キャスティングの精度を上げるには
(あくまで参考までにですよ)
 

(買っちゃいました!)

キャステイングの話の前に、先日のTTCで品川のKさんに影響され、早速購入。
源流釣行は年に1度行くか行かないかでしたので、せっかく奥多摩にトラウトカントリーというベースがあることですし、強い味方も増えてきたので、会のメンバー共々少しづつ足を延ばしてみようかと、参考書を購入しました。源流部の方々、よろしくお願いしますよ〜(笑)。

さて本日の本題のキャスティングの精度の話ですが、先日自分の行った取材地は、前後左右に非常に掛かりの多い川で、しかも水中のストラクチャーに魚が着いていることが多い川でした。
ここぞというポイントに毛バリを打ち、そこから5センチ10センチずれると、魚が出てくれないような場所でした。それでもピンスポットにキャストが決まると、釣れないまでも魚がヒラを打ったり毛バリを見にきたり。

そんな場所でしたので、一日の内、サイドキャストとタワーキャストにロールキャスト。そして、ふざけているのかと思われるような、ボウ&アローキャストが8割以上のような渓流で、とりあえず魚は出してきたのですが、とにかくキャスティングの精度を要求され、やはりピンスポットのキャスティングも場所によっては絶対に必要だと、あらためて思わされた釣り場でした。

そこで、キャステイングを上達させるには練習あるのみです・・・・・・・ってこれでは吉田流っぽくないですね。

ですので自分流に、まぁタックルの側面からですが、少しでもキャステイングの向上に役立つかもしれないと思われるやり方をご紹介してみたいと思います。

まぁ当たり前のようにやっている方もいらっしゃると思いますので、そういう方は読み流してくださいませ(笑)。

(ある意味几帳面です)

写真のラインとハリスは、自分が通常スタメンの道具として、ベストのポケットに入れていくものですが、メインで使う竿も三種類が(長さ別)ありますので、ラインも長さ別に用意してあります。

現場でも分りやすいように、ヘビグチに取り付けるぶしょう付けも三種類の長さ別に、色を変えてあります。

ラインですが、あくまで自分の場合は、ラインの先端を水面に貼り付け、水の表面張力を利用して、いわゆるオツリ現象を防いだり、 ラインをウキや目印の代わりに使い、引き込みのアタリをとるようにして使うことが多いので、竿より20センチほど長くしてあります。
(この辺は釣り方なので、特に参考にされなくてもよいかと思います)

そしてハリスを取り付けるのですが、こちらはフィールドに合わせて、ヒトヒロ(約1・6メートル)か、ヒトヒロプラス矢引き(約2・5メートル)とキチンと決めて使い分けています。

(人生は雑に生きていますが)

以上のことと、キャスティングの精度と何が関係があるんだよ?と思われるでしょうが、要するに、
キャスティングの精度がある程度高まるまでは、「仕掛けの長さを変えるな。」
ということがいいたいのです。

ベテランになれば、渓相や川幅に応じて、その場でラインや仕掛けの長さを変えたところで、何の問題もなくキャスティングできます。
しかし、正確なキャストがキッチリと自分の身に付くまでに、やたらとラインやハリスの長さを変えてしまうと、自分の頭の中の基準になるモノサシにズレを生じさせ、いつまでたってもキッチリとキャスティングが決まらないということがあるということです。
まぁ車幅感覚ですね。初めて車を運転する方に、今日は軽自動車、明日はトレーラー、明後日は普通車でその次はリムジン・・・・と乗ってもらうより、毎日4日間、続けて軽自動車の練習をすれば、その車の車幅感覚どころか、取り回し位は身に付きます。しかし車の種類を毎日変えていたら、車幅感覚だけ習得するだけでもとんでもない日にちがかかってしまうことでしょう。

ハリスも毛バリの交換が頻繁になると、どんどん短くなってしまいます。30センチも短くなれば、キャスティングの感覚も変わってきます。そこで頑張って、手間もハリスも勿体ないようですが、交換する。
いつも同じ条件でキャストをしていれば、力の入れ方、腕の伸ばし方で、どう毛バリの着水点が違ってくるかがわかってくるのです。

サンデーアングラーの我々は、毎日川に出たり、空き地で練習するなど、口でいうほど簡単にできることではありません。
少ないチャンスを大きく生かすには、こういった細かいセッティングから見直して、キャスティングが身に付くまでやってみてください。

同じ様に、できれば最初のうちは、フィールドもあまり変えずに、同じ様な条件で、同じ長さの仕掛けを振って釣りをする。届かない場所はラインの長さをを代えるのではなく、行かれる場所なら対岸に行って見るなど、工夫をすればどうにかなることもあると思います。

当然のことながら練習も必要ですが、少しでも精度を上げるのには、こういった細かいことも必要ですね。

毎回水温を計る、ラインの長さを決める、毛バリのローテーションに規則性を持たせる。
そうです、データフィッシングです。
自分のように神業の使えない(笑)、感覚派ではないテンカラ師の方は、ぜひとも参考にしていただきたいと思います。

吉田毛鉤 雑な人生丁寧なキャスト 吉田孝

-------------------------------------
*以下毛鉤会会員様向け情報です*

セレブ奥様のご質問のUVスレッドですが、某高級マテリアルショップでうかつに聞くと何かヒトコトいわれる恐れがありますので、素直にサンスイか上州屋で探しましょう(笑)

それと、先日のテンカラ教室にご参加いただいた、坂戸方面のSさんから、会についてのお問い合わせがありました。当会の趣旨(他人の釣りに余計な口を出さず、他人に釣り方を聞かれたら、シークレットなどとケツの穴の小さいことをいわず、快く教える)をお電話でじっくりとご説明し、賛同されたので、新メンバーとして入会の運びとなりました。

今後TTCで、顔を会わせる機会もあると思いますが、その節はメンバーのみなさま、よろしくお願いいたします。
コメント
ルート本買っちゃいましたか!あとは1/25000地図の「武蔵日原」「雲取山」「丹波」「柳沢峠」あたりを買えば、日原川、丹波川、一之瀬川などの多摩川水系上流部はカバーできます。ルート本に載っている図は遡行図といい、正確な地図ではないので、1/25000地図との併用が絶対条件です。地図を見ながら釣行計画を立てるのも楽しいですよ。

来週水曜日は、一之瀬の大常木谷遡行~竜喰谷下降を日帰りで行ってきます。
  • by 品川K
  • 2011/06/29 6:40 AM
毎年この時期になると、下界の蒸し暑さを忘れたくて、想いは源流部の沢へ・・・で、スケジュール的に一度位しか行かれずに・・・という感じが続いているのが現状です。

トラウトカントリー周辺には、日帰りで行ける沢もたくさんあるので。

特に今日のような暑い日は尚更です!!

あ〜、冷たい水に足を浸したい。。。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/06/29 9:23 AM
写真ではシューティングラインに見えますがメインのラインはどの位の細さのラインを使っていますか?
鯉を釣るのに本流テンカラzeで太刀打ち出来るとおもいますか?サイズにもよると思いますが。
源流イイですね!
自分は最近、中流〜下流にしか行けてないので渓流にすら憧れを感じます。特大逆さ毛鉤でスモールマウスバスもなかなかオツな物ですね。
  • by KW
  • 2011/06/29 10:20 AM
KWさん
メインのラインはブログのリンクにもある、「渓愚スペシャル」のラインです。おそらく現存するシューティングラインではこれ以上細いものはないと思います。

残念ながら今回の販売量はあっという間に売り切れたそうです。

近いうち(いつかは不明)に、上州屋各店舗で売り出す予定だそうです。

それまではなるべく細いものを探すしかないでしょうね。

鯉に本流テンカラは、責任が持てないのでコメントは控えさせていただきますが(笑)、自分は万が一穂先が折れたことを考えると・・・あの竿の穂先の値段がいいお値段なので。取材では鯉竿を改造して使いましたが。

話は変わりますが、
いさおさん

「某上州屋で例のオレンジ色のライン確保しました」

自分はやたら重い毛バリも使うので、一応4号と3号両方です。
週末テストしてみますね。
情報提供ありがとうございました。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/06/29 11:29 AM
タイプEさんに渓愚スペシャルラインについて伺った時、コータックの日本には存在しないラインを取り寄せてもらっていると聞きました。上州屋で渓愚スペシャルラインはもう発売されたのでしょうか。
先日、上州屋新宿店にいった所、コータックからテンカララインのセットが販売されていました。みたところ渓愚スペシャルラインと似た素材で色もあの薄いグリーンの様な物と黄色がありました。(値段は¥2700くらい)
  • by KW
  • 2011/06/29 3:32 PM
現物を見比べていただければわかりますが、市販のコータックのものとは全く太さが違います(渓愚ラインの方が細い)。
テンカラで振れるフライラインでの、極限の軽さがこのラインの重量なのです。

販売については、コメントをよくお読みいただけばおわかりのように、予定は未定です。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/06/29 6:57 PM
源流、いい響きですね。
いつも別冊の渓流を憧れをもって眺めています。

多少へつったり岩をよじ登ったりする程度の遡行が好きで、色々情報収集の上安全だと思われる渓流を釣り場にしています。

源流部の方々に教えてもらってフィールドを増やしていきたいです。

キャスティングの練習は私もよくやりました。
今でも冬の間TTCに行けない時はよくやっています。伸びていくラインを見ているだけで多少落ち着きますね。

末川の教室では石垣先生が、”皆さんラインが少し長いです。少し短くして正確なキャスティングを”と講習されていました。
私もせっかく広々としたところだからといつもより長い4.5M(+ハリス1.5M)を使っていたので中々狙ったところへ打ち込めませんでした。
貧果は水温のせいだけではなかったと反省しています。

練習も兼ねて今週末は出勤しようかと考えています。

  • by TT
  • 2011/06/29 7:12 PM
TTさんも、源流部にメンバー登録させて下さい(笑)。

情報を集めていただいて、会の仲間に分かち合う。
いいですね〜。

それとラインのお話しですが、まさにTTさんが、末川で体感したことが事実なのです。

以前堀江師匠と二人で、トラウトカントリーのポンドの前でラインの徹底検証をしたことがありました。

ポストスケールでラインの重量を計測し、キャストしてあれこれ比べてみました。

その時に驚いたのは、それぞれのラインの特性などではなく、小数点以下、0.3グラムとか違うだけで、明らかに振り感も力加減も変わるのです。
たったそれだけの重量でと思われるかも知れませんが、普通に手元に感じ取れました。

だから当然ラインの長さを変えれば(いつもの長さと比較して)、慣れていないと、上手く振れなくなるのは自明の理なのです。

人の指先は、髪の毛の太さの違いも識別できるほど繊細な器官です。

そういったことを踏まえて考えると、技術の向上ということに関していえば、ラインの長さひとつ取っても、疎かにできないというところでしょうか。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/06/29 8:14 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL