フィツシングショーと全釣り協の研修会へ



 今年もいってきたフイッシングショー。

 釣り業界全体のシェアからみれば少ないとは思いますが、こういったイベントにでかけると、年々テンカラへの追い風が吹いてきていることを感じます。



 ということで、先ずはいつもお世話になっている「フジノライン」さんのブースにいき、新製品のことなど含め、開発商品のことについて、じっくりとお話しさせていただきました。



 その後は、こちらもいつもお世話になっている「つり人社」さんのブースにいきご挨拶を。 



 こちらは昨年宣伝記事でお世話になった「パタゴニア」さんのブース。
  
 こんな感じで各方面に挨拶回りをした後、ウロウロしていると・・・



 お会いしました石垣テンカラ大王。
 
 その後は老眼天空本舗の倉上御大や、日本暇人教会の下田香津矢さんともお会いしました。



 関係各方面へのご挨拶の他に、今日のもうひとつの重要なことがこちら。



 全釣り協の研修会が会場内で行われたので、そちらに参加してきました。



 内水面漁業振興法についてのお話しを、2時間ほど拝聴してきました。
 
 インストラクターとして、教室や講習会でお話ししなければならないことなども含め、ただ単に釣りの技術を教えるというだけでは足りないのだと、襟元を正す気持ちになりました。

 それが終わってからは、関係諸氏と会場をウロウロ。

 吉田毛鉤会の女性新メンバーとお会いしたり、知り合いを話をしたりと、会場を歩き回って足が棒になりましたが、充実した一日となりました。

 みなさまお疲れさまでした。

 私もゆっくりと休みます。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
明日はフィッシングショーへ

 今日は都心でも雪模様だった。
 昨年の大雪のトラウマで、雪には神経質になってしまう。それほどでもなくてひと安心。
 明日は関係各所にご挨拶と、同じ場所で全釣り協の研修があり、それに参加する予定だ。
 凍った路面で転ばぬよう、足元に気を付けていってこないと。

 解禁まで後ひと月。
 シーズン中は入渓のスケジュールをどうにかヒネリだし、テンカラを楽しんでいる。
 渓流釣り師はオフになったらカンツリ通いくらいで暇を持て余すのかと思われるが、年末年始が間に入り、生業はもとより渓流解禁関連の雑誌の原稿書きなどもあり、それなりに忙しかった。

 卒業に卒園など、学校関係のイベントもこの時期に集中するので、この先の釣り関連イベントと合わせると、やはりそれなりの速度で突っ走らないと、自分のやりたいことができなくなってしまう。
 やりたいことというのは、山岳渓流でのテンカラなのだが(笑)。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 
以下関連教室とイベントのスケジュールとなります。
-------------------------------------
2月14日
(土)第60回 TTCテンカラ教室
2月22日(日)第50回 吉田毛鉤の毛バリ研究会
-------------------------------------
3月8日
(日)第3回 TTC「K-カップ」
-------------------------------------
4月18日
(土)TTCイベント(詳細は後日お知らせします)

各月のテンカラ教室は
第2土曜日、毛バリ研究会は第4日曜日もしくは最終日曜日が基本的な開催日となりますが、会場や講師の都合により日程がずれる場合がありますので、その都度ご確認ください。





⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村  
吉田毛鉤会・紳士淑女の忘年会

〇どん底に集う紳士と淑女たち


 師走。今年も当吉田毛鉤会の忘年会を、いつもの新宿「どん底」にて開催した。
 年々メンバーも増え、特に女性や中学生といった、テンカラの未来を明るく照らしてくれるような方々からの入会希望などあり、そんな報告も兼ねての飲み会を開催した。
 ただこの忘年会、参加していただけるみなさんは相当飲むくちなので、例年大人たちの饗宴となる。しかし今年は2次会まで突入する希望者も、全参加者の半数程度だったので、落ち着いた飲みの席になるだろうと思っていた。





〇結局いくのだ2次会へ 



 しかし・・・しかしである。あまりのトークの盛り上がりに、ここで帰ったら「あの後どれだけ楽しいことがあったのだろう」と想像するのがやぶさかではないと思った2次会不参加組が、結局全員「やっぱり参加!!」ということになり、これまた例年のように2次会会場へとなだれ込んだのであった。





 入渓点まで歩く。沢を登る。渓魚と対峙する。渓での行動はみな真摯で真剣であり、スタイルは違えどテンカラに対する強烈な情熱を、当会のスタメンたちは持っている。
 
 ところが、私を含めて多忙な日常生活やら生業から受けるストレスやらで、パッツンパッツンになっていたメンタル面を解放したいメンバーたちは、まさにこういった「ハジケル」機会を待っていたかのように、酒が進むに連れ、それぞれのキャラが徐々に壊れて行くのであった。
















〇そして迎える大団円

(2次会だけでいいじゃないかの声多数)

 今期の当会の奥多摩釣行も、ひとりの怪我人もでることなく無事禁漁をむかえることができた。今回も今期の反省と来期に向けての心構えも、メンバーのみんなと話をすることができた。そして何より、年齢性別職業の違う仲間が「テンカラ」を通じて素晴らしき人間関係を作ることができたこと。天と地と、そしていつも協力いただいているメンバー他、関係者のみなさまに感謝する次第である。

 諸般の事情で今回の忘年会にご参加いただけなかった方々も、渓も会も逃げませんので、またの機会に楽しくやりましょう。

 ということで、これからも安全かつ楽しい釣行をしながら、会のみなさんと共に歩んでいきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


「渓と渓魚よ永遠に」


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

本日のオマケ

(らぶてん&吉田毛鉤)











 
週末はイベントと教室です

今週末のイベントは、

12日(土)テンカラファンの集い(老眼天空本舗主催
13日(日)TTCテンカラ教室
となっております。

どちらもよろしくお願いいたします。

尚、テンカラファンの集いの参加要項は以下の通りになります。


---------------------------------------------

テンカラファンの集いスケジュール&参加要領
受付:開場〜午前10時までに(吉田毛鉤会担当)
開会セレモニー:午前10時〜午前11時
(1)主催者挨拶
(2)ゲスト挨拶
(3)協力者代表挨拶
(4)記念写真撮影(集合写真)
フリータイム:午前11時〜午後1時40分
釣り・サイン会・ゲストとの撮影会・懇談会等をお楽しみください
閉会式:午後1時50分〜午後2時
参加要領
雨天決行:但し天候異変等で会場(TTC)までの通行が不可能と判断した場合は中止といたします
受付:吉田毛鉤会で一括して行います
釣り:釣りをする方はTTC受付にて入漁料をお払い願います
昼食:フリータイム時間内にメイフライ等で交代でお摂りください
サイン会・撮影会:午後1時頃よりメイフライ内で行います
その他不明な点がありましたら下記へお問い合わせ願います
老眼天空本舗  事務局 倉上 亘
e−mail:rougannfly0363@msn.com
携帯:090−1203−0363

---------------------------------------------



吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
Japan Fishing Festival 2014 (即日ブログアップ)



今年もこの時期、やってきました『つり博』の開催。年々お付き合いのあるメーカーさんも増え、例年のごとくご挨拶をしにパシフィコ横浜へ。明日は毛バリ研究会を控えていることもあり、釣りと同じで朝イチが好きな私は、本日午前9時のオープンめがけて自宅を出発した。例によってメーカーさんとのお話しの中、色々なネタを拾ってきたのだが、このあたりは明日の研究会にご参加いただける方限定でお話ししたいと思っている。せっかく時間とお金を割いてご参加いただく方への、いい意味での差別化を図っている。


いつもお世話になっております!!

水曜日に大量に花粉を浴びて以来、鼻のつまりが治らなく、点鼻薬の効果も長続きせず、ずっと微熱が続いているような状態だ。今年もインフルエンザの予防接種を受け、流行性感冒を警戒しておけばよいかなと思っていたのだが、どうやら今年からは花粉の反応が凶悪さを増したようで、実につらいのである。英語圏では花粉症のことを『Hey Feaver(枯草熱・干草熱)』とも表記されるので、アレルギー反応で熱っぽくなっているのかもしれない。


今年のカタログには、私の撮影した写真をお使いいただきました

そんな鼻づまりのなか、関係各所にご挨拶をしてまわり、普段お付き合いのなかったメーカーさんからも
「いつも誌面では当社の製品をお使いいただきましてありがとうございます」
とお礼のお言葉を頂戴したりして、関係各社から
「テンカラの伸びを感じている」
とのお話を伺うことができた。









こういったイベントに自身の毛バリが展示されていること、本当にありがたく思います

今回は本当に関係のあるブースのみを見てきたような感じ(実質2時間滞在)だったが、特にいつもお世話になっているラインメーカーの『フジノライン』さんとは、新製品の件も含め、会長と社長と1時間ほどゆっくりとお話ができたのはありがたいことであった。ちなみにこの度ソフトテンカラとフロロカーボン製のテンカラハリスが新製品として投入されたが、現行のミディとナイロン製のテンカラハリスの欠けていた穴が埋まったようで、使う場所による選択肢もこれで万全となり、私としても喜ばしい限りであった。






ようやっと発売になるR18-2W2HT

他にはがまかつさんのブースで、実は今だからお話しできるのだが、1年前にテストピースをいただいて、昨シーズン使用して本当に具合のよかったフライフックのR18-2W2FTが正式に発売になるとのこと。まだ店頭に出回る日時は不明だそうだが(実は裏から聞いたのでホントは知ってる)、昨年いただいた#10に続き今年は#12の試供品をいただいてきたので、今期一発目の沢テンでは使い倒してみるつもりである。アイ付きのハリではカカリのよさで信頼のおけるR17-3FT。こちらをドライメインのハリで使うとすれば、R18はウェット主体の毛バリを巻くには本当に具合のよいハリなので、発売したら早速買い〇〇〇〇。


私も登録(内水面釣りインストラクター)している全釣り協


パタゴニアのテンカラスターターキット

その他のネタは明日の研究会で話す予定。それとメンバーから明日のお題もいただきました。
1「ヤマメとイワナの毛バリの作り分け」(細かい釣り方も含め、何故にそうなのかを理由も説明しながら巻いてみる)
2「毛バリを早く巻く方法」(普段はのんびり巻くのが好きなのだが、納品毛バリを過去何千本と巻いている私なりの早巻きテクニックとノウハウを大公開!!)

それでは明日、吉田毛鉤の毛バリ研究会にご参加の方は、TTCでお会いいたしましょう。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


〇〇〇〇の答え=しめます

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
「テンカラファンの集い」の開催案内

テンカラの最適期前の4月初旬に、各地の名手連をゲストに迎え下記要領にてテンカラについて語る会を企画いたしました
テンカラファン各位の奮っての参加応募をお待ちしています

主催:老眼天空本舗
協力:
吉田毛鉤会・TOKYOトラウトカントリー 

=記=
◆開催日:
4月12日(土)
◆開催場所:TOKYOトラウトカントリー(東京都西多摩郡奥多摩町)
◆参加費:無料
◆予定ゲスト(順不同):瀬畑雄三氏・下田香津矢氏・榊原正巳氏・石垣尚男氏
◆釣り代
(希望者のみ) 1日コース:3100円 4時間コース:2100円
◆参加お申し込み:ご氏名・連絡先(携帯または固定電話)を明記のうえで下記申込所のうち1か所へメールか電話にてお申込みください
(整理の都合がありますので参加お申込みは必ず1か所のみにお願いいたします)

(1)吉田毛鉤会 吉田孝氏 E−mail:yoshidakebari@gmail.com
(2)TOKYOトラウトカントリー E−mail:t-country@voice.ocn.ne.jp TEL::0428−83−2788
(3)老眼天空本舗 E−mail:rougannfly0363@msn.com 携帯:090−1203−0363

=スケジュール=
●受付開始時間:
午前9時半
●開会式:午前10時〜
●昼食:午前11時半〜午後1時
●サイン会・写真撮影会:午後1時〜
●閉会式:午後2時〜 ◎雨天決行:但し悪天候等で現地への道のりが危険と判断した場合は中止といたします
(中止の場合は11日夜までに電話にてご連絡いたします)
---------------------------------------------------------

⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
第3回・吉田毛鉤会大忘年会

現在午前0時30分。
テンカラ教室から忘年会へとダブルヘッダーの1日が終わった。
今年で3年目になる当会の忘年会。やはり毎年楽しいものである。
今年はいつもメンバーがお世話になっている渋谷サンスイ川釣り館のS木店長をスペシャルゲストにお迎えし、いつもの新宿は「どん底」にて、ギョーカイ表・裏ネタともに、かなり盛り上がったトークもあった。
サンスイのS木さん、今後ともこのテンカラを盛り上げるべく、ご一緒にガンバリ魔性(ましょう)!!
というわけで今回は初の(厄払いの)からふる運転手さんの歌も聞くことができ、いい師走の
締めくくりとなったと思う。
ご参加いただいた方にご参加いただけなかった方も含め、今年もありがとうございましたということで、本日は〆させていただきたいと思います。

スペシャルゲストのサンスイS木さん
重鎮・秋山郷のUさん
ウマナミナノネーのTTさん
血液ガッタガタの品川のK隊長
初歌披露・からふる運転手さん
そしてからふる王妃
単身赴任遠路はるばるの万年Sさん
みんなの勢いに口あんぐりの川越のMKさん
忘年会前に自宅から徒歩でひと山歩いてきたきょ→じさん
飲み会続きのたむさん
幹事の大役本領発揮・いつもうたげのTさん

本日は楽しい時を過ごすことができました。まだまだ今年は残っていますが、来年もよろしくということで・・・。









(酔っぱらう前に撮った写真ですがクソコンデジの写真につきぶれぶれの画像でスミマセン。吉田毛鉤会関係の関連ブログでも忘年会の顛末がアップされると思いますので、そちらもアクセスよろしくお願いいたします)


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 仲間っていいです!お疲れさまでした! 吉田孝 


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
吉田毛鉤会月例(飲み)会?

先月は当吉田毛鉤会メンバーの品川のK隊長といつもうたげのTさんとご一緒に、プチ飲み会を銀座「アコ」にて開催したのだが、今月も開催しようということになった。

「飲みに行くひとこの指と〜まれ」とやったところ、同じく当会のメンバーのたむさんとTTさんが参加することに。

なんだか月例会の様相になってきた感のある飲み会。
釣りの恰好をしていないメンバーと会い、竿を持たずに談笑するのもすごく新鮮で楽しかったりする。

来月は吉田毛鉤会の大忘年会があるが、月末近くには東北方面に単身赴任しているメンバーも帰省することもあり、折を見て再び開催したいと思っている。

ということで、今回も私の親の店をお使いいただきましてありがとうございました。

店主に成り代わり御礼申し上げます。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 本日もありがとうございました!! 吉田孝 


本日の宴会メニュー

 
お通しは「牛タタキ生うに添え」


「真鱈子の煮つけ」に「蟹のコキール」


メインは「鴨鍋」

香り付けにちょっぴりの「松茸」をサービス


以上でした


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
2013フィッシングショー横浜(その3・最終章 )


この日は老眼天空本舗の倉上御大とも色々とお話しすることがあり、それも目的のひとつでした。
お会いするまでの時間会場内をウロウロしたのですが、例年会場は熱気につつまれ、ちょっと歩くだけで汗だくになってしまいます。

ここ最近は見たいところと関係のあるところを中心に見せていただいているのですが、こちらは私を含め、いつも当吉田毛鉤会のメンバーが大量購入!?させていただいてるMARUTOのフックの「土肥富」さんです。
とにかくハリの価格が安いので、毛バリ巻きの練習やら大量生産やらと、ネット販売中心ですが重宝させていただいているメーカーさんです。



「釣りビジョン」さんのブースでは、こんな方も。



ここには釣り関連団体のブースが並んでいます。



いわずと知れた日釣振に。



いいですね〜。「女性の釣り人を増やす会」など。



こちらは奥鬼怒岩魚保存会。ちょっと顔見知りの方にご挨拶も。



この辺は興味の対象ど真ん中です。



こちらも直球ド真ん中。ストライクゾーンです。



私が「バス釣り」にハマっていた時にはずいぶん購入させていただきました「へドン」のルアー。
相変わらず味のあるパッケージの絵ですね〜。



そして絶対ハズすことのできない「がまかつ」さんのブース。



昨年もハリのお話しをじっくりと伺わせていただきましたF・A・I・Sの松井さんに、今年もゆっくりとお話しを伺いました。



テンカラにも精通していらっしゃる松井さん。
色々とお話しを伺ったあげく、ハリまでいただいてしまいありがとうございました。



近々使用して、感想をお伝えさせていただきます。
本当にありがとうございました。

毎年そうですが、この場所に行くとジャンルを問わず、釣りの大好きな人の熱意を直接肌で感じることができますね。

「テンカラ」という、この世界(業界)から見たらマイノリティな釣りですが、少なからず関わらせていただいている自分にとって、こういったみなさんを見ると、その熱意に負けず、これからもテンカラの普及に力を惜しまず頑張ろうと、あらためて襟元を正す気持ちになりました。

今週末は毛バリ研究会もあります。

販売用の毛バリのご注文もいただいております。

そして来週は取材が一本入りそうです。

というわけで今週も、関連業務の準備諸々、気合を入れていきたいと思います!!


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝




にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村


第一回堀江カップの報告です(後編) 


大会後にドドッときた精神疲労と肉体疲労でしばし気力を失い、ブログも失速してしまった吉田です。

どうにか復活の兆しが見えましたので「後編」にとりかかります。

大会中は一人の怪我人も出ることなく、釣った魚を計測所に持ち込み、刻一刻と変わる結果に、競技者だけでなく大会本部も一喜一憂させていただきました。



釣ったサイズに関しては「時の運」かも知れませんが、流石に実力のある人は揃えてきます。

特にこの人。



K隊長と同じく、TTC高額納税者番付の上位(笑)、からふる運転手さんです。
ふだん巻かない毛バリを一生懸命?巻き、その巻く姿に感動をおぼえたほどですが(大笑)、一時は良型を次々に持ち込み暫定王者になりました(凄)。

周囲のみなさんと「本当に自分で巻いたのか?」という、サスペンスドラマのタイトルのような

「疑惑の運転手」

騒ぎにもなりましたが(爆)。

しかしそのキャラクター通り、みごとな三日天下というオチをつけて終了に。
いや〜相変わらずオイシイところを持っていく運転手さんでした。



数ではK隊長と並んで釣っていたからふる王妃。
ご夫婦揃ってこの短期間でここまで腕を上げたこと、おみごとだと思います。

ときに「テンカラ歴は何年だ」などと自慢する方もいらっしゃいますが、経歴などクソ喰らえです(笑)。
どこまでの熱意があるか、どれだけ楽しんでいるか。こういう時に結果がきちんと現れます。

ここは自慢になりますが、当会のスタメン達はこの情熱があるからこそ、しかも楽しんでいるからこそ、脳が覚醒し?短期間でここまで上達しているのではないかと思うのです。



そしてこちら。



甘いコーヒーさんが、ご自身は行かれないが、みなさんに景品として差し上げてくださいと、アウトドア系グッズをご提供くださいました。



甘いコーヒーもたっぷりといただきましたが、こういったお心遣い、心より感謝いたします。

参加者全員に成り代わり、あらためて御礼申し上げます。




優勝者以外の人にじゃんけん大会で好きなモノを選んでいただき、みなさん喜んでお持ち帰りになりました。



せっかくご参加、しかも親睦目的で行ったこういった大会なので、みなさんによいお土産ができてよかったと思います(本当は大会本部でご用意したいのですが、予算がありません・泣)。

そしてメインはこちら。



総合優勝のK隊長から、本日の釣りのご説明をいただきました。



チーム釣り天狗の優勝者の小次郎さんと、ウイニングフライの交換を行い、今回の大会は無事閉幕となりました。



左が小次郎さんの作ったもの。右の逆さ毛バリがK隊長のものです。



記念撮影をして終了に。

この後は小次郎さんから差し入れをいただいた「モツ煮込み」や、万年Sさんにお持ちいただいた奥様手作りのケーキと共に、談笑ランチタイムとなりました。

その後は私の釣れないデモを少々見ていただき、今大会の閉幕となりました。

こういったイベントは全てみなさまのご協力により成り立っています。

「またやりましょう」という嬉しいお言葉もたくさん頂戴いたしました。

準備等々色々大変ではありますが、毎年解禁を控えたこの時期に、とてもよい刺激になるということもありますので、これからも引き続き開催したいと思う所存です。

ご参加とご協力いただいた全ての方々に感謝いたします。



どうもありがとうございました。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 日々是感謝 吉田孝




↓↓↓よろしくどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村