前の日曜日からスタートした私的テンカラウイーク。入渓、カンツリ釣行、毛バリ研究会、テンカラ教室の後はなじみの渓に出かけることに。

 

今日はちょっと毛バリのことについて検証したいことがあった。

以前いただいた職業漁師の方の毛バリに似せて巻いた毛バリを使い、いつもより太いハリスで釣りをしてみる。私のスタンダードの仕掛けに比べると毛バリもハリスも一回り大きな(太い)ものだが、釣り場と釣り方が合っていれば……詳しくは研究会で解説しようと思っている。

 

 

今日は釣りを開始しても蓄積疲労にやられているらしく、肩は重だるく、目もかすみ気味。釣りにもあまり集中できなかったので、同行の女子にがんばってもらった。開始早々にそこそこの型を出した女子。その後は私も1尾釣り、なんだか気が抜けた2人は、もう渓メシのことで頭がいっぱいになってしまった。

 

今日は入渓前にトラウトカントリーに寄り、毛バリの納品をしてから渓に入ったため、スタート時間は遅かったが、10時過ぎには食事の準備にとりかかり、だらだらと渓で過ごす。

 

夏場でも腐敗しない食材を渓に持ち込み、美味しい食事をしたいと思うのだが、年齢からくる胃弱のせいか、肉っぽいものや油っぽいものが食べたくない時がある。そこで持ち込んだのが長芋である。 麦ごはんは炊くだけ、長芋はスリスリするだけ、味噌汁はインスタントにし、個装パックの海苔の佃煮を用意すれば、贅沢な御膳の完成となる。名付けて『奥多摩渓御膳』。 麦とろはご飯がいくらでも胃袋に入ってしまうので、食べ過ぎ注意のこのメニューだが、とにかくいうことなし!!の美味しさだった。

 

 

これで満足してしまったので、昼過ぎには退渓。

帰りにトラウトカントリーに顔を出し、今日の報告をして、コーヒーをいただき帰宅した。

 

これにて終了の私的テンカラウイーク。明日から現実世界に引き戻されます(泣)。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝