(このイワナも自作のループアイの毛バリで)

 

何度か紹介している、自作のアイ。


フライ専用のフックにはハリスを結ぶアイがついているが、さすがに早朝の薄暗い渓でのハリス通しにも限界がきた。


老眼鏡をかければいいのだが、渓での使用がどうしても鬱陶しいので嫌なのだ。


ハリスさえ通せれば、老眼鏡を使わなくても他の結びは問題なくできるので、今期の釣りではそのほとんどで、自作のアイをつけた毛バリを使用した。


アイの材質はナイロンかフロロカーボン製の4号ラインを使っている。


自分で傷でもつけていない限り、アイの部分が壊れることはなく、根掛かった場合もハリスから先に切れている。

 

最初釣行の尺イワナも、自作のループアイを付けた毛バリを使ったが、問題なく寄せることができた。


ただ、ハリスが通しやすいからといって、あまり大きくするとハリ全体のフォルムが崩れてしまう。


使用するハリは、それこそどれだけの種類で作ったかわからなくなるほどだ。

 

(ヘラブナ用のハリはバリエーション豊富でありがたい)


中でもヘラブナ釣りに使うハリは『バーブレス』ということと『種類の豊富さ(重さや強度、ハリ掛かり)』ではナンバーワンなので愛用している。

 

http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1324


さてさて、禁漁期は管理釣り場の魚相手に、ハリを始めとする道具の検証によいシーズンとなる。


今月は19日(土)にテンカラ教室、27日(日)に毛バリ研究会と、私が講師を務める関連教室がある。


テンカラについてのグローバルな質問にも、精一杯の知識を絞り出して対応させていただいているので、ご興味のある方はご参加いただければと思います。

 

(詳細はTOKYOトラウトカントリーのホームページよりご確認ください)

 

(左のハリは何尾か魚を掛けた後のもの。全く問題ありません)

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝