過去一年と少しですが、
数十名の方に自分のテンカラ教室にご参加いただいた経験からなのですが、
これから解禁を控え、テンカラをやってみようと思われる方への、
ちょっとしたアドバイスをお話ししようかと思います。 

それはこのテンカラを行うにあたり、
どうやってこのシステムを用意すればよいのかということです。

どのような趣味でも同じだと思いますが、何の予備知識もないのに、
いきなり道具を買い揃え、「やってみたけどどうにもなりません」ではお話しにもなりません。

さりとて問題なのが、釣り具の量販店などで聞いて見ても、
「テンカラ」に通じている従業員の方が非常に少なく、
いたとしてもその人の特化した釣りしか伝えられなく、源流などには行かれないのに、
源流向きのシステム一切合切を買わされたり、体力の無い方なのに、
とても振ることのできない重くて長い竿を買わされたりという、
多くのお話しも目の当りにしてきました。

近くにテンカラをやっている方がいて聞くことができたとしても、
その人の好きな釣り方しか教えてもらえず、
自分のやりたい方向にそぐわない場合も具合がよくありません。

ではどうすればよいのかといえば、

「先ずは、ご自身が、どこでテンカラをするのか?」
ということから考えてみてください。

竿を買ったからテンカラをするのではなく、
このラインが振ってみたいからテンカラをするのでもなく、
この毛バリを使ってみたいからテンカラをするという考え方ではなくて、

どこでどんな魚を釣ってみたいのかと、
「先ず魚ありき」
ということから考えてみてください。

「始めてみたいので、誰でも釣れそうな管理釣り場から」だとしたら、
それに合ったシステムがあります。

「いつも沢登りしているので、今度行った時には沢で竿を出してみたい」という方でしたら、
それに合ったシステムがあります。

川幅の広い本流でやりたい方、源流志向の方、
高低差のある流れの速い川に、ゆったりとした里川。

みんなそれぞれ適合したシステムがあります。

餌釣り用の重く長い竿でテンカラができないか?と聞かれたこともあります。
本に出ていたと、長く見辛いレベルラインを持って狭くて暗い源流に行き、
釣りにならなかったと伺ったこともあります。

当然の話しですが、素手で野球や、下駄でサッカーができないように、
それぞれに適合したシステムがあります。

ベテランの方は技術でシステムを凌駕し、使いこなすこともできると思いますが、
これから始めてみようという方や、初心者の方はやはり初心者ゆえに、
使いやすい道具やシステムでないと、釣りそのものが成立しなくなってしまいます。

そのような方々の経験から、テンカラそのものはややこしくないのに、
不適合なシステムを使った結果、
「テンカラはむずかしい」とか「わけがわからない」とか
「やったけどできない」と思われ、
はてはテンカラそのものをやめてしまうようなことになることは、
自分のように「老若男女どなたにもテンカラを楽しんでいただきたい」と
普及に力を入れているものにとっては、非常に片腹痛いことであるのです。

ですからこれから始めてみたいと思う方は、なるべく多くの釣具店を回り、
少しでもテンカラに詳しい方のいるところに行き、
「初めてだけど、これこれこういうところでテンカラをやってみたいので、
それに合ったシステムを教えてください」と質問して、
明確な答えの返ってくるところで道具を購入されるのがよろしいと思います。

それでもダメな時や、そんなこといわれても何もわからないからどうしょうもない。
と思った方は、

「自分の教室にご参加ください」(笑)
人それぞれ、その方に合った、その方のやりたいテンカラの、
道具の選び方から丁寧にご説明いたします。

以下はブログ内リンクですが、ご参考になれば幸いです。

テンカラ入門←クリックしてください
テンカラ講座←クリックしてください

吉田毛鉤 週末は自分の大好きな毛バリ巻き勉強会で気分もアガル 吉田孝  
   




コメント
いつも楽しく拝見しております。
ブログ中「片腹痛い」とのコメントがありますが,吉田さんの意図している意味と違うのでは?とコメントさせていただきました。

これからも楽しいブログ楽しみしております。
このコメントは削除OKです。では!!
  • by ten2843
  • 2011/01/14 12:51 AM
コメントありがとうございます。
片腹痛い。そうですね。通常は笑止千万というニュアンスで使うので、微妙な感じになりましたが、その部分を「心苦しい」と置き換えて読んでいただければよろしいかと思います。
  • by 吉田毛鉤
  • 2011/01/14 4:50 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL