初めて毛ばりと出会い、フライフィッシングを始めたのが25年以上前。

当時はそれほど入れ込んでなくて、ずいぶん長いこと他の釣りもしていました。でも毛ばり巻きだけはハマってしまったので、時々思い出したようにタイイングはしていました。

釣りには行かずにタイイングだけしていた年なんてのもありました。 

 

その当時購入したフライフィッシング関係の本も手元にありますが、テンカラをするようになってあらためて読み返してみると、ずいぶん参考にさせていただくことがあります。
 ライズを取るようなドライフライの釣りだけはなく、ニンフやウエットの流し方の記事は、何度読み返しても参考になります。

渓流のエサ釣りの記事もしかり。過去も現在も、書き方や言い回しは違えど、とにかく流れを読み、就餌点にエサや毛ばりを届けることに、多くの先輩、先達、名人、達人の方々は力を尽くし、先ずはそこから道具やタックルを組み立てていったことなども感じられます。

テンカラ教室の生徒さんや、自分の周囲のテンカラファンを見ていて、特に初心者の方で、なかなか伸びないといわれる方を見ていると、釣りを「自分軸」から組み立てるところに陥っている方が多くおられます。

例えば「こんな毛ばりで釣りたいのです」とか「この竿で釣ってみたい」とか。「ここから立つと釣りやすいと思うのでこの場所で釣りたいのです」とか。
充分理解した上での自分なりのこだわりは、釣りという趣味のことなので、それを面白くする為には存分に楽しんでいいと思いますが、それで一匹も釣れなくては、いやはやなんとも・・・

魚がどこにいて、どういうふうに毛ばりを流したり、送り込んだりすれば口元に持っていけるのか。先ずはそれがありきで、その状況をなんとかする為に使いやすい道具を決めたり、毛ばりを決めたりするのが上達のひとつのコツだと思っています。
なんというか、「魚中心」に考えた「魚軸」とでもいいましょうか。

自分の場合は今まさに流れ流れ流れと、流れの妄想に取り付かれています。「読めない」「届かない」「どうすればよい」「ラインをどうする」「竿さばきをどうする」そして「毛ばりはどうする」。

その竿さばきの一環として、「両手でも振れるように」と、もう何ヶ月か左手だけで釣りをしています。これも「自分軸」ではなく「魚軸」の観点から。サウスポーの生徒さんに教えやすいということもありますが。

流れを感じ、少しでも理解し、流れを少しでも自分に近づけることができるなら、きっと名人上手の方々の足元に、一歩は近づけるのではないかと日々努力しているつもりです。

本当に難しい。だから楽しくもありますが。

まぁ、自分の場合は「生涯の課題」ですねぇ。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL