今期、私の好んで入る奥多摩の渓は渇水が続いている。昨日もそうであったが、毎回のように最低水位を記録するほど、雨が降ろうがヤリが降ろうが水位が下がりまくっているのだ。

これがどういうことかというと、水位が下がり過ぎて魚の付き場が日に日になくなり続けているのだ。

 

 

天災になるような大増水はごめんこうむりたいが、適度な増水と引き水が繰り返してくれるとありがたい。

時に大水が出ないと川底に溜まった砂が抜けず、小渓流ではさらに魚の居場所がなくなってしまう。

それでも先日は少しばかり雨が降り、周辺の動植物は息を吹き返した感じがする。

 

減水&入渓者の数で、この渓もかなりプレッシャーが高くなり、反応のよいのはウブなおチビばかり。

昨日もそんな悪条件の中、この渓にしてはそこそこの型を釣ることができたが、おチビ以外ではその魚のみだった。

午前中、しかも実釣2時間弱の結果なので、ま、よしとしよう。

 

 

その後はトラウトカントリーに戻り、スタッフと先日のTV放映の話で盛り上がった。

そして 渓の釣りが芳しくなかった私はTTCで竿を出し、ここの魚で憂さ晴らし…じゃなかった癒してもらった(笑)。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝