一昨日は入渓、昨日は毛バリ研究会、今日は生業が休みだった。そこで入渓することにした。三日連続の奥多摩通いだ。

 

 

今日はちょっと見ておきたい渓があった。

月曜日だし早朝の入渓者もいないと踏んで、ゆっくり出かけて沢に立ったのが午前7時半。渓相はいいが、いかにも入りやすいため、沢に下りたところに焚火の跡があった。跡をキチンと始末していなかったので、イラッとしながら横目で見て釣りを開始する。

長いこと釣りをしていると、開始時に大体この渓は釣れるかどうかが雰囲気でわかってくるようになるが、ここはあまりイイ感じではなかった。

 

案の定1時間遡行しても魚の影はなかった。虫も飛び始めたが、それにつられて動く魚もない。オマケに茶ゴケの生えたナメ床が多く、ラバーソールの沢靴では滑りまくる。こりゃ〜ダメだと見切りをつけ、車まで戻った。沢靴にゲーターにヘルメットも着用のまま車を走らせ別の渓に。フェルト底ではダメだけど、ラバーソールなら運転に支障がないことが解かった(笑)。

 

別の渓に到着し、登山道をスタコラ歩く。沢に下り竿を振ると、早速オチビが毛バリにまとわりついてくる。オチビのいるという生命感。不毛の渓から移動したので安心感が湧き上がってくる。 毛バリにのらないが反応は多く、ほどなく本命ポイントから1尾釣れた。

 

 

その後2尾追加して時速3尾。

いつもの入渓では大体こんなもんで満足してしまうし、今日は半日釣行の予定なので携帯食しか持ってきておらず、車止めまで戻ることにした。車止めまで戻ろうと思い、渓を下っていったのだが、まだ11時前だったこともあり、下流部の別の区間に寄り道をしてみた。

 

魚を追加し、正午まで時間があったので周囲の写真を撮り、滝を流れ落ちる水を見ながら一服する。

渓の空気を身体一杯に浴びて、ガス抜きのリラックスタイムとした。

平日の半日でこれだけ渓を堪能できればいうことなしだ。

こうしてちょいちょい釣りに行かれる今の状況に感謝。

そしてもちろん魚にも感謝だ。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

関連する記事