8月の各テンカラ教室の日程です

8月13日(土)第10回毛バリ巻き勉強会
8月28日(日)第21回TTCテンカラ教室

毎月2回のテンカラ関連教室ですが、
基本的に、第二土曜日
が毛バリ巻きの勉強会。
第四日曜日がテンカラ教室となっております。
(変更の場合ブログにてお知らせします)

各教室の主旨がございますので、以下ブログ内リンクをクリックしていただき、よくお読みの上お申し込みください。

テンカラ教室はコチラ←クリックしてください
毛バリ巻き勉強会はコチラ←クリックしてください

上記よろしくお願いいたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

追伸*7月のインフォメーションをアップデートしていますので、コメントが後先になっております。ご了承ください。
7月24日(日)はテンカラ教室です

この一両日、かなりな蒸し暑さの中、過酷な取材(笑)がありました。
で、毛バリもテンカラもネタがありません(汗)。

連日のネタ探し、写真撮影にダウンロード、そしてブログを書くというのはかなり大変な作業でして、取材に生業(食う為)に本業(テンカラ)に家庭にと、八面六臂で動いてるので、たまには休憩させてください(泣)。

ただし自分の頭の中には、書きたいことが無尽蔵にあるのです。
それを形にするのが大変なのです。
ですが、自分のこんなブログでも

「毎日見てます!」「楽しみにしています!」

などというお話を聞くと、できるだけ毎日アップしようと、努力だけはしているつもりです。

そんな私が講師をしている「TTCテンカラ教室」。
次回は7月24日(日)の予定です。詳しくはブログ内リンクを←クリック

8月の予定は13日(土)が、みなさんお待ちかねの、ディープなディープな毛バリ巻きの世界へ誘う、
「吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会」←クリック

28日(日)がTTCテンカラ教室の開催日です。

各教室には、主旨がございます。
注意事項等をよくお読みの上、ネット上のフォームか、お電話にてお申し込みください。
お申し込みの人数確認等はコチラのTTCブログで←クリック

それでは各教室、よろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター テンカラ毛鉤師 吉田孝

--------------------------------------------------
*追伸*(主に吉田毛鉤会会員様)
PCの電源が入らなくなったり、やたら速度が遅くなったりしています。
そろそろヤバそうです。
勤務先のPCはセキュリティの関係上使用出来ず、携帯でコメントのお返事は書いています。
PCがパンクしたら、しばらくはブログが止まるかも知れません。二三日アップが滞っていたり、メールのお返事が届かない場合は、自宅PCが壊れたと思ってください。
ヨロシクどうぞ〜。
TTCテンカラ教室(第19回)のお知らせです

6月26日(日)*初心者・中級者向けのテンカラ教室の開催日です*
詳しくはアンダーライン部をクリックしてください

自分は日常、トンデモナイ速度で生活しているらしく、一昨日の末川は、もうずいぶん前の出来事のようでもあり、二週間前の石徹白にいたっては、一年も前の事のように思われます。
まぁ連日の5時間睡眠と、生業副業に家事と、たたみかけるようにこなしていれば、それも納得できるのですが。
 
右から、フックサイズ21番のCDCカディス、18番のミッジドライ、・16番のパラダンに、同じサイズのパラシュートなど。

同じケースのB面は、エルクとディアーのカディス各種。
こちらも16番から12番まで。

こちらはドラテン用に目玉蜉蝣と、BHに剣羽根などなど。
16番から10番まで。

このケースのB面は、BHマラブーと大きいカディス各種。
12番から8番サイズまで。

逆さ毛バリケースは12番から16番まで。

この他に沈み系のテンカラ毛バリと、小さいBHニンフが、基本的に自分が通常行う「テンカラ毛バリ」の布陣です。
ミッジしか食べていない「ディンプルライズしている魚」から、大淵の底にムラサキトビケラにアタックするイブニングライズまで、一応対応できるようにしているつもりです。テンカラですが(笑)。

実は取材の為、毛バリ入れを綺麗に整理したので写真を撮りました。
(いつもはテストピースなどもあるので、毛バリケースはシッチャカメッチャカです)
今回はまともな渓流魚を相手にしてきます。
(いつもは違うのかよ)  

何ゆえに自分はテンカラ師でありながら、各種の毛バリをローテーションさせているのか。
サンデーアングラーの我々が、フィッシングプレッシャーの高い釣り場で、
どのようにしてテンカラをやっているのか。
教室ではそんな話も含めて、みなさまにご説明したいと思います。

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

-------------------------------------------------------
*追伸*
吉田毛鉤会の会員様。
そして新メンバーのいさおさんに品川のKさん。
当会のイベント、その他のインフォメーション等は、このブログ上にてお知らせいたしております。
チェックして、ご意見ご質問等ございましたら、ブログのコメント欄、もしくは自分のPCメールに送信いただければよろしいかと思います。
先ずは26日の教室終了後、午後から会員様向け限定、プチ毛バリタイイング教室を開催予定です。
適当ですが、おおよそ午後1時開始ということで、お集まりいただけるよう、よろしくお願いいたします。
会員証の毛鉤帽2011バージョンも再入荷しました。
当日お渡しいたしますので、よろしくお願いいたします。
当ブログ内では「竹取物語」で盛り上がっていますが、

6月のTTC(東京テンカラ倶楽部じゃなくって、東京竹竿倶楽部じゃない、TOKYO TROUT COUNTRY) の各教室のお知らせです。(各アンダーラインをクリックしてください)

先ずは直近の11日(土)ですが
「第8回・吉田毛鉤の毛鉤巻き勉強会」の開催予定です。
TTC2階の多目的スペース(通称座敷、別名宴会部屋)にて、午前中3時間、初心者からベテランまで、みなさんで、談笑に情報交換、そして楽しく毛バリを巻きましょうという、自分も個人的にはのんびりゆったりできる勉強会ですので、お気軽にご参加ください。
雨の予報も出ていますが、「釣りより毛バリ」なんて方も多いので、まぁまぁ楽しくやりましょう。

それと26日(日)
「第19回・TTCテンカラ教室」を開催します。
こちらはテンカラ導入の教室ですが、迷える中級者の方へのステップアップにもお答えできるようにしてありますので、ご質問等用意して気軽にご参加ください。

余談ですが、つり人社発行のDVD、テンカラ「一尾釣るまで!」塾。を購入し、教室にご参加いただく前に、ご自宅でじっくり予習なんかしてから来ていただけたるすると大変ありがたいことでして・・・って、僭越ながら宣伝でした(笑)。

もうひとつ宣伝ですが、おなじくつり人社刊、別冊渓流2011夏号にも、素敵なオマケのDVDがついています。一生懸命やりました。内容は・・・・・お楽しみに!
こちらは6月14日発売予定です。よろしくお願いいたします。

明日は月刊つり人、毛鉤異魚種行脚「テンカラ一本やり勝負!」の取材日です。
さてさて明日はどんなお相手がターゲットになるのでしょうか。
お読みいただく方々にお楽しみいただけるよう、自分も楽しみながら頑張ってきます!!

吉田毛鉤 テンカラ師(一応) 吉田孝
教室開催予定(6月)

昨日、自宅近くの上州屋「狭山ヶ丘店」に行ったところ、
以前から安定供給できそうですと店長に聞いていた「剣羽根」が入荷していました。
これでしばらく困らないで済みそうです(笑)。

  

それともうひとつ、そういえば最近すっかり気にとめていなかったへら鮒のハリですが、
しばらくぶりにじっくり見ると、自分的に理想の(好きな)形状のハリを発見したので、
これも購入しました。

 

スレバリなのでバーブレス加工の必要は無し。
チモト(耳)をペンチでへし折って、バリをいつものルーターで削れば完成です。

巻いた毛バリは伝承系剣羽根(黄胴黒頭)ですが、広めのゲイプ(フトコロ)に、
気持ちネムリがかったハリ先がなんともいえず、いい雰囲気のテンカラ毛バリになりました。

しかし・・・イマイチ毛バリの出来にキレがありません。
納得がいかない。やはり体調不良のせいでしょうね。

自分のように常に毛バリを巻き続けていると、
体調や心境の変化が毛バリにも表れてしまい、納得のいくものが出来ないのです。

んなわけで、今夜も投薬&早めに休みます。

----------------------------------------
さて本題の、「TTCでのテンカラ教室」関連の予定(6月)ですが、

6月11日(土)「第8回・
吉田毛鉤のテンカラ毛バリ勉強会」←くわしくはクリック

6月26日(日)「第19回・
TTCテンカラ教室」←くわしくはクリック

の日程で開催いたします。

毛バリ勉強会は午前中3時間、「毛バリ巻き」をみなさんとご一緒に行います。みなさんのご質問にお答えしたり、お題を頂戴したり、という形で開催しています。何度でもご参加いただき、みなさまと楽しく毛バリ巻きをいたしたいと思います。

テンカラ教室は基本的に「テンカラ導入」の教室です。他にはやってみたけれどイマイチわからないという方や、初心者のレベルからステップアップしたい方向けの教室になっております。一度受講すれば「テンカラとは何ぞや」という基本的なことはご理解いただけるようになっておりますが、何度でも受講したい方はどうぞ。

お申し込みは
コチラ←クリック
このフォームに受講したいコースと日時、及び必要事項を記入の上送信してください。
出来るだけ早いうちにお返事を差し上げます。
(個人情報保護法に基づいて、内容等は一切公表されません)

どちらもよろしくお願いいたします。
-------------------------------

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

テンカラ教室締め切り

「テンカラ入門」
「迷えるテンカラ初心者」
「ステップアップしたいテンカラ中級者」の方に
無料で(TTCの入漁券のみ)開催しているテンカラ教室ですが、

御好評により、

「20名」もの方にお申し込みをいただきました。

過去最大の人数です。ありがとうございます。

さすがに自分ひとりでは時間的にも手が回らないので締め切りにさせていただきました。
堀江支配人にもヘルプをお願いいたしました。

お子さんも含め、初めてテンカラに触れる方も多いので、
「このテンカラの楽しさを、いかにお伝えできるか。」ということを念頭に、
一生懸命やりたいと思います。


ご参加のお申し込みをいただいているみなさま。
堀江師匠共々よろしくお願いいたします。
----------------------------------

ここで昨日の毛バリの続きを。
 
(昨日の毛バリ)
昨日は鮎の掛けバリで、逆さ毛バリを巻きました。
 
(パラシュートポストを)
昨日の毛バリを作っていて、この形状のハリは、角度といい細さ(重さ)といい、どうみても水面に浮かべて釣ると具合がよさそうでしたので、ポストを立ててパラシュートを巻いてみました。
 
(陸生昆虫の時期に)
黒と黄色のシェニールを交互に巻き、女郎蜘蛛やハチをイメージした、夏向きの毛バリを作ってみました。
 
(やっぱり蜘蛛かな)
巣から間違って「ポトッ」と水面に落ちた蜘蛛。
下から見上げるとそんなイメージです。

テンカラ毛バリはアトラクターからリアルイミテーションまで、これといった決まりがないので、本当に自分のイメージで色々な毛バリを巻くことができますね。

このボディの作り方は、「吉田毛鉤の毛バリ巻き勉強会」への参加者から、
「どうやってつくるのですか?」と確実に質問を受けそうです。
作り方は次回の勉強会で詳しくご説明いたしますので、「蜂頭」(ハチガシラ)、「蝿頭」(アブガシラ)も含めて作りましょう。

マテリアルショップにて「シェニール」の太さ「0番」の「黒」「黄色」「白」をご用意ください。
---------------------------------

ではでは明日は英気を養うために、自宅待機といきますか。
テンカラ教室!!頑張ります!!!

吉田毛鉤 TTCテンカラインストラクター 吉田孝

明日はTTCに於いて、「吉田毛鉤の毛鉤巻き勉強会」を開催いたします。
 
午前8時から開始になります。タイイング道具をお持ちの方はご用意をして、
TTCカウンターにて「毛鉤巻き勉強会参加」の旨お伝えください。

それでは今回も楽しくやりましょう。

吉田毛鉤 テンカラ(毛バリ巻き)インストラクター 吉田孝

過去の勉強会の様子は
コチラです

今週末の土曜日(14日)は、二ヶ月ぶりの「毛鉤巻き勉強会」を開催いたします。←クリック

過去の教室にご参加いただいた方々や、自分の会のメンバーの中でも、最もご要望の多いことが、「色々な毛鉤を巻いてみたいので、毛鉤巻きを教えてくれ」ということでした。

そこで通常のテンカラ教室より独立し開催したこの教室。
先月はチャリティーイベントを行いましたので一回お休みとしていただきました。
すると、「つまらん」「毎月じゃないと嫌だ」等々、ありがたい(笑)お声もいただけましたので、今回はいつも以上に楽しい勉強会にしたいと思います。

それもそうですが、やはり同じ趣味を持つ仲間と、勉強会であれなんであれ、東京テンカラ倶楽部に集まり、テンカラサロンで談笑するのが本当に楽しいと思います。

ご参加にはまだ余裕がございます。

興味のある方はぜひ。みんなで楽しく毛鉤を巻きましょう!

吉田毛鉤 テンカラ(毛鉤巻きも)インストラクター 吉田孝

その他の予定は←コチラ

 
先日のTTCのテンカラ教室の後、ひさしぶりに巻いた剣羽根の毛バリで釣ってみたのですが、
「岩盤沿いをドラグドリフト」
「瀬での逆引き」
「瀬の肩での止め釣り」
「アップでナチュラルドリフト」
「瀬脇を誘いをかけながら」と
ひとっ通りの釣り方で魚が出ました(ちゃんと取れたのは内3匹ですが)。
(さてここで問題です。ちゃんと取れたのは上記の5つの状態の内どれでしょうか。答えを今夜中にコメントに入れていただき、正解した方には次回TTCでお会いした時に、毛バリの1本も差し上げます。剣羽根じゃないけど。ヒントはセオリー通りというか、掛かりやすい順番の通りというか。わかる方には簡単です。先着5名様)
 

まぁ冬季は出番がなく、この剣羽根の毛バリを使って実釣したのもひさしぶりでしたが、使ってみるとやはり操作性が抜群。シルエットが崩れず、特に表層を引くのには非常に使い勝手がいいですね〜。
モンカゲロウの時期ももう少しだと思うので、クリーム色のボディで作ったら、視認性もGOODでした。

ただこの剣羽根の難点は
「材料が手に入り辛い」
「材料の値段が高い」
そしてなにより「ハックルの材料の中で一番巻き辛い」ということでしょうか。

巻き方を知りたい方は、
ディープなディープな毛鉤巻きの世界、TTCで月イチ開催の
「吉田毛鉤の毛鉤巻き勉強会」の時にでもご質問いただければ、巻きながらご説明いたします。

5月のTTCの教室は
5月14日(土曜日)は「毛鉤巻き勉強会」
5月22日(日曜日)は
「テンカラ教室」
の予定です

「わかりやすい」「楽しい」そして「初めてでも1尾は釣っていただく」と、いつも宣伝させていただいている
DVDさながらの教室です。どうぞ奮ってご参加くださいね〜。



さてさて今週末、まさにゴールデンウィーク真っ只中に一般河川での渓流魚の取材(おっ!ひさしぶり!)のお話をいただきました(笑)。
どうでもいいけどそんな時に魚を出せるのでしょうか。
撃沈しないように「剣羽根」を引っさげて頑張ってきます。

吉田毛鉤 今週はメンタル調整もして本腰入れて取材にかからないとヤバイぞ 吉田孝
先日は、震災復興義援金集めの、TTC&吉田毛鉤会合同チャリティー釣行会も無事に終わることができまして、ご参加にご協力いただいた方には、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

 (次回はコレ?!緑の羽根ならぬ緑の毛バリ募金?)
-----------------------------------
4月も半ばになり、時間帯によってはライズもよく見られるようになってきました。
渓流はとっくに解禁でしたが、諸般の事情により出足を控えていた方も多いと思います。
しかしここへきて、テンカラシーズンもいよいよ開幕というところになってきました。

「今年はテンカラをやってみたい」、「テンカラに挑戦してみよう」と思っていらっしゃる方は、絶賛?発売中のDVD、テンカラ「一尾釣るまで!」塾。を見ていただくとして・・・・・おっと、それもありますが、TOKYOトラウトカントリーでのテンカラ教室のお知らせです。

***次回の開催は4月24日の日曜日です***

受講要綱はコチラ←(クリックしてからよくお読みください)

お電話でのお問い合わせは
TOKYOトラウトカントリー TEL0428-83-2788 まで

ネットでお申し込みの方は、教室参加日をご記入の上、以下のフォームからご送信ください。
(個人情報保護法に基づいて、記載内容、メールアドレス等は公開されません)
その他のご質問につきましても、その旨記入し、同じくご送信ください。

吉田毛鉤へのお申し込み&ご質問フォーム

老若男女、どなたにも楽しいテンカラをということで、釣りすら全くやったことのない方から、自己流で始めても、なかなかよくわからないと思われたかたまで、どなたにもなるべく簡単にご理解いただけるようにご説明させていただいております。こんな感じでやっています?!

それではよろしくお願いいたします。

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝