暗くなる新型コロナのネタはもうたくさんだ。


 私的には健康管理と自己防衛をする他ないと思っている。


 幸い非喫煙者だし、酒も適量、糖尿病や高血圧等の生活習慣病もなし。


 週に2回の5キロランと、週末入渓の渓歩きをして、低空飛行ながら健康を保っている。


 これで感染したら仕方がない。


 それはさておき昨日は生業先に休暇届を提出していたので、降雪の後だったが入渓してきた。


 今期まだ顔を出していないプチ源流。


 台風後の変わり様と、一気に冷えた気温と低水温下で魚がどう反応するかの釣査も兼ねて出かけてみた。


 いつもの車止めは雪で埋まっていそうなので、手前に止めた。


 誰ひとりいないこの場所を、ウサギとタヌキとシカの足跡を見ながらてくてくと歩く。

 


 今日は平日、雪の後なのでのんびり構え、いつもの入渓時間に起床し(ウィークエンドアングラーは先行者回避のため週末は早朝入渓する他ない)釣りを始めたのは午前8時半だった。


 想定内の反応ゼロ。


 走る魚も見えない。


 ようやっと魚影を確認したが、大岩の下からひょこっと顔を出したベビー。


 その後暫くして、しっかり底を流しているとようやくヤマメが毛バリをくわえてくれた。

 


 この後も反応はなく魚影も確認できず。

 


 このような条件下でもどうにか魚を釣ることができたことに満足し、開始1時間半で竿を畳んだ。

 


 入渓点近くまで戻り、腰をおろしてお湯を沸かす。

 

 今日はインスタントのyoshida's cafeで。


 どんな時でも周囲に煽られず、自分のすべきことをやる。


 落ち着いた日常を保ちながら、今日も渓に立てたことに感謝しながらコーヒーを飲んだ。

 


 ふと目をやると、近くの木の枝にゴミが。


 せっかくいい気分でいたのに残念だが、仕方ない。

 

 

 置いていった馬鹿の始末は神様にお任せし、私はゴミを回収して帰宅した。


 

 今朝自宅を出て、帰宅するまで他人との接触はなかった。


 どんな時でもやっぱり渓は最高です。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

関連する記事