台風の影響で、奥多摩のトラウトカントリーで開催予定だったテンカラ教室と毛バリ研究会が流れてしまった。

 

 

トラウトカントリーは落ち着きを取り戻しつつあるが、釣り場までの道路が復旧しないことには再開の目処も立たない。

 

 

個人的にも10月の6日を最後に竿を出すこともなく、10月の後半は出張で京都に行っていたこともあって、管理釣り場行脚もできない状態が続いていた。

 

 

そんな日々を過ごしていたが、昨日は釣りの仕事が入った。

 

 

 

しばらく魚の引きを味わっていなかったので、釣りができただけでも本当にありがたかった。

 

 

で、今日は釣り場の状態を確認するためにトラウトカントリーまで。

 

関係者以外通行止めが続いているので、迷惑のかからないよう、スタッフと話をし、釣り場の写真を撮影して、滞在30分で帰途についた。

 

とにもかくにも1日でも早く、道路が安全に通行できるよう願いたい。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝