『POPEYE』5月号

 

 

今を去ること40年前。当時の若者が憧れていたアメリカンカルチャーや最新グッズなどを、斬新な切り口で紹介する雑誌が創刊された。それはマガジンハウス社発行の『POPEYE』という名の雑誌だった。

当時10代だった私もこの本に飛び付き、創刊号から数年間は欠かさずに購入し、楽しく読ませていただいていた。

 

今回は『TOKYO CITY GUIDE 2017』ということで、TOKYO TROUT COUNTRYで私が講師を務めるテンカラ教室のことをご紹介いただいた。当時本当に好きだったPOPEYEという雑誌に、40年後の自分がまさか載るとは思いもしなかった。

 

 

TOKYOの下町に生まれ育った私も現在は郊外に住んでいるので、最新のTOKYO情報を、この一冊からじっくりと読み取らせていただこうと思っている。

教室の詳しい内容は、10日発売の『POPEYE』5月号をお読みください。

そしてお申込みの詳細は、TOKYOトラウトカントリーのHPよりご確認ください。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝