなじみ方が違うのです。
簡単にひとことでいうと、「操作がしやすい」。

さてさてそれはどちらの毛バリでしょうか?

当然のことながら「逆さ毛バリ」の方が、圧倒的に操作性がよいのです。
上流に向かい引いた時の抵抗は、どちらの毛バリも水圧の強さをかなり受ける為浮き上がる。
しかしゆるめた時の抵抗は、毛バリの形状と相まって、逆さ毛バリの方が少ないのです。

昆虫の形状とはとても思えない逆さ毛バリ。
しかしながら古来より伝統的に使われていた逆さ毛バリ。
浮かせても沈めても、自然に流しても誘っても、安定した効果のあるのは、やはり先人達の試行錯誤の積み重ねの上に立っていることは、逆さにしても(笑)否めませんねぇ・・・・・。

あらためて「伝承の良さを再確認」した昨日でした。

吉田毛鉤 #14の小ぶりの逆さにずいぶんと助けられている 吉田孝