"YOSHIDAKEBARI" contains UV reflective material as part of Kebari. 

*UV reflection can be seen or recognized by Trout.

It is collaboration between tradition and modern science.

 

Night-glow eyeballs
06152010 006.jpg

 Use for a surface of the water. Really good during evening.



 
Sinking "Hanagasa"
 06152010 005.jpg 

 06152010 002.jpg

 06152010 001.jpg

 Use for the range of between right underneath the surface and middle.

 Wet-fly.

 *Hanagasa is a hat used for traditional dance in Japanese festivals.

 Shape of the hackle on this fly looks like it.

 

Reverse "Hanagasa"
06152010 004.jpg

Use for the range of between right underneath the surface and

 middle. Attracter. 

  *By giving it some action, hanagasa(hackle) opens and closes.

 

 Beads head
06152010 003.jpg

 Use for deep range or bottom. Wet-fly.

 

 Tenkara, traditional Japanese fly-fishing is style of fishing
 old
 mountain stream pecheurs developed back in a day.
 Using just fishing
pole and strings. No reels.

 

 It is getting popular as one kind of game fishings.

 

 If you want to use these flys for western fly-fishing, use it just like wet-fly.

 

 Sometime it is very effective by giving it tension to dance in the water.

 

 
 
For more details, this is Tenkara site in English. Please visit for

 more information. 

 http://www.tenkarausa.com/

 

TTCテンカラ教室にご参加いただいた方へ(補足と追加のご説明を)

過去9回、TOKYOトラウトカントリーにおいて「テンカラ教室」を開催させていただきました。
先日(6月12日)も、たいへん多くの方に受講していただき本当にありがとうございました。
ただ、過去に受講していただいた全ての方々に自分自身の気持ちとして、決められた時間内ではなかなかご満足いただけるようなご説明ができたかどうかと考えさせられる部分もあり、ブログ内の記事も増えたので、整理も兼ねてリンクを貼らせていただきました。

以下、各項目をクリックしてみてください。

管釣りテンカラの楽しみ
管釣り応援団
ステップアップの為のテンカラ講座1
ステップアップの為のテンカラ講座2
ステップアップの為のテンカラ講座3
ステップアップの為のテンカラ講座4
フィーディングレーンのこと
フィーディングレーンのこと(2)
テンカラ毛バリ巻き
四種の毛鉤
四種の毛鉤(その2)

実際の技術的なことは、現場でのご説明しかできないことも多いのですが、心構え、メンタル的なこと、毛鉤についてなどはお読みいただき、少しでも皆様のテンカラのお役に立てれば嬉しいかと思います。

また皆様と川でお会いできる日を楽しみにしております。

吉田毛鉤 吉田孝
TTCテンカラ教室のお知らせです

次回のテンカラ教室の日程は

7月10日(土)午前8時より・TOKYOトラウトカントリーにおいて
(講習費用は無料です・1日の釣り券4000円のみ)

参加ご希望の方がいらっしゃいましたら
7月10日テンカラ教室参加希望と明記の上
こちらの申し込みフォーム
より←クリックしてください

お電話での受付もいたしております
「TOKYOトラウトカントリー」TEL 042−883−2788まで

ラインはレンタル用が、毛鉤とハリスは販売しておりますが、貸し竿の数に限りがありますので、竿の所持の有無を記載していただけると助かります。



過去に参加なさった方

釣り自体初めての方

女性やお子様など

どなたでも大歓迎ですのでお気軽にお申し込みください

詳しい教室の内容はコチラ←クリックしてください

過去の教室の様子はコチラ←クリックしてください

皆様のお申し込みをお待ちしております

みんなで楽しいテンカラを!

吉田毛鉤 吉田孝
 本日はテンカラ教室でした

06122010 004.jpg

全くもって「あっと驚く為五郎〜」(古っ!ギャグは竹株流)過去最高の12名という方々が、本日のテンカラ教室にご参加になられました

TTCブログその1

TTCブログその2

にも、教室の様子を紹介していただきました。

多摩地区はもとより、御殿場、横須賀、川崎など、本当に遠方からおいでいただきまして、ありがとうございました。 

06122010 003.jpg

午前8時の座学から始まり、午前中は実釣を・・・
本日もいつものTOKYOトラウトカントリーへ 

自分の主催させていただいている「吉田毛鉤会」のメンバーもポツポツと来場する中、バーベーキュー付き釣行をなさる四名のお客様がご来場されました。

堀江渓愚総支配人より「吉田さん、テンカラとルアーを初めてやりたいとおっしゃるお客様がいらっしゃるので、ご指導お願いできますか?」と。

二つ返事で「ハイハイ」と、簡単ではありますがご指導させていただきました。

20100605ttc2.jpg

お二人とも飲み込みの良い方で、ご指導の後、お二人とも釣果に恵まれました。

こちらとしてもひと安心でした。

その後は・・・・・
 週末は石徹白ですねぇ。

06042010 002.jpg

テンカラファンも沢山お集まりになられることと思います。

自分は諸般の事情により行かれまへん。

皆さん楽しんで来てください。
 先日のプチ釣行会にて、当吉田毛鉤会の会員のTさんが「なんだか茶色の毛バリによくヒットするのですが」といわれました。

06022010 006.jpg

そういえば、TTCの総支配人の堀江渓愚さんも、確か去年の今頃「茶色の毛バリが云々・・・」とおっしゃられていたような気がしたので、過去のTTCのブログを探したらありました。

「茶色の毛鉤」←クリックしてください(2009年5月17日の記事です)
 当吉田毛鉤会の会員にMさんという方がおります。Mさんはテンカラを始めて1年半程になりますが、それまでほとんど他の釣りの経験がなく、いきなりテンカラという稀な方でもあります。

もうひとつ稀なことは、出身が山形県でありながら地元での釣りの経験もゼロに等しく、実際に釣りをおぼえて練習しているのは当会のホームリバーであるTOKYOトラウトカントリーで、東京でおぼえたテンカラを地元で披露するという珍しいことになったことです。

yamagata2010 040.jpg (鳥海山荘)

その釣行というのは、自分も親交させていただいている、倉上御大率いる「老眼天空本舗」主催の釣行会で、「鳥海やわた・前の川釣りの祭典」の釣り大会に、倉上御大が来賓でご出席されるので、同時に行われたそうです。

釣りの報告は・・・・・

 ベテランの方向けではありませんが、昨年以来月イチでTOKYOトラウトカントリーにおいて、テンカラ教室を開催させていただいております。

6月開催で9回目、我ながらよく続いています。トラウトカントリーのスタッフの皆様のご協力及び、教室に参加していただいた皆様には、心より感謝いたします。

とにかく嬉しいのが「難しいと思っていたテンカラにすんなり入れました」とか、「わからないことだらけだったのがよくわかり、スッキリしました」と、まさに自分のお伝えしたい、「誰でも簡単にできるテンカラ」(そこから先の奥の深い所はご自分で)をご理解いただけた時です。

また、この教室がご縁で自分の毛鉤会に入会された方もいらっしゃいます。

「テンカラの 敷居を下げる 嫌な奴」←お読みください

そんな中、毛鉤について、よくあるご質問をサイト内検索できるようにまとめてみました。

以下アンダーライン部分をクリックしてください。

基本的な毛鉤の巻き方は?

不器用ですが、簡単に巻ける毛鉤はありませんか?

エルクやディアヘアーを使う毛鉤の巻き方は?

逆さ毛鉤の巻き方は?

ハックル(蓑毛)について教えて?

特殊な毛鉤を除いて、上記を参考にしていただけば、どなたにもテンカラで使う毛鉤は簡単に巻けると思います。

他にも、毛鉤に関するご質問等ございましたら、当ブログのコメント欄に投稿いただけば、わかる範囲ではありますが、ブログ上でお答えさせていただくか、メールにて返信(そちらのメールアドレスは公開されません)させていただきたいと思います。

みなさんもご自分で毛鉤を巻いて、その毛鉤で渓魚と対面して、自己満足の極地の「楽しいテンカラ」をしてください。

吉田毛鉤 吉田孝 
 テンカラの 敷居を下げる 嫌な奴



自分の行っているテンカラという釣りは、名人が100人いれば100通りの釣り方があり、100人とも釣果があるという面白い釣りで(基本の基本はみんな同じですが)、自分が興味を持ったのもそんなことからだったと思います。

中には「源流に行かなきゃねぇ」とか「ヒレピンの天然の魚じゃないと」とか、それはそれで皆さん楽しんでいただければよいのですが、「源流じゃなきゃダメ」「でかい魚じゃないとダメ」「天然以外は魚じゃない」などと、自分のスタイルに合わないと「ダメ、ダメ」とおっしゃる方にはまぁ「好きにしてください」ということで・・・

法律で規制されているわけではないので、テンカラの楽しみ方には色々あってしかるべきだと思います。

続きを読む >>