私のホームの奥多摩の渓流釣りは9月いっぱいで禁漁になった。

 

例年10月からは管理釣り場へ足を向けることになるのだが、今年は10月14日まで釣りのできる、相模川漁連管内の渓に(これがホントの)最終釣行をすることにした。

 

(笑顔で締めくくることができた)

 

昨日の天気はあまりよくなくて、早朝から雨模様。

 

しぶしぶ早朝4時半に家を出て、釣り場付近の車止めに6時に到着した。

 

準備をしていると、林道の下の方から鈴の音と共に釣り人が歩いてきた。

 

近づいてきたのでお互い挨拶をすると……何と以前私のテンカラ教室に参加していただいたことのあるOさんだった。

 

雨、単独行動、クマの心配もある源流域の小渓流の釣りなので、ご一緒しましょうということになり、談笑しながら入渓点まで林道を歩いた。

 

釣りはまずまず、交互に竿を出すと、小さいながらもポツポツとイワナが釣れ、ハリの掛かりについて、検証しながら釣り上がった。

 

リリース派の私たちは、魚の顔さえ見えればとりあえずOK 。

 

午前9時には満足したので、少し歩いて今まで入ったことのない場所を突っついて、それから帰ることにした。

 

この判断が大アタリ。

 

(山岳渓流、しかも日帰りできる小渓流での尺超えはなかなかない)

 

先ずは私が尺一寸のイワナを釣り、直後にOさんも尺イワナを釣り上げた。

 

あまりの嬉しさと、今期の沢テンカラを大団円で締めくくることができたこと、二人でゲラゲラ笑いながら林道を下った。

 

Oさん、ありがとうございました。

 

来期は再びあの魚たちに会いにいきましょう。

 

(竿は愛竿の金剛テンカラ吉田毛鉤オリジナルで)

 

『来期は私もこんな釣りがしてみたい』

 

『どんな毛バリで釣ったのだろう』

 

と、思われた方には、TOKYOトラウトカントリーのテンカラ関連教室があります。

 

次回のテンカラ教室は10月19日(土) 、毛バリ研究会は10月27日(日)になります。

 

快適な気候の中で、楽しく開催しております。

 

どちらの教室も、お申し込みはTOKYOトラウトカントリーのホームページで受け付けております。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝