そこにいけば、必ず何かを語りかけてくる、川越喜多院の『五百らかん』。

 

 師走の今日は『てんから』について語られていらしたので、リードキャプションを付けてご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

関連する記事