オフシーズンでもテンカラをやりたい私は、10月からは毎週のように管理釣り場に通うことになる。

 

 

そこでこの週末も、どこに行こうかと考えた。

東京、神奈川、埼玉、群馬と、私の住んでいる界隈には、テンカラのできる管理釣り場がいくつかあるが、まだ行ったことのない釣り場があったのでお邪魔してみることにした。

 

 

場内の渓にほとんど手を加えていない区間では、ピンソールやロープが必要なのでは?と思わせる場所もあり楽しませてもらった(笑)。

 

 

ゆるい場所にはお約束のニジマスが放流されていて、これはこれでテキトーに釣れる。

 

 

時折ブラウンも混じる。

 

 

そうこうしているうちに飽きてきたので、暫しカメラと戯れ、ボチボチ帰ろうかと思っていたら、以前私の教室にご参加していただいたことのあるご夫妻とバッタリ。

 

 

源流好きのみなさんは考えることが同じで、禁漁になり、名残惜しいので釣りにきたとのことだった。

 

短い時間だったが話に花が咲き、「またお会いしましょう」といい残し、私はお先に失礼させていただいた。

 

禁漁になっても渓流で釣りがしたい。そんな時には管理釣り場に出かけると、楽しいし憂さ晴らしにもなる。

 

ここのところの雨で、増水の影響も出てしまった釣り場もあるが、秋も深くなれば徐々に水の状態も落ち着いてくると思う。11月のテンカラ教室の時には落ち着いて釣りができることを祈っている。

 

※TTCのテンカラ教室(記念すべき第100回)は、11月11日を予定しております。詳細はTTC(TOKYOトラウトカントリー)のホームページからご確認ください。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝