本日は、近々行われるテンカラ取材の打ち合わせに、TOKYOトラウトカントリーに顔を出したのですが、クラブハウス前のファミリーポンドに目をやると、餌の「ペレット」でも撒いた時に起こるような、雨が降ったのかと思わせるようなライズが。
 
近くに行っても魚は平然と、というより何かに取り憑かれたようにライズを繰り返していました。

よくよく見てみると、捕食している餌の正体は「ミッジ」です。
冬場や早春にはこいつが毛バリ釣りのキーワードになることが多く、時と場合によってはミッジサイズの毛バリでなければ食わないという経験もずいぶんしています。

先週までは水温は日中でも2・5度という低さでしたが、ここ2〜3日の暖かい気温で水温も上がり、本日の日中は4・5度。
そんな中、流れのゆるい、日当たりのよいところ(ここの場合のファミリーポンド)などで羽化することが多いようで、やはり昆虫も、それを捕食する魚達も、自然と連動しているのだなぁと、今さらながらあらためて感じました。

さすがにトラウトカントリーでは、流れの速いストリームエリアでは、ライズは見られませんでしたが。
 
そんなわけで、ストリームでライズを確認できなかった自分は、魚が上ずっていないので、
マラブーをしっかり沈めて試し釣り をしてみました。

早いところでは解禁の話も聞かれるようになりましたが、自分のように、管理釣り場や冬季釣り場を利用して、一年中テンカラをするには、やはり色々な毛バリを駆使しないと、安定した釣果は得られないようです。(毛バリを駆使しても安定した釣果が得られないことも多々あります・笑)

三寒四温。季節は春に向かって少しずつ近づいているのでしょう。

インフルエンザの流行も、警戒域に達してしまったようですが、自分も含め、体調管理、しっかりしないといけませんね。

吉田毛鉤 今夜はゆっくり休みます 吉田孝
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL