『釣り』(今は半分仕事)と『料理』(父方母方共に代々続いた料理屋だった。私も若い頃調理師免許を取得した)と『読書』(これは純粋に趣味だ)が私の三大好きなこと。


 中でも本がないと眠りに就けないので、書棚以外に寝床の枕元にも大量の本が積み上がっていた。

 本に侵食されかねないので、一度電子書籍に手を出したが、アレは全く受け付けなかった。


 本はやはり装丁や形状や重さに良さがあり、何よりその本の持つ香り(特に古書)を嗅ぐとワクワクしてしまう。

 


 眠る間際まで本を手にする私だが、時に重ねておいた本が表層雪崩を起こし、寝ている私の顔面に落ちる場合がある。

 


 そんな事故が度々あるので、自粛期間の今週末は、寝床の頭周りの本の整理をすべく、材料を用意し簡単な本棚を2つ作った。
 作るのは短時間でできたが、その後の整理に数時間。
 流石に疲れた。

 

 

 釣りも本も好きなおかげで、10年位前から取材や執筆の仕事も頂くようになった。
 近年では釣り場での野外料理や、野外でのコーヒーの解説等も担当させていただくようになった。
 情熱が形になったことは、本当にありがたい限りだ。

 

 片付けも終わり、そんなことを考えながら一息ついていると郵便物が届いた。
 今回の記事は春先にテンカラインストラクターとしてご協力させていただいたのだが、生徒さんは何せミスコンにも出場しているお嬢さんだった。
 日々のトレーニングも続けていらっしゃるそう。

 

 

 『美女と野獣』ではないが、引き立て役になるならともかく、腹の出た薄汚れたオッサンだと、私だけフレームアウトされかねないので、私もストイックに、体型維持だけは怠らないようにしなければと、あらためて思った次第です(笑)。

 


 

 つり人社刊『月刊つり人7月号』を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 明日も早朝ランニング、頑張ります。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝