今期の私的解禁は、諸般の事情により出遅れた感がある。

3月5日の奥多摩氷川漁協管内解禁から約2週間。ようやっと今期初入渓となった。

今日は吉田毛鉤会メンバーの2女子も一緒に今期初入渓となった。

 


(今期初の奥多摩のヤマメ。ありがとうございます)


解禁ということもあり、釣果よりも今期も釣りができる状況にあったことに対する感謝をするとともに、渓の空気に触れることができる喜びを味わおうということでの入渓である。もとより在来魚の写真は撮るけど、獲って食うことはしない私たちなので、「魚を見ることができればよし」という前提での入渓である。

 

放流もしておらず、大源流のように魚の再生やストック量の少ない小渓流に、獲って食う奴ばかりが入ると魚がいなくなってしまうのは自明の理だ。

私のよく入るこの渓だが、仲間にもC&Rに協力してもらっているので、今年もそれなりの魚を目にすることができた。

の無放流の激戦区では、このことは非常に嬉しいことである。

朝の水温は3.5℃だった。気温も低かったが、歩きにくいヒップブーツの嫌いな私は、寒さより歩きやすさと安全を重視しゲーターに沢靴で入渓する。確かに水は冷たいが、沢水の洗礼が心地良い。

今日は「魚を釣るより解禁の雰囲気を楽しもう」ということもあったので、私はサプライズの軽食を準備していった

軽食だけど中身は重い(笑)。

 

(渓での鉄板焼きに女子たちもご満悦)

 

それは渓での鉄板焼き。解禁御膳を用意していき、サプライズで食べさせた2女子の喜ぶ顔を見て、重たい思い(実は大して重くない)をして持参したかいがあったと思った次第。

2女子の釣りは、半年ぶりということもあって魚に翻弄されていたが、2人とも楽しんでいたようだ。

遅い時間に入渓したこともあり、3人で午後3時までたっぷり遊んだ。

 

今期も私的解禁は無事に済んだ。

魚は小さく数も少なくても、本流や里川とは景色や水の清冽さが格段と違う山岳渓流、しかも支流の釣りは、本当に身も心も癒されるので、やはり私は大好きである。

 

(奥多摩の小渓流の魚たち、獲って食うようなマネはいたしませんので、今期もよろしくお願いいたします)

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝