禁漁になり半月が過ぎた。

 

1日はTTCで毛バリ研究会、9日は丹沢ホーム(札掛釣場)に吉田毛鉤会のメンバーと釣りにいった。

 

 

禁漁期はニジマスがメインターゲットとなるが、管理釣場は魚がいるのが前提となるので、道具や毛バリ、そして装備に至るまで魚を釣りながらの試行錯誤がやりやすい。

 

 

特に私の場合は山岳渓流でのテンカラが好きなので、新しく導入した装備など、現場(山中)で不具合に気が付いたりすると目も当てられなくなってしまう。

 

特に新しく購入したシューズやレインギアなどは、現地でダメだと命取りにもなりかねないので、管理釣場で釣りをしながら使用感を試すのがいい。

 

 

今日は雨だったが、TOKYOトラウトカントリーに出かけた。販売用の毛バリを作りにいった。

 

毛バリを巻き終え納品した後は、検証用の毛バリを巻いて川で試した。

 

 

秋の長雨。秋雨前線。しばらく雨の予報が続くようだが、これも仕方がない。

 

天候が回復したらまたどこかの管理釣り場に出かけよう。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝