私がいつも入渓している奥多摩の渓のうち、今年は3か所が林道工事の影響で立ち入り禁止になってしまい、入渓場所を考えるのに困っている。川通しで行かれる場所ではないので、本当に弱ってしまうのだ。

あきらめて行く場所は、車の横付けできる、キープ派のエサ釣り師の多い場所ばかり。

入渓しやすい場所ともなれば、ゴミは多く景観もよろしくない。ということでいっそ管理釣り場のほうが…ということになり、土曜日は養沢毛鉤専用釣場に美人マネージャーと行ってきた。

私が開発に関わり、フジノラインから発売になったテンカラライン「テンカラジャパンスタイル」の製品のインプレも兼ねての釣行でもあった。

 

 

この日の魚は自然に流した毛バリには全くといっていいほど反応せず。しかし誘いをかけるとバンバン飛び出してくるので、半日それを繰り返していたらいささか腕が疲れた(笑)。

気温も低く、寒さも感じたので、早々にYOSHIDA'S CAFEをオープンしてコーヒータイムにした。

同行の美人マネージャーもおなかが一杯になる程釣れて楽しめたようだ。
終わって管理棟で地場産の野菜を購入して帰途についた。

 

翌日曜日はテンカラ教室の(講師の)予定が入っていた。
大したことはなさそうな天候だったが、トラウトカントリースタッフより「悪天候予報が出ているので中止にします」と連絡があったので、ぽっかりと時間が空いてしまった。
いつもカツカツの時間で色々な用事を片付けているので、こんな時間はもったいなくて。
そこでかねてからお願いされていた革細工のレクチャーをしに、釣り友女史の工房まで出かけることにした。
もの作りに情熱のある人とのトークは時間を忘れる。
遅い昼食をごちそうになり、楽しく一日を過ごさせてもらった。

 

 

教室中止は残念だったが、充実した2日間を過ごすことができた。
今度の週末も土曜日は入渓予定、日曜日は毛バリ研究会の開催日となっているので、楽しい週末にしたいと思っている。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

以前から何度もテストを繰り返し、1月のフイッシングショーでは試作品をご紹介させていただきました、フジノライン製の新しいライン『テンカラジャパンスタイル』が発売になりました。

本日はそのラインの紹介写真の撮影を、奥多摩のTOKYO TROUT COUNTRYで行ないました。

抜群のキャスティング性能と水中での視認性。そして何より巻き癖の少なさがこのラインの特徴となっています。

ぜひとも一度お使いいただき、扱いやすさを体験していただきたいと思います。

新製品のTENKARA JAPAN STYLEを、どうぞよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田孝

 

https://www.rakuten.co.jp/fujinoline/

第6回【K-カップ】は無事終了しました

 

 

今年も開催されましたK-カップ。悲喜こもごも、晴天のトラウトカントリーで楽しく開催することができました。
ご参加いただきましたみなさま。ご尽力いただきました吉田毛鉤会メンバーのみなさま。スタッフのみなさま。
今回もありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
来年は記念すべき大会になると思いますので、またのご参加をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

4月のテンカラ関連各教室のスケジュールも確定しました。気温も高くなり、毛バリの釣りにはいい季節になってきます。
ぜひともご参加いただき、この楽しいテンカラ釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

詳しくはコチラ⇓

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

3月24日、マネージャーと釣りに行った。実は前日のちょっとした場所で転倒し、右手首を痛めてしまった。

そこで当日はゆるい場所に入ったのだが、転倒の衝撃で身体のアチコチに不具合が出ていたようで、釣りの途中で左のふくらはぎに痛みが出てしまった。

帰路は足を引きずりながら車止めまで戻った。

 

 

そのせいではないが、私には魚は釣れなかった。マネージャーはキッチリ魚を出していた。
最近ちょくちょく引っ張り回しているだけに、実力はジワジワと上がっている。

 

 

それでも渓メシだけはキッチリ作り、癒しの時間だけは確保した。
帰宅後には手首がさらに腫れてしまい、翌日の毛バリ研究会は休ませてもらった。申し訳ない。

 

そして翌週となる31日。手首もふくらはぎもずいぶんと癒えた。
翌日はTTCの釣り大会があるので、その打ち合わせに行くことになっていた。なので午前中だけほんのちょこっと竿を出すことにした。

 

 

袋に入ったまま放置されたヤマメを見たり、ゴミを拾ったりと気分も滅入っているところに熊鈴が壊れてしまい、「ロクなことにならないウチにか〜えろっと」と、最後の一投をしたらイワナが釣れた。

 

入渓者の多い川とはいえ、ゴミや魚をそこに残すことは許される行為ではない。
魚は釣れたが、気分の良くない釣行となり、そそくさと竿をたたんでトラウトカントリーへと向かった。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
3月16日。気になる女流の渓流釣り師と知り合えたので、スカウトすべく某所にお誘いし、食事をしながらテンカラ釣りの世界へと誘った。

 

3月17日。午後に用事があったので、午前中だけ奥多摩の沢で単独釣りを。氷点下だったので、魚の顔を見てそそくさと帰宅。

 

3月18日。テンカラ教室の開催日。水の状況もよく、参加者のみなさんも楽しまれていた様子だった。

 

 

私は教室の午後、件の女性に毛バリ巻きのプライベートレッスンを。

 

3月23日、プライベートレッスンで作った毛バリを使い実釣に出かけた。

 

 

今回は二人とも初の自転車釣行となった。

渓流釣り歴は長い彼女、ポイントや流し方は問題なく、自然渓初のテンカラでツ抜けした。

やはり私の目に狂いはなかった。

 

 

私は自作のネットが完成したので、釣った魚をすくってパチリ。

 

 

まだまだ渓は寒さもあるが、それなりに釣りができていることに感謝する次第だ。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

所用も多く、スケジュールのブッキングミスもあってなかなか今期の自然渓初釣行に行かれなかった。

ようやく行かれることになったのが10日の土曜日。この日は午後から原宿にある『ファイントラックTOKYOベースで』源流カメラマンの丸山さんのトークイベントに参加予定であったため、午前中のみで退渓できる場所を探し、マネージャーと一緒に入渓することになった。
型も小さく数も出なく、サイズも出ない渓なので人もあまり多くない場所。釣れなくても解禁気分だけは…と出かけてみたが、前日の降雨で低かった水位も上がり、どうにか二人共魚の顔を拝むことができた。解禁釣行は無事終了。
午前11時半には車止めに戻り、着替えてから一路都心を目指して高速道路に乗った。
原宿到着は午後2時。お腹が空いていたので3時に始まるイベントまでに店を探し、ハンバーガーを食べた。
朝は奥多摩の渓で魚と戯れ、午後は着替えて都心で食事をしてイベントに。何だかカッコイイと思った。
吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

なんだかバタバタしていてブログの更新が滞っていた。

14日の平日テンカラ教室の後、17日は管理釣り場へ。

 

 

24日の土曜日はいつものテンカラ教室があり、翌25日の日曜日は毛バリ研究会の開催日だった。
ありがたい話だが、どちらの教室にも女性にご参加いただくことができた。
『老若男女どなたにも楽しめるテンカラを』
それを推している私にとっても、ありがたいことだと思っている。

 

 

そして26日も山梨県の管理釣り場へ。バタバタしているとはいえ釣りには関わっていた(笑)。
今日から解禁のところが多いと思う。
解禁のタイミングで発売になる雑誌に協力した記事がある。

 

 

月刊つり人4月号に、テンカラ竿の選び方と、釣り場の紹介記事を書かせていただいた。
発売になった『テンカラ釣り超思考法』共々、どうぞよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

私も渓で愛用しているウェア『ファイントラック』

ここのTOKYOベースで。3月10日に渓流釣りに関係するイベントが開催されます
詳しくは下記のリンクでご確認ください
吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

いつもお世話になっております。 2月26日に、つり人社から『テンカラ釣り超思考法』が発売になります。

4人の名手が、頭打ちになっているテンカラ経験者の方に、どうすればさらに先に進むことができるのかを、それぞれの目線からステップアップのヒントを解説しております。

私のパートは【激戦区のスレた渓魚を攻略する】ということで、かなり掘り下げた内容の解説を書かせていただきました。

 

 

項目の終わりに【私のテンカラ釣り開眼エピソード】がありますが、現在の私のテンカラでの立ち位置が、最後の一行に要約されております。

ぜひともご購読いただき、みなさまのテンカラ釣りをさらに楽しいものにしていただければと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

第93回TTCテンカラ教室

 

 

本日はTTCのテンカラ教室を開始してから初となる、平日教室の開催となりました。4名様のご参加となりました。

ご参加いただいたみなさまは全員経験者ということで、テンカラ導入のパートを大幅に端折り、ディープな話とオフレコ裏ネタを中心に開催させていただきました。

冬季の渇水ということで、釣りやすい状況ではありませんでしたが、デモフイッシングでは魚も出てくれて、教室を無事に終えることができました。
本日ご参加いただきましたみなさま。またの機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

尚今月の週末開催のテンカラ関連教室は、
24日(土)第94回TTCテンカラ教室
25日(日)第81回吉田毛鉤の毛バリ研究会
となっております。

 

連日になりますが、みなさまのご参加をお待ちしております。