午前9時から正午まで【エントリー15名】【総尾数131】【優勝魚33.5センチ】【最多尾数16】【イロモノ賞・イワナ26.7センチ】今回の結果です。

 

「毛バリの釣りを楽しむ人なら、毛バリのタイイングをやらなければその楽しみの半分以上は損をしている」と思っている私。

私の開催している毛バリの教室でも利用している、タイイングをして直後に釣り場でテストすることのできる恵まれた環境でもあるここTOKYOトラウトカントリー。この場所を上手に利用して何か面白い大会はないかと考えて、数年前から開催している毛バリ釣りの大会ですが、ことしで5回目を迎えることができました。

 

何よりこの大会は、いつもTTCをご利用いただいている方々や、ご協力いただいている吉田毛鉤会のメンバーへの利益還元も兼ねているため、空クジなしの大赤字の大会となっております(笑)。

 

 

今回も高級ランディングネットに始まり、数本の竿、最後にはデジカメまで飛び出す始末(笑)。

それでも参加者のみなさんの笑顔を見ることができたので、今回も無事開催となり、本当に良かったと思っております。

 

毛バリの釣りは少人数で渓流に入ってやることが多く、自分の実力がどの位かわかりにくいこともあります。そんな時に同じ土俵で同時に釣りをすることにより、自分自身の実力を試すこともできます。まして大会となりますと、その人それぞれの性格に時間の制約や焦りもあって、悲喜こもごもを観客席から見ているのもまた楽しということもあります。

 

今回も楽しいネタを提供していただいた参加者もいらっしゃり、本当に楽しい大会となりました。

本日ご参加いただきましたみなさま、ご協力いただきましたスポンサーのみなさま、スタッフのみなさま、お疲れさま&ありがとうございました。

 

また来年の大会も無事開催できますよう祈りを込めて、本日の報告とさせていただきたいと思います。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝