日曜日の釣行では、蜂に刺されこそしなかったが、スズメバチに追われた一日となった。

9月の半ばを迎え、私も月末にかけてボチボチお仕事の釣りがありそうなので、調整も兼ねての釣行となった。 向った先はいつもお世話になっている天然魚のみのC&Rの釣り場「シャロムの森」。同行はメンバーのチナミさんだ。

 

私は先週に引き続きお邪魔をさせていただいた。

釣り場に到着したのが午前9時。準備をして釣りを開始したが、先週に比べてあまり反応がよろしくない。先週もある時間を境に魚たちが一気にスイッチ・オンしたので、今日もそうだろうと二人でのんびりと釣り上がっていった。

しかし蜂が多い。

 

最初の魚が顔を出したのが30分を過ぎた頃だったと思う。その後二人で交互に魚を釣っていったが、やっぱり蜂が多いのだ。

魚や風景を撮影しようとすると蜂にまとわりつかれる。最終的に大きく場所を移動するまでは、始終蜂の羽音を近くに聞いての釣りとなったため、落ち着かないことこの上ない。

最後には重低音の羽音の幻聴まで聴こえてくるようになってしまった(泣笑)。

それでも活性が上がってきた頃には思うように魚も出てくれて、午前中の釣りはまぁ満足。

 

その後釣り場を移動したら、朝の場所よりは少なくなったが、それでも蜂はそこそこいた。

昼過ぎには、羽音にビクビクしながらインスタントラーメンを作り食べた。

食事の後は釣りを再開。ここからもイイ調子で魚が出てくれたので、結果的には二人共大満足の一日となった。

 

 

風邪からの病み上がりとはいえ、家でくすぶっていたら完治しないと思ったので出かけたが、投薬と睡眠を繰り返したおかげか、帰りの運転時も疲労が出ず、元気のままで帰宅することができた。

 

しかし時期的に仕方がないとはいえ、やはり蜂だけは周囲を飛ばれるとどうにも落ち着いて釣りができない。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

関連する記事