吉田毛鉤の沢テンカラ講習会
(本日のブログの写真は、全てメンバーのとくじろうさんからいただいたものです)




 内輪ネタになるが、昨日は奥多摩の支流にて、『メンバー限定・ステップアップ編』ということで、奥多摩の小渓流での釣り方の講習会を開催した。



 今回は総勢6名ということで、小渓流といっても私がいつも好んで入る渓に比べれば本流のような広い場所を選び、体育館というか大広間という雰囲気での講習となった。



 小渓流では長い仕掛けが使えない。頭上に被さる木々と、張り出す枝で9割以上がサイドキャストの世界でもある。頭上も障害物が多いので大きな動作をするとたちまち毛バリを食われてしまう。そのことから必然的に低い位置でのサイドキャストが中心となり、川幅も狭くポイントも小さいために、コンパクトで精度の高いキャステイングが要求される。水深の変化もそれほどではないくせに、水面、水面直下、中層に底釣りを使い分けないと魚を引っ張り出すのがやっかいな状況も多々あり、激戦区ということもあるので、考えなしにただ思った場所に毛バリを振り込むだけでは思うような釣果に恵まれないことになる。



 そこで実際の渓での釣り方の説明と、参加者ひとりひとりの釣りを見せていただき、個々にアドバイスを差し上げることにした。



 掛け値なしに感想をいわせていただければ、失礼ながらみなさん私が想像していたよりずっと上達しており、この沢でのテンカラを知ってから、いかにこの釣りにのめり込んでいたのかを知ることができた。冗談抜きに将来が楽しみである。



ここからは個別にひとことを。(順不同)

〇横浜のNさん・・・水面に毛バリを浮かせて釣る釣り方、キャストから毛バリの流し方に至るまで、セオリー通りキッチリと自然にできています。ご自身でも理解されていると思いますが、ケース・バイ・ケース、今後は状況に応じた釣りができるよう、水面下の釣りを憶えることが課題だと思いました。

〇きょ→じさん・・・ラインとハリスのシステムは私と同じでロングライン(もちろん藪での話ですが)派で、アップストリームキャストも綺麗に決まっています。今後はナチュラルドリフトからドラグドリフトを、好みのズームロッドの利点を駆使して練習してみてください。ドラグをかけて流す場合は竿を伸ばせばより竿とラインの角度を保ちやすくなります。

〇ナベちゃん・・・さすが閣下のお伴をして渓を釣り歩いているだけあり、この短期間で、キャスティング、流し方、ピックアップ時の空アワセ、そして沢を歩く足取りと、叩き上がりの釣り方は問題ないレベルに到達しています。今後はそのポイントにより、もう一呼吸長く毛バリを流して魚をヒットさせる『間』を作ることと、深い場所まで毛バリを流す釣り方を習得すると引出しの数が増えると思います。

〇とくさん・・・しばらくブランクがあった割には、キャステイングもしっかりとしていました。「フルサイズのカメラを担いだことにより、渓での足運びがより慎重になりました」とのこと。渓で使うものは個人個人で好みの問題があり、重いからという理由で持ち込まないという手はないので(もちろん私も渓での撮影は大好きなので)、それをどう対処するかを考えればよいのです。『カメラを持つことにより足運びが丁寧になった』これはこれで素晴らしいことだと思います。後はもう少し体力と持久力の増強をしましょう。歩ければ歩けるほど、ご自身のテンカラは有利になります。

〇MKさん・・・今回もお付き合いご苦労さまでした。今年の課題は毛バリを沈め、そのレンジごとに流し分けができるようにとのこと。他の面は特に問題ありませんので、課題の『底釣り』に精進ください。




 今回の講習では私もいつものカンツリでの講習と違う、多くのことを学ばせていただくことができた。他人の釣りを見ることにより、自分自身の釣りを見直すこともできる。これは自分だけでやっていては叶うことではないので、今回はみなさんとご一緒に楽しい時を過ごせたこともあり、やはり仲間の重要性をひしひしと感じることになった。



 個別の釣りを見て、そのひとそれぞれに合ったアドバイスをするのは、こちらも責任を感じながらになるので正直大変である。しかも自然相手なので、定石やセオリーが通じないこともあるのでこれも大変なのだが、ほんの少しでもみなさんのテンカラの向上にお役に立てればと、頑張ってやらせていただいたつもりだ。



 あらためてお疲れさまでした。そしてご参加ありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
テンカラ教室の内容に頭を悩ませる

 7月6日(日)は第53回目になるTTCテンカラ教室の開催日となる。この教室も5年目に突入し、暑い夏から雪の日まで、おひとりさまから親子でカップルで、ご参加いただいた多くの方々にテンカラを知っていただくことができたと思う。
 しかしながら、一度に大勢の方のご参加となるとその経験や技量(全く釣りをしたことのない方・ちょっとだけやったことのある初心者・これからのめり込んでいこうとしている初心者・ある程度テンカラをやったことのある経験者の方)に差があるため、こちらの話にどこまでご満足いただけているか、教室終了後は釈然としない気持ちでいっぱいになっているというのが本当のところだ。 

 教室終了後、特にフィードバックやサーベイをしていないので、受講者の方々がどのように感じているのかこちらとしては確認のしようがないわけで、そんな中、ご丁寧に感想をコメントに入れていただける方もいらっしゃるのでこれは本当にありがたいことである。まぁ今の吉田毛鉤会のメンバーは、みなこのような感じで私と関わりを持っていただき、そこからメンバーにお誘いした方たちばかりだ。
   

 受講者の方々は、そのレベルに応じて私の話している内容の理解度が違ってくるのが当たり前で、初心者の方には『難し過ぎる内容ではないか』、経験者の方には『そんなことわかってるよ』と思われていないかと、いつも頭を悩ませているのが現状である。あまりにも簡単すぎる説明では経験者の方には物足りないだろうし、ディープな内容では初心者の方には何のこっちゃになってしまう。参加者の経験値が違うのだからどうしようもないことのだが、この辺りのことは、導入編とステップアップ編に教室を分けるとか、今後もう少し突っ込んで考えていかないとならないところだ。

 私がいつも釣りに行っている奥多摩エリアは、入渓者も多い激戦区でもある。こういった場所で釣りをするには、やはりそれなりに釣り方というものを研究しなければ思うような釣果は得られない。天候、気温と水温、流下物、水況、入渓者や先行者の有無、その他考えうる幾多の状況の変化に合わせ、毛バリに仕掛けに釣り方を変え『ケース・バイ・ケース』の釣りをしないとそこにいる(であろう)魚に対応できないこともしばし起こりうるということになる。

 そういったディープな話は、月に1度の毛バリ研究会でもみなさんとお話ししているので、興味のある方はご参加してみていただきたいと思っている。それはそれとして、吉田毛鉤会の新しいメンバーには、この夏の間にいつもみなさんも入渓している奥多摩の渓(場所は未定)で、初心者からのステップアップ、イワナとヤマメの生息している渓相に応じた、仕掛けに道具に釣り方の説明をしながら階段3段飛ばしの特急講習を開催したいと思っている。吉田毛鉤会も発足して5年目になったこともあり、ここまでやってきた私の釣りも、ある程度システマチックに考えがまとまってきたこともあるので、じっくりとお話ししたいと思っている。

 明日は吉田毛鉤会のメンバー達と、慰労会という名の飲み会がある。熱のあるテンカラトークは忘年会だけでは物足りなく、半年に一度に開催日を増やしたので、普段の憂さ晴らしも兼ねて盛り上がる予定である。


 


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
最近の私の毛バリの傾向(その2)



 昨日のブログ記事にも書いたが、最近の私の釣りに使う毛バリを、階段状の渓相のポイントを打っていく「ポケット打ち」、
流速の遅い場所にいる、見える魚をねらう「見釣り」、水深の浅い瀬を流して釣っていく「瀬釣り」に分けて考えてみることにする。

 先ずはポケット打ちだが、下流から高低差のある上流のポイントをテンポよく打っていく形になる。釣り上がり、叩き上がりの形になるため1つのポイントをじっくり攻めることはしない(もちろん魚の反応があれば、その場所に限りじっくり攻めることもある)。こういった場所の魚は打ってすぐに反応することが多いので、こちらも反応しやすいように基本的には水面に浮き、視認性のよい毛バリを使用している。



 
 写真の中にあるブナムシプカプカやカディスなどがその例になる。

 次の見釣りには、そのポイントの形状(淵尻やヒラキ、ゆるい瀬など)から魚からもこちらが発見されやすいため、アプローチが重要になるのが大前提になるが、使用する毛バリは魚にできるだけ見切られない毛バリを使用している。流れがゆるい場所なので、魚がけっこうゆっくりと毛バリを見てから食いつくことが多く、シルエットを効かせたそれなりの毛バリでないと、横を向かれてしまうことが多い。




 それにはこのようなウイングやテールの付いたもの、そしてパラシュートタイプの毛バリをよく使う。

 最後の瀬釣りだが、ここは流れもあるため、魚はそれほど毛バリの形状を把握しないで口を使うようで、水中での形状の崩れにくいイメージの毛バリを使用している。形状もそうだが操作性を重視して、やはり瀬釣りでは剣羽根の毛バリに代表される、テンカラ毛バリが使いよいと思っている。




高浮力、視認性の高い毛バリで「ポケット」を。
イミテーション性の高い毛バリで「見釣り」を。
操作性の高い毛バリで「瀬釣り」を。

私の場合はこのようにケース・バイ・ケースで毛バリを使いわけて釣りをしている。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



5月の関連教室のスケジュールは
テンカラ教室・10日(土)

毛バリ研究会・25日(日)
となっております
お申込みとお問い合わせはTOKYOトラウトカントリー・TEL0248-83-2788まで
よろしくお願いいたします



⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
最近の私の毛バリの傾向(その1)



 世間はGWに突入しているが、私の生業は通常の土日休み。ということで今日も仕事にいってきた。大雪に生業、そして家族に関わる所用が忙しく、今年はロクに釣りをしていない。それでもなんとか時間を作り、少しではあるが渓の空気に触れにでかけている。



 ということだが本日の生業後は久しぶりに用事がなく、たまにはゆっくり家飲みでもと思い、もうン十年前にハマっていたカクテルの道具を引っ張り出し、大好きな『ドライマティーニ』を作って飲んだ。

「うまい」
「やっぱりうまい」
「しみじみとうまい」

 先週の釣行時、少々息が上がっていたこともあり、今週からダイエットモードに突入した。1週間で2.5キロ減。普段食べ過ぎているので、夕食をなくし酒と肴で済ませればけっこう早いスピードで体重が下がってくる。ここからは減量のペースがスローダウンするので努力が必要になるのではあるが。




 飲みながらケースに入った毛バリをのんびりと眺め、最近の自分の釣りと、それに使用する毛バリの傾向を反芻するように考えてみた。

 私の場合、プライベートでの入渓では山岳渓流に入ることが多い。それも大源流ではなく日帰りで入れる場所がほとんどだ。 
 魚も少なくアベレージサイズも小さいが、小さくても放流魚とはあきらかに違う美しい魚を見たいので、山岳渓流に通っているわけだ。もちろん小渓流は魚のストック量も限られているため、釣った魚は全てリリースして楽しんでいる。そんな私の山岳渓流で使用する毛バリのパターンなのだが、最近はある一定のパターンに確定してきている。

 私の場合、渓での釣りを大きく3つのスタイルに分け、『ポケット打ち』『見釣り』『瀬釣り』と分けて考えている。

 階段状の落ち込みや小滝の続く渓で、反転流、落ち込み、極めて小さい淵などの小さなスポット的ポイントに正確に毛バリを打ち込んでいく釣りを『ポケット打ち』。

 淵や淵尻とそのヒラキ、流速の遅い場所で浮いている魚をサイトフィッシングでねらうのが『見釣り』。

 小渓流の中でも瀬の続く場所もあるので、そういった場所の釣りを『瀬釣り』。

として、自分的にその状況に無理やりでもあてはめて、それに合った毛バリとシステムで釣りをするようにしている。

 魚のたくさんいる場所に入渓できる方なら、自分の毛バリや釣り方に合った魚に相手をしてもらえばよいのだが、私のいつも入渓している場所ではそうはいかない。自分の釣り方に合う魚だけを釣って釣果を得られるほど魚がいないのである。お前の腕が悪いといわれればそれまでだが、週末アングラーが激戦区で勝負するには、それなりの小細工が必要になってくるのだ。
 

 ということで具体的な毛バリの解説は、次のブログ記事で紹介したいと思う。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
ショートレンジのアプローチ

 テンカラとひと口にいっても、本流域の釣りから源流域まで色々な釣り方があることは、以前このブログでも何度か書いたことがあると思う。私が個人的な好みで入渓するときには、やはり道路や護岸や堰堤や橋などの、コンクリート製の人工構築物の見えない場所で、できるだけ放流魚のいない場所が好きなこともあり、写真のような小渓流に入ることが多いのである。
 岩と苔。日本庭園。坪庭。そういった雰囲気のある渓で、在来の魚に会うことが大好きなのだ。

 そのような渓相は川幅も狭く、階段状に続く落ち込みと、短い瀬、時に現れる小さな淵とで構成されている。そしてここがかなり重要なのだが、川の上にまで縦横無尽に張り出す木の枝があるため、長い仕掛けを使うことが不可能なのである。
 それだけではなく、強いバックキャストや強いアワセ(でミスった場合)をすると、かなりな確立で上空の枝に毛バリを喰われてしまうのである。ということで可能な限り短い仕掛けをセットして魚と対峙することになるのだが、この魚との距離というか間合いの取り方が、このような水深の浅い場所の多い沢でのテンカラには一番重要なことだと思っている。もちろん流れのある程度速い場所ならより近づくことは可能だが、春先のように瀬になかなか魚が入っていない場合は、そのような場所はポイントとして外してしまうので、それほど楽ではないわけだ。

 源流域のどんなにスレていない魚とはいえ、人間が近づいても逃げない魚はほとんどいないと思う。毛バリにスレていない魚でも、魚が危険と感じる距離をこちらが破って近づけば、脱兎のごとく逃げるのは当然のことだ。よく、同じ渓に入った初心者の方から
「魚がいなかった」
などと聞くことがあるが、実際そういった人と一緒に入渓し、その人の釣りを見ると、それでは魚を一尾も見ることなく一日が終わってもしかたがないという『魚を追い込んでしまうアプローチ』をしていることが多いのである。
 とはいえ私も一日中、そして一年中『カメレオンアプローチ』(身体を低く、息を殺し、動きはまるでカメレオンが獲物に近づくかのごとく極めてゆっくりと)しているわけではなく(時間と身体がもたない)、魚のいるポイントといないポイントを見分け、ここぞと思う場所でのみアプローチに全神経を集中するわけだ。

 私がよく入る奥多摩の渓のような激戦区では、『その毛バリにでてくれる魚だけを相手に』などという、過去の職業漁師のおこなっていたような釣りをしていたら魚に出会う確立は非常に少ないものになってしまう。イブニングライズでも始まれば別だが、それでも魚のウジャウジャいる放流河川などとは全く状況は違うのである。そこでとにかく一尾でも魚を見かけたら、その魚を釣ることに全精力を傾けなければならない。よってアプローチが一番大切なことになるわけだ。



 この写真を見ていただくとおわかりのように(写真はMKさんよりご提供いただきました)、私は足元の水面より一段上、5メートルほど先の落ち込みを狙ってキャストをしている。この場合も右側の川通しではなく、左後方手前から左岩盤を遮蔽物として利用し、静かに近づいた後ゆっくりと姿勢を起こし、竿の影で魚を驚かさないように手首のみでコンパクトにキャストをしている。



 この写真も同じく左側からアプローチしている。姿勢は低いまま近づき、特に左側の水面は流れもなく魚がクルージングしていることが多いため、こちらがマル見えになるので、立たずに低い姿勢のままキャストをしている。



 こちらは真正面に魚が確認できたので本当に匍匐前進するように近づき、腰を下ろして呼吸を整え、その後キャストをしている。魚までの距離は4メートルというところか。もっと離れたところから釣ればよさそうだが、最初の理由(長い仕掛けが振れない)により、ここまで接近しないと流れのスジに毛バリを落すことができないのだ。



 この写真は上から撮影してもらったものだが、上空に枝がでているのがおわかりだろうか。教科書通りの12時10時の振り幅で竿を動かせば、間違いなく毛バリを喰われる高さに枝が張りだしている。沢では11時10時の角度で、可能な限り脱力してキャストするのが基本になる(ゆえに
テンカラ・ミディが生まれたのである)。
 『好き好んでなにもそんな場所で釣りをしなくても』と思われるかもしれないが、その厄介さが楽しいのである。美しい渓でギリギリのアプローチをして、障害物を避け、尚且つ正確でソフトなキャスティングをしないと魚が逃げてしまうような場所で魚を釣る。そのときの喜びは計り知れないのである。

『慎重なアプローチ』
『正確なキャスティング』
『魚を驚かさないソフトな毛バリの着水』

 この3本柱がしっかりと立っていないと、激戦区奥多摩の沢テンカラで結果をだして帰ってくるのは難しいだろう。しかしこの3つのことは管理釣り場でも充分に練習できることでもあるので、沢テンで笑顔になりたい方は、日々鍛錬をしていただきたいと思っている。



(沢テンで笑顔)

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
ハリ学の基礎を教えるということ



毎月1度、毛バリに特化したテンカラ関連の教室「毛バリ研究会」を開催している。

2月の開催で39回目になるので、3年以上行っていることになる。
その中では、ハリの基礎知識から毛バリに使うマテリアルの説明、道具の扱い、巻き方等々、毛バリに関する色々なことを、ある時は総括的に、ある時は細部に至るまで追求しているのだが、どうも最近それだけでは足りないと思うようになってきた。

というのはメンバーを始め、私の周囲にいるテンカラファンと接していて、釣り方や道具の選び方と同じように、ハリそのものの形状についても、やはりひとそれぞれ「向き」と「不向き」があるということを確信として感じてきたからなのである。

ご存じのように日本は世界一の釣りバリ大国である。そのハリの太さや形状や材質も多く、そのハリは魚種別をはるかに超えて星の数ほどの種類がある。
江戸時代(原型はもっと以前かも知れないが)から、これほどまでの魚の種類やエサの食い方、口の形状に合わせてハリの形状を進化と細分化してきたわけである。
しかしことテンカラとなるとやはり販売されているハリの種類も少なくて、フライフックやエサ釣りのハリを流用したりしている。その裏にはテンカラ師はハリにそれほど気を使わずに綿々と釣りを続けてきたのではないか、元々少ないテンカラ人口でもあり、手に入るハリも少なくてその場にあるものしか使いようがなかったのか、もしくは情報交換をすることなく長い年月が経過し、自分の使用しているハリについての試行錯誤も個人でやっていることなので限界が早くきてしまい、その小さい枠の中で「これが全て」とか「これが一番」となってきたからなのではないか、と推察するのである。

余談が長くなったが、ひとそれぞれ「竿の調子」「使用するライン」「ハリスの太さ」「アワセの力加減」が違うように、誰しもが同じ形状のハリを使用していたのでは、そのひとの釣りに適合する場合がなくても不思議ではないということに気が付いたのである。

時に「魚が掛かるのですがすぐにバレてしまう」とか「なかなか乗らない」とかの相談を受けることがあり、その釣りを見て何が悪いのかアドバイスさせていただくことがある。
その時に、先ずは釣り方やアワセ方をアドバイスして、竿やラインやハリスのこともお話しするのだが、ハリの形状まで話すことはあまりなかった。しかし先日のTTCでのとくさんの釣りを見て、そのハリを良く見せてもらった。そしてアドバイスをさせていただいたのだが、私のインストラクターとしてのスタンスから考えてみても、これはやはりハリの形状まで、「そのひとそのひとに合う形というものがあるのだ」ということをキッチリ説明しなければならないと思ったのである。

しかしそういったことを他人にいわれるのではなく、自分で追及していくのが好き(特に私もそうなのだが)というひともいるわけで、あくまで相談をされたということを前提での説明になるのだが。



ということで今月の毛バリ研究会は23日(日)になります。
お申込みとお問い合わせは『TOKYOトラウトカントリー』まで。 電話0458-83-2788

解禁に向けての最終段階で、毛バリに対する不安や疑問のある方がいらっしゃいましたら、多くの仲間とともに分析と研究をしてみてはいかがでしょう。

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
「自称」インストラクターから「公認」インストラクターへ



2月に開催のTOKYOトラウトカントリーテンカラ教室は、いよいよ50回を迎えることになった。

月イチのテンカラ教室も5年目に突入するが、この間、生徒さんに教えつつ、自分にとってもとても多くの勉強をさせていただくことができたと思う。
当たり前の話だが、受講者は何人いても「個」であるため、その人それぞれの技量から価値観に至るまで違う。その人たちがそれぞれこの教室で何を知りたいのか、何をご自身のものとして持ち帰りたいのかを考え、なるべく自分のやり方の押し付けにならないよう、受講者の欲する情報提供を中心の構成にしてきたつもりである。

この教室をきっかけに、ご参加いただいた方の中から志(テンカラにたいする情熱)を同じくするものが集い「吉田毛鉤会」という会もできたのだが、そういった会の代表という立場と、私のインストラクターとしての立ち位置を考えると、まだまだ現状に甘んじている場合ではなく、私自身さらなる向上を考えなければならないと常々思っていた。

そのような自己啓発のひとつとして、通常入渓している場所が山岳渓流ということもあり、そういった場所での安全と連絡の少しの補助になるかと思い、昨年はアマチュア無線の免許も取得した。
そしてもうひとつ、釣りインストラクターの資格も取得することにした。

医者や弁護士、運転免許などの資格と違い、資格などなくてもテンカラを教えることができる。しかし、生徒さんは自分の働いた収入の中からいくばくかのお金を支払い受講という形を取るわけで、教える側もただただ自分自身の持つ技術を生徒さんに伝えるだけでは、私自身の気持ちとして「まだ責任が足りない」と思うようになってきたのである。

テンカラの技術の向上や知識を習得することは、自分自身の努力があればある程度まではできる。しかし、釣り業界や、釣り人と関わりのある漁業を含めた、日本に於ける釣り全体を総括的に見る目線や、そういったことを他人に伝えるインストラクターとしての知識や情報というものは、やはり一人で勉強するには限界というものがあり、そういった機関の方々に教えを乞う形がよいと思い、取得に至ったわけである。
資格試験そのものは決して難しいものではないが、その講習を受講してみて、水産庁の方の法令の講義や、自分の携わったことのない種類の釣りの知識、そしてインストラクターとしての心構えをしっかりと知る機会ができたことは、非常に良かったと思っている。

今回テンカラ教室50回目を迎える節目に、インストラクターとして「自称」から「公認」へとなり、より良い講習になるよう講師も頑張っております。
ということで2月8日(土)テンカラ教室も、みなさまのご参加をお待ちしています。

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

テンカラ教室へのお申込みは『TOKYOトラウトカントリー』まで 電話0458-83-2788

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
釣行時のメンタルコントロール

私は凡人である。「テンカラが好きなことにかけては人には負けない」と思ってはいるが、精神修養をしたこともなければ座禅を組みにいったこともない。テンカラも毛バリ巻きも好きではあるが、好きこそものの上手なれなのか、下手の横好きなのかも自分ではよくわからない。ただし試行錯誤と分析は好きで、なるべく感覚的にテンカラを捉えないように考えているので、それが「教室」という、誰にでもわかりやすく説明することには役に立っているのかなと思う程度である。

そんな私が釣りにいったときにいつも気を付けていることがあるのだが、それは釣行時、しかもスタート時の自分自身のメンタルをどう持っていくかということにある。

多忙や寝不足や生業でのストレスもなくテンカラに向かうなどということは皆無に等しい私。渓に入りさえすれば、その時だけは上記のことは忘れることができるので、それはどうでもいい。
それよりもとにかく釣りを開始した時に、自分の釣りのリズムに乗ることができないと、その日一日がしっくりとしないのである。

私の好んで入渓する場所は支流や藪被りの場所が多く、ポイントもタイトに攻めないとならない場所が多い。そんな場所で第一投目から毛バリを周囲の障害物に食われたり、振り込んだポイント近くの倒木や石などに引っかけてしまうと、いきなりテンションが下がってしまうことになる。同じく視認性の悪い毛バリを使い、いきなり水深のある場所を流したりして、万が一魚が出たとしても、「釣った」というより 「釣れちゃった」感が強くなるので、これもあまりテンションが上がらない理由になる。魚が出ないで水中の障害物に毛バリを食われたりすれば尚更テンションは下がるのである。
そんなガタガタのスタートでは、後に魚が釣れ出してもノリが悪く、なかなかリズムに乗ったいい釣りができなくなるというわけだ。

そんなことにならないよう、いつも私がスタート時に気を付けていることがある。
それは「視認性」ということである。毛バリの視認性とラインの視認性、このどちらもがよく見える状態から釣りを開始するのである。まずは釣果をと考えるならその場に最適の毛バリや仕掛けで釣るのがいいと思うが、釣りには最適だが自分には最悪(見えない・見づらい)の仕掛けで開始すると先に挙げたような「釣れちゃった」ということになり、それならまだしも毛バリを魚以外のものに引っかけるということが多くなってしまうことが多い。
しかしまずは視認性の良い毛バリを使い、数キャストして運転者の車幅感覚ともいえるその川の川幅感覚や、その日の自分のキャステイングの調子を見たり、今日はどのくらいの速度で毛バリが流れるのかを確かめることを行ない、その後に徐々にシステムをその時々の状況に合ったものに近づけていけば問題は少ない。こうした後なら見づらい毛バリに交換したり、見にくいラインに変えたりしても身体が馴染んでいるので釣りのリズムも崩れないで済むということになる。


(毛バリは現代版・蜂頭)

毛バリもしかりで、私の場合はその日の一投目に投げるその毛バリに、自分自身で猜疑心が湧かないよう「前回までに釣果のあった毛バリ」を結ぶことにしている。これは同じ体で作った同じ種類同じサイズの毛バリではなく、以前に魚が食ったという現実に釣れた毛バリでなければならない。同じ体で作ってもなぜだかこちらの毛バリには魚がよく出るが、あちらの毛バリには出ないなどということがあり、人間の目から見たら同じように見えていても、魚の目から見たら何かが違うのかも知れない。
だから釣れた毛バリを結ぶわけだ。以前その毛バリで釣れた事実があるので猜疑心は湧かない。自信を持って振ることができる。また、そういった結果の出た毛バリのストックを増やすためにも、私は通常の釣りでも1尾釣れたら毛バリを交換してしまうことが多いのだ。
同じ体で作った毛バリの弾数を多く持ち、釣れたら交換釣れたら交換を繰り返せば、実際に釣れた毛バリが増えることになる。次回の釣りのスタート時に、そんな毛バリの種類が多ければそれはそれで気持ち的にやりやすい。そんな釣りをしていれば自ずと毛バリ交換のスピードも上がるわけで、いざ毛バリのローテーションを繰り返さないと魚が釣れないなどという状況に追い込まれたときにも、サクサクと交換ができるのである。
ただしあっという間にハリスが短くなってしまうので、ハリスの予備はたっぷり持参する。

毛バリの交換が大変という人は練習あるのみ。私はずいぶん前だが布団をかぶって真っ暗な中で指先感覚で結ぶ練習をかなりやった。今も毛バリを結ぶスピードには自信がある。見えない所で練習したのだからイブニングタイムでも簡単に結ぶことができる。

ただし・・・今は老眼になり、アイにハリスが通らないというオチがついているのだが・・・


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 週末は毛バリ研究会です 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
沢テン講座(禁漁まで後一ヶ月)

当吉田毛鉤会のことになるが、今期も何名かのメンバーが沢テンの魅力を知り、毎週末には誰かが必ずといっていいほど奥多摩の沢に入渓している。

そんな中、釣果の伸びる人、そうでない人といるわけだが、色々な人をよく観察して見ると、結局は「基本」のできている人が着実に釣果を伸ばしているようだ。

沢には沢なりの釣り方がある。イワナの沢とヤマメの沢、混棲域の沢があるように、場所によって釣り方も違う。その沢ごとに違う小手先の技術もあるのだが、それも全てが「沢テンの基本」の上に成り立っているわけで、それをハズしていては安定した釣果は得られないのである。

ということで、禁漁まで後一ヶ月。釣果の上がらない人には参考に、釣果を得ている人には復習の意味も含めて再確認していただければと、思ったことを少々書いておこうと思う。

1)アプローチ
釣り場までのアプローチや入渓までのアプローチではなく(もちろんこれも「安全」という意味においては重要なことだが)、川に下りて、魚のいる(であろう)ポイントに対峙するまでのアプローチのことである。
大源流や比較的開けた沢なら長い竿にロングラインで魚との距離を稼ぐこともできるが、小渓流、しかも枝葉のドッ被りの藪沢ではそういった仕掛けを使うことができないため、必然的に短めの仕掛けを使わざるをえない。(ちなみにちょうちん釣りは個人的に全く興味を抱かない釣法のためその話は除外する)
私の場合は特別な場合を除き、竿3.0〜3.3メートル、ラインの長さは竿と同長、ハリスは1.0〜2.0メートルという、竿を含めた仕掛けの全長が7〜8メートルで対応することが多い。
こういった長さ(どちらかといえば至近距離)での勝負になるために、キャストからヒット、取り込みまでの立ち位置を探すと、どうしてもこちらが優位に立てる立ち位置ばかり取れないことになってしまう。 
 そこでこちらの不利(こちらが魚を見つけるより先に魚に見つかってしまうような)な状況で、立ち位置を取るべくポイントに接近することになるわけで、「足音」「水面に映る自分の影や竿の影」「着衣の色」等々かなり神経質に気を使い、魚にこちらの気配を感じさせないよう、「常に低い姿勢で、なるべく物音を立てずに静かに立ち位置まで移動する」ということが必要なってくるのである。
せっかく立ち位置を確保できても、自分がバランスを崩し、よろけたとたんに魚に逃げられるなどということもしばしある。
この後の振り込みの動作で魚が逃げることもある。そんな繊細な立ち位置しか取れないことも多いため、いずれにせよポイントには静かに接近し、そこにいる(であろう)魚を追い込まないよう細心の注意をすることが肝要である。

2)キャスティング
先の話にもあったように、沢ではそれほど遠投することもない(というか障害物が多くて不可能)。キャスティングはロングラインを扱うほうが技術的には大変なのだが、沢テンの場合のショートレンジの釣りでは「ピンスポットへの投射」ということが重要になってくる。ショートレンジだが対する的が小さいため難易度は低くない。
実際に経験したことのある方も多いと思うが、小渓流の小さなスポットでは、毛バリを投射する位置が10センチずれただけで魚が出ないだけでなく、ターゲットとしている魚そのものを追い込んでしまう場合が多々ある。
ドンピシャでポイントに毛バリが入れば一発で取れる魚なのに、ずれると出てこないだけでなく追い込んでしまう。特にヤマメの場合はこの傾向が顕著にあるので、一投一投に最新の注意を払ったキャステイングをしないとならない。空振りもできるだけやらないほうがよい。
一発でピンスポットに毛バリを落す。ラインを着水させないことは当然として、できるだけソフトに毛バリから着水させる(強い毛バリの着水で、魚に逃げられたことが何度もある)ことが望ましい。
ある程度流れのある「瀬」などの場合でも、どの流れ(上流)に落せばどの流れ(ポイント)に入るかを考えて毛バリを投射しないとならない。これも小渓流ではポイントが狭くなるために、瀬とはいえ丁寧にキャストすることが重要になる。

3)集中力
キャスト後に他のことに気を取られ、せっかく魚が出ているのにアワセることができない。
自分の打った毛バリ(の場所)を見失い、魚の反応があってもこちらの反応(アワセ)が遅くなってしまう。
キャストしているにもかかわらず、次のポイントが目に付いて毛バリをピックアップしてしまい、魚が出そうなテッパンポイント(例えば瀬の肩など)まで毛バリを流し切ることができない。
水面下、落ち込みに毛バリを巻かせたり、反転流に投入したり、毛バリを底スレスレに流す場合など、手感だけでなくラインの引き込みでのアタリを取ることが多くなる。その場合、ラインに出た変化をとらえられなくて、魚に毛バリを吐き出される。
ここに掲げたことはその一部なのだが、いずれの場合も自分自身の集中力が保てなくて、せっかく魚が出てきているのに取りこぼす場合がある。
毛バリを打ってからも、その「毛バリ」を、毛バリが見えなければ「その周囲」を、そして「微妙なラインの変化」も見落とさないよう、自分の釣りに集中することが、せっかくのチャンスを逃さないようにするかなり重要なことになる。


4)仕掛けの不備
実際の釣りをしていて、特にハリスなどは周囲の枝や木や岩などに擦れてかなり傷ついたり、キャスティング中にウインドノット(結びこぶ)ができていたりするわけで、そのまま使い続けてここ一発、まさかの大物にハリスを切られた、などということがあっては泣くに泣けないことになる。
常にハリスのチェックをして、ダメなら頻繁に交換する。私の場合は毛バリの交換も頻繁なので、たちまちハリスが短くなってしまうし、細いハリスを使うことも多いので、30メートル巻きのスプールは、釣行2回を目安(一回に15メートルは使う計算か)に新しいものを持参している。当然のことながら予備のスプールも忘れることはない。
ハリスだけでなく、穂先のリリアンの擦り切れに始まる竿の全ての場所のチェックは釣行前に必ず行い、予備竿も必ず持参する。とにかく一度入渓すると簡単には車に戻れないことが多いため、予備の道具は忘れずに持参したい。
それと特に初心者の方は、毛バリとハリス、ハリスとライン、ラインと穂先のリリアン等の結び方を再確認し、いざという時に切れたりほどけたりということのないよう確実な方法をとらないとならない。


以上のことは自分自身への注意をも含めてあらためてここに書いてみたのだが、禁漁までの最終章、みなさんのテンカラの何かの参考になれば幸いである。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 明日は入渓予定です 吉田孝



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

沢テンカラの極意3

昨日に引き続き暑い!!

というところから本日のブログも開始。

 私の自室は二階建ての二階にあるため、日中熱せられた屋根の熱が収まることなく、エアコンを付けても30℃の気温から下がることはない。
深夜12時を過ぎる頃にやっと20℃台に下がる毎晩である。最低だ!!

日本国内で寒さで病院に担ぎ込まれる方のことは、厳寒の地方や登山などの特殊事情がない限りあまり聞かないが、毎日熱中症で病院に担ぎ込まれる方々の数を考えると、どうにもならないのだがこの暑さを本当になんとかしてもらいたいと思う。

涼しい場所に行かれる人はともかくとして、自宅に居ながらにして暑さで亡くなってしまったお年寄りの話など聞くと切なくて、まったくこのクソ暑い夏のバカヤロウと、ぶつけるところのない怒りを感じている毎日である。

私の場合は屋外で作業をしている方に比べればまだまだマシまのだが、今日も節電で「灼熱の30℃オフィス」からの帰宅後、水シャワーをひっかぶり、自室には暑くてとても居ることができないので階下の居間でエアコンと扇風機を併用し、ようやっと生きた心地を取り戻したところだ。

嗚呼!早く沢水に足を浸けたい!!

とうわけで、昨日に引き続きの沢テンカラの極意の第3弾は「ハリス」の話である。

沢テンカラの極意(アプローチ)

沢テンカラの極意2(キャスティング)

私のホームにしている、激戦区奥多摩の小渓流でのスレた魚を相手にするには、やはり毛バリにこだわらないことには簡単にことが運ばない。ゆえにいつも苦労しているのである。
淵に付く大物をガッツリ沈めてねらったり、大物のライズを待って釣る時の毛バリは、少々特殊な釣りになるのでここでは書かない。
要は普通に釣り上がる時にどのような毛バリが適しているかを書いてみたいと思う。

ハリスの話なのになんで毛バリと思われるかも知れないが、日原ローカルのエサ釣り名人も名付けるほどの「電撃ヤマメ」。入渓者が多いため、どうしても人ズレしてショートバイトになる傾向が多いこの魚には、どうしても魚の口への毛バリの吸い込みのよくなる、掛かりのよいハリの形状やサイズが重要になってくるのだが、その比較的小さ目のハリを吸い込ませる抵抗になるのが「ハリスの太さ」だということに以前気付き、その頃から比較的細いハリス(0・3号から0・6号まで)を使用するようになった。

魚の大きさも20センチ前後のものが多く、細いハリスでもやりとりに関してはそれほど心配はない。
ごつい竿で細ハリスにしたらハリス切れ(アワセ切れ)は連発してもおかしくないが、私の場合は細目のハリスに合わせた竿を使用し、微妙なタックルバランスを上手いこと取っているのでアワセ切れをしたこともない。もちろん細軸のハリで作り、アワセに力を入れなくても掛かるような毛バリを使用することも前提になっている。

よく細いハリスのほうが魚から見えないということも言われるが、私のテンカラの場合はそういった理由よりも、ハリスの抵抗(魚が毛バリをくわえるのに)を軽減させることが第一の目的になっている。

というわけでタックルバランスさえ取れていれば、激戦区の場合は細いハリスのほうが有利になるのを体験的に感じている私は、明日も細ハリスでテンカラを振りに行くつもりだ。

*****************

明日はTTCのテンカラ教室の開催日です。


(明日納品の毛バリ・TTCド定番のBHです)

私は教室前、ちょこっと早朝渓散歩に出かけてきますが、開催時間には遅れることなくTTCに到着するつもりですので、よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓暑いですがクリックよろしくお願いいたします⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村