【渓に御礼を】

 

 

9月も終わりに近づき、禁漁が迫ってきた。

 

毎年この頃になると、渓に御礼に行く。

 

今日も早朝車を走らせ渓に出かけた。

 

 

今期もケガなく遊ばせていただいたことに感謝。

 

(ゆるい渓でも、勝手知ったる場所でも、単独行動の場合はヘルメットを含め、写真の道具は必ず携帯するようにしている)

 

 

来期も渓の環境が悪くなることなく、魚たちの顔を見ることができるよう祈ってきた。

 

 

渓の神様には御神酒を。

 

 

堀江師匠にはコーヒーを。

 

今日はそちらがメインだったので、ほんの少しだけ竿を出し、早い時間に下山し帰途についた。

 

 

帰宅してからはウェアの洗濯と道具の片付けをして、シャワーを浴びて電車に乗った。

 

午後は巣鴨の『ゴロー』さんに、すり減った沢靴のソールの貼り替えをお願いしに行った。

 

 

年に1度のペースで沢靴は購入していたが、どれもこれも自分にスッキリ合うものがなく、今期は解禁前に、初めて沢靴をオーダーしてみた。

 

量販品とは違う履き心地に魅了されたので、メンテナンスしながら使い続けようと思った。

 

その後は原宿の『ファイントラックTOKYOベース』さんに行き、消費増税前に買い物をしてきた。

 

 

1日にこのくらい色々できると充実感はたっぷりである。

 

でも禁漁前に、もう1回は入渓する予定だ。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝