台風の余波も落ち着き、週末ごとの管理釣り場通いも、11月になってペースを取り戻した私。

 


 今日も今日とて群馬県まで、渓流魚の顔を拝みにいってきた。

 


 早朝は氷点下に近い気温で、ハンドウォーマーにハクキンカイロを用意して入渓。

 


 魚はべったりと底付近に定位していたが、底を取るように毛バリを流すと(色々)釣れた。

 


 いつものように昼には上がり、温かい新蕎麦と魚の唐揚げでランチをいただいた。

 

 

 

 寒いけれどテンカラは楽しみたい。


 奥多摩のトラウトカントリーも条件付きで再開となったので、教室の再開情報も含め、詳細は明日にでもアナウンスします。


 今日も釣りにいかれたこと、美味しい食事をいただけたことに感謝する次第です。


 あー楽しかった。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝