源流パラシュート

昨日のコメントで、パラシュートのポストの止め方についてご質問がありましたので、イワナ向きな黒っぽい源流パラシュートでご紹介いたしましょう。パラシュートアントともテレストリアル(陸生昆虫)とも、どちらにも取れる「夏向きでイワナ向きな」万能フライです。

準備するものは、以下の写真にありますが、
  (ポスト材料各種)
各種あるポスト材で、自分が今一番気に入って使用しているのが、中空繊維の「エアロドライウイング」です。ポスト材は自分の好みで何でもよいのですが、なるべく浮力が維持しやすく、視認性のよい材料がよいと思います。
 (マテリアルと道具)
道具はこのくらい。今回は黒いフロスでボディを作りました。
 (エアロドライウイング)
ポストの根元をスレッドでしっかり巻き固めます。瞬間接着剤で固める場合もありますが、下手すると毛細管現象でポスト全体がカチカチになる恐れが。
今回は巻くだけです。きつくしっかりと巻けば大丈夫だと思います。
 (サドルハックルで)
パラシュートのハックリングはやりにくいので、普通のネックハックルではなく、細くて長いサドルハックルを使うと巻きやすいと思います。
今回は黒いフロスでボディを。巻いた後にヘッドセメントを塗り、ボディ全体を固めました。
(特にそうするといいってわけではありませんので、どんなボディ材でもご自由にどうぞ)

一度ポストの上の方にハックル材を持って行き、巻きながら下りてくるとハックルが相互干渉しません。そしてこの位置(前)で巻き止めます。
 (ポストを切る前)
この写真のように水平に巻けていればオッケー。下方にはみ出した部分はカットしてもいいでしょう。
 (ポストをカット)
その後、好みの長さにポストをカットします。
視認性がよく、下から見上げると真っ黒な、いかにも夏向きのパラシュートの毛バリの出来上がりです。
過去にも作り方を書きましたので、
こちらも参考にしてください。←クリック

以上、いさおさん、品川のKさんのリクエストにお答えしました。

吉田毛鉤 テンカラ毛鉤師 吉田孝

***追伸です***
自宅PCに久しぶりに「いつものTさん」からメールが。
生業が忙しくて、すっかり「いつも」ではなくなってしまったと嘆いていました。
新メンバーとも会うことが出来ず、「忘れないでください」との言付けが。
そしてなんと、2枚も貯めてあったTTCのポイントカードを洗濯し、赤い紙くずとなってしまったと泣いていました。本人いわく通わなかった天罰とのこと(笑)。
大丈夫ですよ。ポイントカードはなくなっても「TTC」は永遠です!!!
暑さにも生業にも負けず、復活目指してガンバレいつものTさん!
コメント
「いつもの」を付けるかどうかで数分悩んでしまいました(笑)。

「継続は力なり」と毎週TTCに通いつめたのは遥か1年前の話。
遂に初心を忘れ本業を疎かにした天罰が下ってしまいました・・・(T◇T)。

副業のため勉強会への参加はできませんが、必ずや近日中にTTCに復活します!

教訓
「初心忘れるべからず」
「ポケットの中も忘れるべからず」

嗚呼、俺のポイントカード・・・。
  • by いつものT
  • 2011/07/05 6:38 PM
久しぶりのいつものTさん(毎度書きますが、久しぶりのいつものって笑えます) が、ちょうどよいキッカケを与えてくれました。

トラウトカントリー常連、いやいや常連だけでなく、ご来場いただいた方々には、ポイントカードのご確認を。

ちゃんと保管して、いつでも出せるようにしておきましょう。

いつものTさん。
カードは藻屑となってしまいましたが、これがキッカケで助かった人もいると思います。

大丈夫ですよ。来場してなくても仲間のお役に立っています(笑)。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/05 7:05 PM
今回の記事の内容とは関係ありませんが、以前ブログ上で質問させていただいたミッジについて過去のブログ内に記事を見つけました。ハエ竿ですね〜参考にさせていただきます。
  • by KW
  • 2011/07/05 8:36 PM
ほったらかし状態でバイスに固定され、ボビンホルダーがブラブラぶら下がったピーコックパラシュートに魂を入れる時がきました(今回は何故か実況中継風)。ハックルの固定は出社前に済ませてたので、アイ側でフィニッシュするのが最後の難関。ボビンホルダー先端から余計なスレットを出さないでクルクルっとやれば簡単!と思ってたら、なんだかアイ側のハックルを巻き込みそうな不安に駈られました。が、机の上に散らかってたメモ用紙をハサミで小さな短冊形に切り、ハックルとアイ側のシャンクの間に差し込んでから、ハックルを持ち上げたすきに、先端部分を巻いてハーフヒッチ・・・ハァーできましたー。なんだか最後が手間取りましたが、先端部分もハックルを巻く前に巻いてたら、泡食わないで済んだということが解りました。ピンチになったとき猿知恵が働いたのはナイス閃きでしたが。なんとか要領は解ってきたので、伝承毛鉤系パラシュートなんてのもこさえたくなってきました!
  • by 品川K
  • 2011/07/05 8:42 PM
自分の諸々の巻き技も、ほとんどが「猿知恵」から生まれたものです(笑)。

猿知恵がキッカケとなり、人間なのでグレードアップ。

先人たちも、そうして便利なタイイング道具を作り上げたのかも知れません。

繰り返しますが、

「猿知恵」万歳!!です。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/05 8:58 PM
最後に猿知恵をもう一発!先日毛鉤帽の防水能力をアップさせるために買ったスプレーをたっぷり浴びせました(乾燥したら無香なのでたぶん平気)。フロータントなんか持ってないので・・・。毛鉤箱に装填し、明日の準備も終わって至福の一服(いい夢見れそ)。わざわざのブログでのご説明に深謝です!
  • by 品川K
  • 2011/07/05 9:19 PM
防水スプレー。天晴れ猿知恵ですな。

私は鮭皮毛鉤→鯖皮毛鉤ときて次は→スルメでも巻いてみようと思いましたが、もうそうなると、エサだかなんだかもわからなくなり、猿以下になりそうなので止めました(笑)。

「猿知恵パラシュート」

魚が釣れたら報告をお願いします。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/05 9:32 PM
さっそくのブログ掲載ありがとうございます。
以前の記事を併せて拝読しました。本当によくわかりました。さあ、巻こう!
防水スプレー。
私も使おうとしたことがあります。

実はスキーが第2の本業でしてスプレーワックスなどどうかと考えたこともあります。
結局water shedなるものを購入したため実現していませんが、今度実験してみようと思います。

いやあ、楽しいです。
  • by TT
  • 2011/07/05 11:48 PM
業界関係者に怒られそうですが、フライ関連用品は結構価格的に高いものが多く、他からの流用もアリだと思います。

スポーツ用品、手芸店、そして我らがダイソー。

防水スプレーは使ってみる価値ありですね。
フロータント何本分だろ?
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/06 3:53 AM
CUREのシリコンスプレーはフロータントとして、フライ用品より持続性、使用範囲、内容量ともに高品質です。ただ携帯性は無いのでお出かけ前にシュっと一吹き。レインウエアやベストの防水性の向上等、お試し有れ。
  • by KW
  • 2011/07/06 8:19 AM
スプレー式のフロータントって大気中に撒いている量のほうが確実に多いですよね!(笑)
オイラ急を要する時以外は瓶入りを使用しています。僅かな時間ですが、頭に血が登り我を忘れた心をリセットしてくれたりすることもあります。フロータントの香りがそうさせるのか…?
  • by カリメロ
  • 2011/07/06 9:32 AM
実は昨日、会のメンバーの八ヶ岳の竹竿のSさんより、やはり自宅PCにフロータントの事でご質問をいただいたので、お返事と共に今日のブログのネタにというお話しもしていました。

今朝各ボトルの写真も撮りましたし、コメントも色々いただいたようですので、今夜のネタはフロータントということで。

テンカラ師の使う浮力剤なので、内容につきましてはあまり期待なさらぬようお願いいたします(笑)。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/06 9:42 AM
一之瀬川の大常木谷出合からもみじ沢出合まで釣り、ヤマメ1、アマゴ3、岩魚1、バラシ3でした。3尾釣ったところでパラシュートで試釣し、いきなり釣れました!ただハックルをもう少し多く巻いたほうが良いのかも。因みに防水スプレーはフッ素系ではダメみたいです。
  • by 品川K
  • 2011/07/06 11:52 AM
半日で、その釣果は素晴らしいじゃないですか。

しかもパラシュートでも。

「ハックルを厚く巻いた方がよいと思った」
このことが、まさに自分がテンカラで伝えたいことなのです。

ハックルの量の話しではなく、自分でやってみて、自己検証の上の仮定のことです。
で、「厚く上手に巻くのはどしたらいいでしょう」と聞いていただければ完璧です。

それでこそ「大常木谷に合ったKさんのテンカラ」なのです。
いや〜いいですね〜。
今後も毛バリ巻き。精を出してお続け下さい。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/07/06 12:45 PM
書き忘れ
今朝(というか、夜中)日原林道にも入ろうとしたのですが、工事の為孫惣谷林道分岐の先にあるゲートが閉鎖され通行止になっています。7月一杯は通行不可能と書いてありました。

お昼はTTC で美味しいランチにありつけ、午後2時間ほど虹鱒に遊んでもらい、本日は渓流魚4種サイクルヒット!帰り道の八王子インター近くの上州屋で軽いフックなど物色してから帰ります。
  • by 品川K
  • 2011/07/06 3:42 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL