明日はTTCでK-カップが開催されます



 明日は奥多摩のTOKYOトラウトカントリーで、第4回目になるK-カップの開催日。私も準備のため早朝に行く予定だ。

 毛バリの持ち込みはダメ。大会開始と同時に『その場(会場)で巻いた毛バリのみで勝負してもらう』という面白ルールを提案させていただき、楽しい大会になるのでそのルールは継続させていただいている。

 景品もたっぷりご用意してのこの大会。腕を競う目的よりも、テンカラとフライ、同じ毛バリを使って釣りを楽しむもの同士、親睦を兼ねての競技となるので、今年も和気藹々とした大会となると思う。

 問題は下がり気味の水温にどう対処するかということになるが、ご参加予定のみなさま、明日は自分の持てる力を発揮し、思う存分楽しんでください。

 ということで、明日の朝はお気を付けてご来場ください。
 

*集合時間に間に合うよう、時間に余裕を持ってご自宅を出発してください。
*大会に使用するもの各種(タイイング道具一式・釣り道具一式・雨具・足回り等々)、お忘れ物のないようにお願いいたします!!



吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
K-カップの賞品を提供

 TTCで毎年開催される釣りの大会。今年で4回目となります。
 競技というよりは、毛バリ釣りを趣味とする方たちの親睦を兼ねたイベントでもあります。
 そんなK-カップには各賞に応じて賞品があるのですが、私は写真のものを提供することにしました。



 先ずは「某」カスタム3.9メートルのテンカラ竿を。
 それと参加者全員に、フジノライン製のテンカララインかハリスを提供することにしました(種類は選べませんのでご了承ください)。
 
 大会まで1週間と少しです。
 ご参加予定のみなさまには、体調不良により欠席・・・などということのないよう、ご自愛いただきたいと思います。

 私はといえば、私的公的両方の色々な用事を抱えてしまい、身動きがとれない状態が続いております。
 大会にはオフィシャルで参加することになっておりますが、その時までには多少なりとも問題が片付いていることを祈るのみです。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 


にほんブログ村
ジャパンフイッシングショー・テンカラ座談会開催

 本日はジャパンフイッシングショー2016会場内、つり人社ブースにて『テンカラ座談会』を開催しました。



 座談会は石垣テンカラ大王、老眼天空倉上御大、別冊渓流真野編集長、そして私の4名でスタートです。



 それぞれのテンカラをそれぞれが解説したのですが、何をさておき釣り業界全体からすれば、かなりなマイノリティのテンカラの話。
 その話を聞くために、私の想像よりもすいぶんと多くの方々にご参加いただいたことに正直驚きを感じました。

 しかしそれは嬉しいこと。



 石垣先生や倉上さんのような先輩のみなさんが、地道に普及活動をしているおかげだと思います。

 この件に関してましては、私もテンカラ教室を通じて、さらに頑張らないとなりません。



 トークショーの後は3人並んでサイン会を。小さなお子さん連れの方もいらっしゃいまして、まことにありがたい限りです。

 ご参加いただきましたみなさま、ご協力いただきましたみなさま、本日はありがとうございました。
 
 またみなさんとお会いする機会があると思いますので、その時はよろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 日々是感謝 吉田孝


 追伸:



 終了してからは吉田毛鉤会「桜組」のメンバーと中華街に繰り出し、ちょっと遅めの新年会を。
 昼間っから酔っ払い、腹筋崩壊トークでおひらきとなりました。
 ご参加いただいたメンバーのみなさま、ありがとうございました。
 そして撮影にご協力いただいたなみへい姐さん、重ねて御礼申し上げます。


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村  
トークショーに参加します(フィッシングショー2016)


 1月29日〜31日まで開催される『ジャパンフィッシングショー2016』。

 イベント会場内の『つり人社』ブースにてトークショーが開催されます。

 私の出番は1月30日(土)午前11時30分からの【別冊渓流テンカラ対談】に。
 石垣テンカラ大王と老眼天空本舗の倉上御大、そして吉田毛鉤ということで、末席に加えていただくことになりました。
 メンバーがメンバーなので、「オヤジどもの漫談にならないように!」と釘をさされています(笑)。

 ということで、会場へ足をお運びいただきましたテンカラファンのかたがいらっしゃいましたら、オヤジどもの漫談を聴きにきていただければありがたく存じます。
 -----------------------------------------------------------------

 さてさて、私のホームでもある奥多摩の渓流解禁まで残すところ1ヶ月半。

 禁漁期も管理釣り場を利用して、一年中テンカラを楽しんではいるが、やはり自然渓流、しかも放流ではない奥多摩支流の在来の美魚に5ヶ月振りに会えると思うとワクワクしてくる。

 解禁絡みの原稿に、販売用の毛バリ等々、年末からの関連業務もひと段落したので、そろそろ自分の解禁準備に入ろうかと思っている。
 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 


にほんブログ村  
第4回K-カップのお知らせです



みなさまのご参加をお待ちしております

●お申込みはTOKYOトラウトカントリーまで


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
第5回吉田毛鉤会忘年会

 今回で5回目となる、年末恒例の吉田毛鉤会忘年会。
 今年も新宿のどん底からスタートである。



 年齢、性別、仕事の違うメンバーが、他人のことにあれこれと口出しすることなく、酔っぱらってぐだぐだウンチクをかたむける奴もいず、大人になって純粋に、ただただ楽しく盛り上がれるのは掛け値なくこの忘年会だけだと自負している。
 これもひとえにテンカラという釣りをきっかけに出会うことができたメンバー達のおかげと、会の代表に座らさせていただいている私は平身低頭感謝するのみ。



 良き仲間と良き酒を酌み交わし、会場を移した二次会では、歌って踊って今年も大団円を迎えることができた。
 ご参加いただいた方ならご理解いただけると思う、年齢性別職業全てを凌駕したこの楽しい付き合いを、未来永劫続けていきたいと、私としても確固たる思いをあらためて持つことが出来た。



 申し訳ないけどご参加いただけなかった人は悔やんでください(笑)。

 ということで、ご協力にご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!!これで心おきなく新年を迎えることができます。

 この楽しい付き合いが今後も末永く続くよう、代表の私としても努力と精進を重ねていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
明日は第5回吉田毛鉤会忘年会の開催日

 吉田毛鉤会を発会して以来、毎年開催している忘年会も今年で5回目となった。
 
 先ずは毎年段取りいただいている吉田毛鉤会宴会部長、いつもうたげのTさんに感謝するとともに、これまでご参加いただいた方々にも感謝したいと思います。

 これ以外にもハーフタイム慰労会を開催していますが、こうして時々仲間と合い、その年やその時々の釣行時のネタや毛バリ談義に花を咲かせるのも本当に楽しいものです。

 諸般の事情により、今回ご参加いただけなかった方も、随時飲み会は企画したいと思いますので、またの機会のご参加をよろしくお願いいたします。

 それ以外にも年内にはまだまだ毛バリ研究会がありますので(12月20日)、一般の参加の方も含め、ご参加の程よろしくお願いいたします。


お申込みはコチラ←クリックしてください


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


(以下は第1〜第4回の、懐かしい忘年会の記事になります)

http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1597
http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1296
http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1011
http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=691


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
サンスイトラウトフェスタ2015


(多くのトラウトファンで賑わっていた)

 今年も開催されたサンスイ主催のトラウトフェスタ。
 サンスイオリジナルテンカラロッド、レッドスナイパーの宣伝をさせていただいた縁もあり、今回も出かけてきた。

 http://fishingtackle-sansui.com/item/23752-713.html


 シマノのブースでは、テンカラで孤軍奮闘中の石垣先生も頑張っておられたので、冷やかし・・・じゃなくって応援に。


(相変わらずお元気な石垣テンカラ大王)

 他のメーカーさんや、いつもお世話になっている「つり人社」の関係者の方々へのご挨拶も済ませ、場内をウロウロしていたら、
吉田毛鉤会のメンバーに合った。

 新製品に直接触れてみることもできるし、イベント価格での物販もあるので大勢の方々が来場していた。モチロン私も少々散財してきたのだが(笑)。

 天気は良かったが、場所が場所だけに(プールサイド)寒いのは毎年のこと。午後からは所用もあり、冷えて腰痛が出てきたので帰途についた。

 こういったイベントは新製品の紹介やデモンストレーションだけでなく、旧知の友人に会うこともできるし、なかなかイイと思っている。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 

にほんブログ村
水生昆虫の勉強会に参加してきました

 今日は(一社)全日本釣り団体協議会・JOFI東京の一員として、吉田毛鉤会所属のきょ→じさん、ぺたうろさんの両名とともに水生昆虫の勉強会へ参加してきました。


(顕微鏡で見ながら、詳しく解説していただきました)

 開催地は渡良瀬漁協の管轄の秋山川で、漁協のみなさんとご一緒に参加させていただきました。


(採取の方法から分類、標本作りからデータを集めるまでを解説されています)

 全釣り協役員の鈴木さんの助力により、水生昆虫の専門家でもある金田先生を招聘しての勉強会でしたが、採集方法、大きく種をどう分けるか、標本をどのように作り、そのデータをどうまとめるかということを、丁寧に解説していただきました。


(顕微鏡とモニターを使用、漁協のみなさんも食い入るように聞いていました)

 私のやっているテンカラでも使用する毛バリのモデルは、大きく水生昆虫と陸生昆虫に分けられます。
 そのようなわけで、水生昆虫のことは以前から少しばかりは勉強をしていたのですが、やはり専門分野のかたにお話を伺うと、今までわからなかったこともよく理解できます。


(標本作りも無事終了) 

 採取は子供の頃の虫取りの感覚で楽しめましたが、やはりこの分類と標本作りがとても興味深く、私がいつも入渓している河川でも、早速採取してみようと思いました。

 ということで、テンカラから派生する興味の対象はいくらでもあります。
 問題はそれらの道具を担いで渓に下りるため、ただでさえ多い荷物がますます重くなってしまうことにありますが(笑)。

 参加いただいたみなさま、ご尽力及びセッティングをしていただいた渡良瀬漁協(秋山川)のみなさま、全釣り協の鈴木様、そしてご教授いただきました金田先生、本日はありがとうございました。
 みなさまのご協力に感謝いたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
 

⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
テンカラ名手を偲ぶ会開催



本日は奥多摩のTOKYOトラウトカントリーにて、「テンカラ名手を偲ぶ会」を開催いたしました。



ご来場いただきました、瀬畑さん、榊原さん、倉上さん。
そして、この会にご参加いただきましたみなさま。
本日はありがとうございました。



また何かの機会がございましたら、その節はよろしくお願いいたします。



みなさまのご協力、心より感謝いたします。



重ねて御礼申し上げます。

⇓TTCブログにも⇓

http://trout-country.jugem.jp/?eid=2190


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村