毛バリは2箱に分けて

 

 私自身何度かヒヤッとしたこともあるし、仲間では、実際に手元から毛バリケースがポロリと落ち、渓の流れに持っていかれた人もいる。

 

 一度、養沢毛鉤専用釣場で、ドライフライのたっぷり入った高級毛バリケースを拾ったこともあるし(落とした人が名乗りを上げるかもしれないので、養沢の受付に渡しておきました)、毛バリのケースは紐でも付けておかない限り、足場の悪い場所で落としてしまうと回収は不可能となることが多い。

 

 そこで私は以前から、ストック用の毛バリは別として、渓でポケットに入れておく毛バリケースは(万が一落としてしまうことも考えて)、同じような体の毛バリを別々に入れて、2個用意するようにしている。

 

 

 

 これをひとつのケースには沈むもの(または大きなサイズ)を入れ、もうひとつのケースには浮かぶもの(または小さなサイズ)を…とやっておくと、万が一ひとつのケースを紛失した時に、偏った毛バリしか手元に残らなくなってしまう。

 日帰り釣行であきらめも付くような場所であればよいが、何泊もする源流行でこうなってしまってはシャレにならない。

 

 竿も同じく、同じものを2本持っていけば、破損した時の代用が効くチャンスが増えるので、遠征の場合などはそうしている。

 

 毛バリの大きさや形、浮かべる沈めるにこだわらない人なら、そこまでやる必要もないと思うが、私の様に『浮沈明暗大小』の毛バリを交換しながら、激戦区でテンカラをするものにとっては、使いたいサイズや種類の毛バリがなくなってしまうことは致命傷になりかねない。

 ま、釣行時のザックには、いつも2〜300本の毛バリが入っているので、大丈夫といえば大丈夫なのだが、どんな毛バリでも釣れるような場所や状況で釣りをすることなどは、皆無に等しい釣行がほとんどなので、こればかりは仕方がない。

 

 ということで、週末釣行用に今日は毛バリの整理をした。

 

 長雨による水位の上昇により、危険と感じた場合釣りはあきらめるつもりでいる。

 そのような場合は、楽しみを登山に切り替えることもできる場所へ行くことが多いので、山岳渓流への釣行というのはありがたいものだと思っている。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝