第13回毛バリ巻き勉強会

明日27日(日)はTTCで開催される「吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会」の開催日です。
他人事のようですが、13回ということはもう一年を越えたのですね。

この勉強会を始めたいきさつは、それより以前に始めていたテンカラ教室での毛バリ巻きの時間では、毛バリマニアのこの自分の解説意欲というか説明欲というか、毛バリ巻きに関して何かを伝えたいという気持ちがとてもとても満たされるハズもなく、自分のたっての希望で毛バリ巻きを独立した教室として始めさせていただくこととなったからなのです。

「テンカラに関してやりたいことは何でもやる」という自分は、無節操テンカラ師です。
「テンカラらしいとかそうでないとかは誰が決めるものでもない」というのが持論です。
日本の国の法律で、「ここからがテンカラだ」と決められているなら、自分はテンカラ師でなくったってかまわないです(笑)。
テンカラという言葉の線引きができていないのだから、ルールを作るのは自分自身です。
競技会でもあれば、そこにはルールが存在します。
しかしテンカラにはそんなものはありませんし、自分は他人と競うのは好きではないので、自分の縛りで楽しめばよいと思うのです。

唯一考えないといけないと思うのは、魚族の保存と自然環境の維持です。
この素晴らしい渓流という環境は、絶対に後世に伝えたい。
発眼卵放流や成魚放流に関しては、色々なご意見があると思いますが、やはり整った自然環境で、自然に魚が再生されればそれに越したことはありません。
他人に押し付けはできませんが、少なくとも自分自身はバーブレスフックでキャッチアンドリリースを続け、毛バリ釣りを楽しませてくれる魚の数が、少しでも減らないようにしているつもりです。

一番腹立たしいのが、「何十尾も釣れたから、魚の数を考えて何尾放した」とか「何尾だけ持ち帰った」とか、「環境が整えば魚は増える」「増えないのは環境のせいだ」といい、いかにも環境の理由にして魚を持ち帰る奴です。
持ち帰るなら堂々と、「オレハオレノコトダケカンガエテ、イッパイサカナヲモチカエルノダ」と言えばいいのです。
「家族に食べさせるのだ」とか「源流に行き食い物がないので、食いたいから釣るのだ、釣って食うのだ」と潔くいえばいいのです。
そしてその責任を自分でとればいいのです。

「自分を正当化するために、理由をすり替えるなアホが」といいたいですね。

都市近郊の渓流に行くと、ウスラバカがどうみてもリリースサイズと思われる小さい魚を魚篭に一杯入れていたという話をよく聞くことがあります。
それを見てうんざりして帰ってきたという話も。

そんなことを考えていると熱くなってしまうので、このへんでやめておきますが、食べる魚はそのために放流している管理釣り場ででもキープしていただき、自然渓流では、少しでも多くの人達が釣りを楽しめるために、釣りに行くみなさんは考えていただきたいと思います。

今年行った石徹白の峠川。
ここのキャッチアンドリリースの区間の魚影の濃さには驚きました。一般河川であの魚の濃さは、なかなかないのではないでしょうか。
大勢の人が入っても、平気で毛バリに魚が出てきます。
都市近郊、自分たちのよく行く奥多摩エリアでも、こんな川ができることを自分は切望いたします。

話を元に戻しますが、13回の勉強会の間に色々な方とお会いしました。
この勉強会へのご参加を機に、吉田毛鉤会へ入会された方も多々いらっしゃいます。 

この楽しいテンカラを、少しでも多くの方々にご紹介したく、自分自身はボランティアでやらせていただいているのですが、テンカラ教室と毛バリ巻き勉強会、今後ともがんばって続けていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 奥多摩にキャッチアンドリリース区間を作る会会長(←今作った) 吉田孝
明日はテンカラ教室です

明日は毎月TOKYOトラウトカントリーにて開催される、テンカラ教室の講師の日です。

微妙な天気予報でしたが、明日の講習の時間内は、なんとか持ちそうな感じですね。

少々の雨でも、自分の教室は座学が中心なので問題ありません。

講習時も、受講される方々の技量に応じて、臨機応変に対応させていただいております。

午後はウチのメンバーとご一緒に、楽しく毛バリ巻きでもいたしましょう。

明日ご来場のみなさま、道中お気をつけてお越し下さい。

この二枚の写真は、先日行われた「第3回テンカラファンの集い」の時に、「よしださ〜んおねがい」と、突然振られた「管理釣り場対応の釣り方講習」のワンシーンです。

講習中は説明に一生懸命になっているので、どなたに自分の話を聞いていただいたのか、よく憶えていませんでした(失礼)。

しかしよく見ると・・・瀬畑翁石垣先生のお姿が・・・ありゃりゃ・・・

自分のようなテンカラ若輩者の話を聞いていただきありがとうございました。
テンカラに対する探究心と好奇心。自分もいつまでも持ち続けたいと思います

それでは明日。いつものトラウトカントリーにてお会いしましょう。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝
テンカラ関連イベントのお知らせです

テンカラ入門者へのテンカラ教室に、テンカラ経験者からベテランまでご参加いただけるディープな毛バリ巻きの勉強会など、年内のテンカラ関連イベントのお知らせです。 


伝承系ゼンマイ胴剣羽根
------------------------------------------------
11月の予定は

11月19日(土) 
TTCテンカラ教室
11月27日(日) 吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会
------------------------------------------------
12月の予定は

12月17日(土)
 TTCテンカラ教室
12月25日(日) 
吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会
------------------------------------------------

詳しくは各項目(アンダーライン部)をクリック
してください
お申し込みはインターネットのフォーム(24時間受付)もしくは
TOKYOトラウトカントリーへ直接お電話でどうぞ(午前7時〜午後5時)

ここ最近のTOKYOトラウトカントリーは、堀江渓愚テンカラ名人をはじめ、不肖自分と吉田毛鉤会のメンバーとで、多くのテンカラ関連の情報収集や分析および検証と、まさに「テンカラ研究所」の様相を呈してきております。

一般的に数少ないテンカラ関連情報の必要な方。
おひとりでやっていて釣り方などに迷いや疑問を抱いている方。
テンカラ関連の情報交換だけだなく、多くのテンカラ仲間と交流のできる場所がこのTOKYOトラウトカントリーです。

教室だけでなく、テンカラ師なら一年中いつでもウエルカムな釣り場なので、一度は覗いてみてはいかがでしょうか。
みなさまのテンカラの向上に、きっと何かお役に立てることと思います。

以下宣伝ですが、テンカラ教室や毛バリ巻き勉強会にご参加いただく方へ、テンカラの予習と復習にDVDはいかがでしょうか。

DVD テンカラ「一尾釣るまで!」塾。 出演:本多絵里子 中津真莉子 講師:吉田孝

2011渓流夏号 付録DVD「テンカラ毛バリの巻き方」 講師:吉田孝

どちらもつり人社より発売中です。
ネットで購入もできますので、
コチラ(つり人社HP)をごらんください。

ちょっとだけどんなことをやっているのかを知りたい方は、
HONDA釣り倶楽部のつり女子活動記でもご紹介しています。
 
(各アンダーライン部をクリックしてください)

ハリ:オーナー社製へらプロスト#7
アイ&テール:UVオレンジウキ止め糸
胴:ゼンマイ綿毛
蓑毛:雉の剣羽根
スレッド:ブラウン
ヘッドセメント:ブラック

吉田毛鉤 楽しいテンカラ伝道師 吉田孝
--------------------------------------------------

***以下、吉田毛鉤会メンバー向け情報です***

<<<本年も「年忘れ、釣って釣って釣りまくれ、爆釣管釣り釣行会」を12月29日に「FISH ON 鹿留」にて開催予定です。
早速の参加表明(というより今年もやって!)が、いつものTさんよりありました。
特にお申し込み等はありません。朝からでも昼からでも可。
10時に外でお茶。お昼はみなさんでご一緒にランチでもいたしましょう。>>>

<<<それともうひとつ、これまたいつものTさんより、忘年会(飲み会)はいつですか?とのご質問がありました。TTCになかなか行かれない腹いせでしょうか、新宿と渋谷なら場所は確保できるとのこと。金曜か土曜の夕方からスタートという感じですかね。こちらはみなさんで相談の上決めてください。>>>
テンカラ教室のお知らせです

先日のテンカライベント、
「第3回・テンカラファンの集い」も大盛況のうち無事終了致しましたが、
居並ぶBIGネームやあこがれのテンカラ名人の前に、デモや講習を受けても、
「頭の中が真っ白になってしまって〜、何を見たのか何を聞いたのか、よく憶えていませ〜ん」
などという声もチラホラと聞こえました(笑)。

そこであらためて、テンカラ界の小物のこの私が、迷えるテンカラ初心者(及び中級者)の方々と、ご一緒にテンカラをやりながら、座学はじっくり実釣は楽しくレベルアップという、テンカラ教室開催のお知らせになった次第です。(毎月やっていますが)

次回のテンカラ教室の開催日は、11月19日の土曜日となります

 
(先日のヒトコマです)

テンカラ教室についての詳しいご案内は
コチラです←クリックしてください

それともうひとつ、こちらでは毛バリ巻き専門の勉強会も開催しています。
「テンカラ釣りをとるか毛バリ巻きをとるか」と、二者択一を迫られたとしたら、間違いなく「毛バリ」と答えてしまうような毛バリフリークの自分の開催する勉強会ですが、
「巻いたことがないけれど巻いてみたい」という初心者の方から、
ベテランでずっとやってきたが、もっと多くのことが知りたいという方まで、
毛バリを巻くことに興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。(こちらも毎月やっています)

次回の毛バリ巻き勉強会は11月27日の日曜日になります

毛バリ巻き勉強会についてのご案内は
コチラです←クリックしてください

御希望の方のお申し込み方法は、TOKYOトラウトカントリーに直接お電話をいただくか、
(お電話での受付時間はAM7:00〜PM5:00になります)
こちらのブログ案内の中にある「フォームで送信」いただくか、どちらでもお好きな方法でお申し込みください。

------------------------------
テンカラ関連のお買い物

昨日の昼休み、久しぶりにO梅市のKよし釣具店にお邪魔しました。
毛バリのマテリアルの品揃えはかなりある為、自分の欲しいものが大抵手に入るので助かっています。
 
(小物の好む小物類)
で、八ヶ岳のSさんからの頼まれものの剣羽根や、自分で使うマテリアルにツールなど、気にせず備え付けのカゴに放り込み、ちょっと使いやすそうなバッグというか簡易ベストがあったので、それも持ってレジへ行きました。

「うっ。」(汗)

いつもの買い過ぎです(値札くらい見ろよ)。小物だけで諭吉さんが一枚半〜。
自分が小物だけに、小物には目がないので仕方ありませんな(爆)。

そんなわけで今夜もこれからタイイング。
最近は目がキビシイので、ブルーベリー関連のサプリメントも、朝晩摂取するようになりました。

Sさん、土曜日は取材で無事成功(魚が出れば)なら、6日の日曜日にTTCに行きますので、剣羽根はその時にお渡しいたします。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝
年内の予定(テンカラ教室)
 
10月23日(日) テンカラ教室

10月29日(土)30日(日) テンカラファンの集い(締切ました)

11月19日(土) テンカラ教室(11月より第三土曜日に変更しました)

11月27日(日) 毛バリ巻き勉強会(11月より第四日曜日に変更しました)

12月17日(土) テンカラ教室
 
12月25日(日) 毛バリ巻き勉強会
 
上記が教室関連の年内の予定です

年明けには品川のKさん講師の沢歩き教室も開催予定です

お問い合わせは TOKYOトラウトカントリー 電話0428 83 2788 まで

みなさまのご参加をお待ちしています
---------------------------------------------

竿争奪戦?

先ほどコメントにも書きましたが、例の竿(渓愚カスタムシリーズ)が生産終了となり、店舗在庫のみになったようで、自分の周囲の使ったことのある方達の中で争奪戦が繰り広げられているようです(笑)。
本日自分もカスタム32を追加で確保。現在JSY狭山ヶ丘店には39が3本のみとなっています。
店舗間でカスタムシリーズのやりとりが行われるかも知れませんので、欲しい方は各店舗に電話で聞いてみることをオススメします。
---------------------------------------------

スマホでブログが

今日の昼間、スマホでブログをアップしようと試みたところ、先ずスマホ用のテンプレートからは管理画面に入れませんでした(泣)。
PC版に切り替えたら、管理画面には入れるのですが、文字入力がHTMLでしかできず、改行やスペース等が微妙で、一度書いて消しました。
チラ見させてしまった方には申し訳ございませんでした。
ん〜弱った。写真の投稿と、ひとことふたことならなんとかなりますが、リンクを貼ったり、文字に色を着けたりができません。
せっかく釣り場からのリアルタイムブログをまともにできるかと思っていたのに・・・。
これでは携帯からの投稿の方が入力しやすいので、格下げではないですか(泣)。
管理会社、なんとかしてくれ。
---------------------------------------------

**追伸です**

いさおさん、竿のお金は慌てなくて大丈夫ですよ。
29日でオッケーです。お気遣いありがとうございます。

明日明後日は天気もあまりよくなさそうですが、日曜日はテンカラ教室です。
ご来場のみなさまとご一緒に、楽しくテンカラをやりましょう!!

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝
テンカラ教室のお知らせです
(第22回・TTCテンカラ教室)

今週末10月23日(日)TTCテンカラ教室の開催日です。
前回は台風の影響で中止になってしまいましたが、ここのところのTTCの水況はよく、秋の渓流の気持ちのよい雰囲気の中での教室開催となりそうです。
「テンカラとは何ぞや?」
「やってみたいけど何もわからん」
「やってみたけどやっぱりわからん」
等々、入門者からレベルアップしたい方まで、座学と実釣でわかりやすくご説明しています。
くわしくは
コチラをクリックしてください←お申し込みもコチラです

------------------------------------
本日は休み

さて本日は久しぶりに休みでした。
プライベートの時間が取れたのも久しぶりです。
しかし都心の実家に用事があったため、朝7時には家を出ました。
用事を済ませ帰途に。
Aらふる夫妻のさんやWさんのテリトリーである円寺付近や平付近を通過しながら、今日は品川のさんに夫妻は愚支配人のTTCに行っているのかな〜などと思っていたら、ODW東大和店に到着です。店内に入り、ここのフライ担当のさんと情報交換などして、毛バリ用の材料を購入しました。
 (わけのわからん材料ですね) 
毛バリに使うにはよくわからない材料だなぁとお思いの方。それは正しいです。
自分でもよくわかりません(笑)。
いずれ確立したら、どこかでご紹介させていただくと思います。

それにしてもの文字が・・・・どうでもいいのですが・・・

------------------------------------
宣伝です

今日の実家への用事のひとつに、コレを取りにいくということがありました。
銀座のアコおばちゃん特製「食べるピーマン醤油」です。
工場生産も開始して売れ行きも順調だそうです。
近隣にお住まいの方は銀座・旬菜アコまで。←クリック(食べログ)
 (食べるピーマン醤油)
そのままご飯にのせてよし、炒め物の味付けによし、冷奴にキュウリにアボカド。
要するに何につけて食べてもオイシイです。

ところで「銀座のアコおばちゃん」って誰?・・・・・親です。自分の。
お店の方もよろしくどうぞ〜(笑)。
------------------------------------
会員向け情報です 

先ずは人間岩魚のいさおさん。カスタム32確保しておきました。
JSY狭山ヶ丘店の店長のO澤さんに伺ったところ、やはりこのモデルの生産は終了で、次の機種へ移行していくようです。カスタムは店頭在庫で終わりだそうです。
Uさん、次期モデルですか?発売予定日は誰〜に聞いてもわかりません(笑)。
 (ブログに出したので在庫がぁ〜)
最近ブログに出すと在庫がヤバくなることが多いので、自分も一本いっときますかね。
取材で、あの55センチの「ボラ」の突進を止めたり、40アップ連発の「マルタ」を押さえ込んだのも、このシリーズのカスタム39でした。
テーパーラインやフライラインにもドンピシャの竿。「海テン」でも使用頻度の高いカスタム39は1本しか手元にないので、ん〜ダメだダメだ。
考えているとイライラするので、やっぱり明日買いに行きます。

次ですが、原テンカラのストレートアイ#3と#4に、フロートリガーの#12と#10を5パックづつ、O澤店長に注文をお願いしておきました。
11月頭には全て自分の手元に届くと思うので、メンバーで欲しい方は声を掛けてください。

それと八ヶ岳のSさん、申し訳ございませんが、21日の昼の部の旬菜アコは休み(夜のみオープン)だそうです。よろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 止め処なく 増え続けるのは 竿ばかり 釣れる魚の 数は変わらず 吉田孝

 (撮影の撮影)
撮影:いさおさん
年内スケジュール(確定事項)

朝晩は肌寒さも感じるようになり、いよいよ今週でほとんどの一般河川は禁漁期に入りますね〜。
当ブログをお読みいただいている方々は、今期はよいテンカラができましたでしょうか。

よいテンカラができた方、できなかった方、それぞれ禁漁期に入り、思うことがあると思います。
ただその中で、みなさまに共通の思いがひとつだけ・・・・・それは・・・・・来期はもっと・・・。

もっと上手くなりたい
もっと魚を釣りたい
もっと満足のいく釣りをしたい
もっと遠くに釣りにいきたい
もっと落ち着いた釣りがしたい
もっとのんびりと釣りがしたい
もっと、もっと、もっと・・・・・

欲望のかたまりのような言葉ですが、「向上心」とでも置き換えれば言葉的にはよいのでしょうか。
いずれにしろ、今日より明日、明日より明後日の方が、少しでも自己満足できるテンカラをやりたいと思うのは自分だけではないと思います。

来期に向けての道具作り、体力アップ、関連書籍で知識を高める。
禁漁期ですが、それぞれそれなりにやることはありますね〜。

そんな禁漁の期間ですが、TOKYOトラウトカントリーも、吉田毛鉤会も元気にイベントを開催しております。
常連の方、会員の方、情報収集にステップアップしたいと思うテンカラ師の方、そしてこれからテンカラをやってみようと思う方。
どなたでもウエルカムなTTCの関連イベントに、ぜひともご参加いただきたいと思います。

あ、のぞきにくるだけでも大丈夫です。
多くのテンカラ師の集まるTTC。
テンカラ仲間のコミュニケーションの場所で、有意義な時を感じることができます。

以下はTOKYOトラウトカントリー及び、吉田毛鉤会関連の確定したスケジュールです。
禁漁期もよろしくどうぞ。

 (日原山女魚)

----------10月----------
15日(土)第12回吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会
23日(日)第22回TTCテンカラ教室
29日(土)30日(日)老眼天空本舗主催・毛バリフリークの集い(於:TTC)
くわしくはコチラから←クリック「老眼天空本舗HP」

----------11月----------
(11月から第三土曜がテンカラ教室、第四日曜が勉強会に変更致します)
19日(土)
TTCテンカラ教室
27日(日)吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会

----------12月----------
17日(土)TTCテンカラ教室
25日(日)吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会

--------------------------
テンカラ教室の詳細とお申し込みはコチラ←クリック

毛バリ巻き勉強会のお申し込みはコチラ←クリック

TOKYOトラウトカントリーのHPより←クリック


 
(UVヘッド孔雀胴剣羽根)

吉田毛鉤 夏も過ぎ 体調体重 上がり気味 吉田孝 

 (何これ?)


8月の各テンカラ教室の日程です

8月13日(土)第10回毛バリ巻き勉強会
8月28日(日)第21回TTCテンカラ教室

毎月2回のテンカラ関連教室ですが、
基本的に、第二土曜日
が毛バリ巻きの勉強会。
第四日曜日がテンカラ教室となっております。
(変更の場合ブログにてお知らせします)

各教室の主旨がございますので、以下ブログ内リンクをクリックしていただき、よくお読みの上お申し込みください。

テンカラ教室はコチラ←クリックしてください
毛バリ巻き勉強会はコチラ←クリックしてください

上記よろしくお願いいたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

追伸*7月のインフォメーションをアップデートしていますので、コメントが後先になっております。ご了承ください。
7月24日(日)はテンカラ教室です

この一両日、かなりな蒸し暑さの中、過酷な取材(笑)がありました。
で、毛バリもテンカラもネタがありません(汗)。

連日のネタ探し、写真撮影にダウンロード、そしてブログを書くというのはかなり大変な作業でして、取材に生業(食う為)に本業(テンカラ)に家庭にと、八面六臂で動いてるので、たまには休憩させてください(泣)。

ただし自分の頭の中には、書きたいことが無尽蔵にあるのです。
それを形にするのが大変なのです。
ですが、自分のこんなブログでも

「毎日見てます!」「楽しみにしています!」

などというお話を聞くと、できるだけ毎日アップしようと、努力だけはしているつもりです。

そんな私が講師をしている「TTCテンカラ教室」。
次回は7月24日(日)の予定です。詳しくはブログ内リンクを←クリック

8月の予定は13日(土)が、みなさんお待ちかねの、ディープなディープな毛バリ巻きの世界へ誘う、
「吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会」←クリック

28日(日)がTTCテンカラ教室の開催日です。

各教室には、主旨がございます。
注意事項等をよくお読みの上、ネット上のフォームか、お電話にてお申し込みください。
お申し込みの人数確認等はコチラのTTCブログで←クリック

それでは各教室、よろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター テンカラ毛鉤師 吉田孝

--------------------------------------------------
*追伸*(主に吉田毛鉤会会員様)
PCの電源が入らなくなったり、やたら速度が遅くなったりしています。
そろそろヤバそうです。
勤務先のPCはセキュリティの関係上使用出来ず、携帯でコメントのお返事は書いています。
PCがパンクしたら、しばらくはブログが止まるかも知れません。二三日アップが滞っていたり、メールのお返事が届かない場合は、自宅PCが壊れたと思ってください。
ヨロシクどうぞ〜。
TTCテンカラ教室(第19回)のお知らせです

6月26日(日)*初心者・中級者向けのテンカラ教室の開催日です*
詳しくはアンダーライン部をクリックしてください

自分は日常、トンデモナイ速度で生活しているらしく、一昨日の末川は、もうずいぶん前の出来事のようでもあり、二週間前の石徹白にいたっては、一年も前の事のように思われます。
まぁ連日の5時間睡眠と、生業副業に家事と、たたみかけるようにこなしていれば、それも納得できるのですが。
 
右から、フックサイズ21番のCDCカディス、18番のミッジドライ、・16番のパラダンに、同じサイズのパラシュートなど。

同じケースのB面は、エルクとディアーのカディス各種。
こちらも16番から12番まで。

こちらはドラテン用に目玉蜉蝣と、BHに剣羽根などなど。
16番から10番まで。

このケースのB面は、BHマラブーと大きいカディス各種。
12番から8番サイズまで。

逆さ毛バリケースは12番から16番まで。

この他に沈み系のテンカラ毛バリと、小さいBHニンフが、基本的に自分が通常行う「テンカラ毛バリ」の布陣です。
ミッジしか食べていない「ディンプルライズしている魚」から、大淵の底にムラサキトビケラにアタックするイブニングライズまで、一応対応できるようにしているつもりです。テンカラですが(笑)。

実は取材の為、毛バリ入れを綺麗に整理したので写真を撮りました。
(いつもはテストピースなどもあるので、毛バリケースはシッチャカメッチャカです)
今回はまともな渓流魚を相手にしてきます。
(いつもは違うのかよ)  

何ゆえに自分はテンカラ師でありながら、各種の毛バリをローテーションさせているのか。
サンデーアングラーの我々が、フィッシングプレッシャーの高い釣り場で、
どのようにしてテンカラをやっているのか。
教室ではそんな話も含めて、みなさまにご説明したいと思います。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

-------------------------------------------------------
*追伸*
吉田毛鉤会の会員様。
そして新メンバーのいさおさんに品川のKさん。
当会のイベント、その他のインフォメーション等は、このブログ上にてお知らせいたしております。
チェックして、ご意見ご質問等ございましたら、ブログのコメント欄、もしくは自分のPCメールに送信いただければよろしいかと思います。
先ずは26日の教室終了後、午後から会員様向け限定、プチ毛バリタイイング教室を開催予定です。
適当ですが、おおよそ午後1時開始ということで、お集まりいただけるよう、よろしくお願いいたします。
会員証の毛鉤帽2011バージョンも再入荷しました。
当日お渡しいたしますので、よろしくお願いいたします。