毛バリのパターン

昨日もちょこっと書きましたが、毛バリのパターンのお話しです。
雑誌などではなく、このブログ上のことなので、普通のお話しではありません。
同じサイズで同じ色、そして同じような材料で同じように作るのですが、
機能(使い方)が違う毛バリのお話しです。 

何ゆえに自分はこのように毛バリを作り分けているのかといえば、
つり人社刊ムック「渓流2011夏号」の「激戦区のテンカラ」でもご紹介していただいたように、
自分が通常釣りをしている場所は、人的プレッシャーが高く、小技を利かさないと魚が思うように釣れない場所が多いのですよ。

で、けっこう細かく作り分け、通常は毛バリを変えまくって釣果に繋げるということをやっています。
自分のテンカラの根底には、色々な毛バリを使う方が楽しいということがあるので、ご紹介はしますが、こうしないとイケナイとかいうことはありませんので、あくまで興味のある方へのご参考ということでお願いします(笑)。



最初にご紹介する毛バリは「孔雀胴夏毛バリ」ですが、太めの胴体に、水なじみのよい蓑毛を使い、水面直下からもう少し深いレンジまで、自然に流す他にも、自分のよく使う小技中の小技、名付けて「水中超低速逆引き」に使用しています。先日TTCに納め、皆さんに釣果のあった毛バリがこの毛バリです。
釣り方もその釣り方(水中超低速逆引き)を深瀬でやっていただき、初めてテンカラをやるお子さんから女性の方にも釣っていただきました。
本日の毛バリは、あえて「差」がわかりやすいように、先日のものよりハックルを長めにしてあります。

材料ですが、太軸のハリで重量を持たせ、スレッドの下巻きを3往復した上に、ピーコックハールを通常の倍量巻いて、サドルハックルも長めで柔らかいものを選んで、2回転程度で止めています。
言葉で表すのが難しいのですが、スッと沈むので、「水なじみのよい」毛バリという感じでしょうか。
--------------------------------------------------------------------------------

次にご紹介するのが、同じ材料で巻いた「ドライ系」毛バリです。
いわゆる「ポン!」と打って「ガバッ!」と出るというような、魚の活性の高い時に使う毛バリです。

比較的細めで重くないハリを使い、スレッドの下巻きは一往復。
ボディ材のピーコックハールも通常の量で巻き、ハックルはサドルの固くて短いものを、裏を上向きで取り付け(ハックルが前方に向いた角度になるように)5〜6回転と厚く巻いています。
イブニングタイムで魚が上を向いている時など、毛バリを見ながら手返しよく釣る時に使います。
ドライ系の毛バリです。液状の浮力剤にドブ漬けしてから使うことも多いです。
--------------------------------------------------------------------------------

上記の二種類で、大雑把に上と下程度の使い分けができますが、もう一種類ご紹介するのが、
伝家の宝刀「剣羽根の毛バリ」です。
「剣羽根」だからってそれほどのことは・・・という話しもお聞きすることがありますが、自分としては本当〜に使いよい毛バリとして、ハズすことが出来ない毛バリですね〜。(大好きです♪)

なぜかとういと、この毛バリ、非常に「水噛み」がよいのです。
蓑毛が固く、少しくらいの水圧では曲がらない為、舵やスタビライザーのような働きをして、特に逆引きや止め釣りの時、毛バリを長いこと同じ位置に定位させておくことがしやすいのですよ。

自分の経験上、止め釣りに関しては、魚の方から自分の毛バリを見つけてもらう為、出来るだけ長いこと同じ位置に定位させないと魚が出ないので(堀江師匠曰く、2秒じゃ出ないが5秒なら出る)、毛バリが水を噛んで、左右にスイングしにくいこの剣羽根のハックルが、実に具合がよいのです。

もちろん自然に流しても釣れます。反転流に投射してラインをゆるめて、深いところまで送り込んで、何度も釣果に恵まれた記憶もあります。憶測ですがこのような時は、水中深くでも固いハックルのおかげか、シルエットが崩れないから釣れるのではないかと思っています。

このように同じようなサイズと色でも、違った機能を持たせて作り、使い分けてテンカラをやり、意図した通りに魚が出れば、それはそれはトンデモナイ快感として「自己満足の極地に到達」すること受けあいますね〜(笑)。

今夜は体力も回復したので、今からまた毛バリ巻きに戻ろうかと思います。

吉田毛鉤 テンカラ毛鉤師 吉田孝
コメント
タイムリーに孔雀胴ネタありがとうございます。
明日は午前半日TTCしますので、参考にさせていただきます。

用途色々の毛鉤を巻こうと思うと
マテリアルも色々と…増量の一途が止まりませんね。
あとテスト巻きのカオスな毛鉤達…
それもまた楽しからずやっ
  • by 万年新人のS
  • 2011/07/26 9:33 PM
サドルハックルはどのグレードをお使いですか?
やはり柔らかめだけど張りが有る所がポイントだと思われますか?
以前自分が熱帯魚水槽でテストした時は固すぎず柔らかすぎずなハックルだと水流、水抵抗を受けて僅かにプルプルとバイブレーションする物が確認できました。

そう言った要素もあるのでしょうか。
ピーコックハール、uvヘッド、白のハックルは視認性、釣果のベストチョイスでしょうかね!?
  • by KW
  • 2011/07/26 11:30 PM
サドルは同じ毛足が何本も取れる(販売用は同じモノを量産しなければならない)と云う理由なので、特にグレードにこだわりはありません。

何せDVDの撮影の時水中映像を見て、あまりにもイメージと違う(水圧が強い)為、ガックリきたのを思い出しました(マテリアルは何でも一緒)。

そこでやはり水圧に負けない「剣羽根」の毛バリが自分は好きなのです。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/27 12:24 AM
ただいま出張先の名古屋のホテルよりカキコです。
夕立がすごいです!

で・・・昨日新宿サンスイでは何も購入せず帰宅。
14番の釣り針があったよと>セレぶに言ったら・・・
何で購入しないんじゃ!!いま欲しいのだ!!!

あり?明日自分で買ったらいいじゃんと叫ぶと・・・
あたしゃあ〜バイトでいけないの(>_<)・・・
ありゃ!?>セレブじゃないじゃん(大笑)

いつになったら皆様と同様な質問ができるか?不安ですねぇ〜

あ!「ひつまぶし」だけは食べてきますね。
むふふふ♪
  • by 専属運転手
  • 2011/07/27 5:28 PM
今を去ることン年前。
名古屋のメル友(メル友って言葉がなんか古いな)の主婦に教えてもらい、出張の時に行ったひつまぶしの「宮鍵」。
美味しかったなぁ〜。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/27 7:27 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL