いつも愛用している「サクラ・金剛テンカラ」。この竿のメーカーの常務より「今週アメリカから知人が来日するので、一緒に会いませんか」と連絡をいただいた。

 

 http://shop.sakura-rod.co.jp/ec/html/PDFcatalog/37.pdf

 

 このアメリカ人は、以前彼のウェブサイトにインタビューの原稿を依頼されたことがキッカケで知り合いになったのだが、実際には会ったことがなかったので、ちょうど良い機会と思い会うことにした。

 

 http://www.tenkara-fisher.com/content.php?259-10-Questions-with-Yoshida-Takashi

 

 洋の東西を問わず、趣味を同じくする人との話は人種や言葉の壁を越えて盛り上がる。実に楽しいひと時となった。

 一席設けていただきました神田櫻井釣漁具の常務。心より御礼申し上げます。

 

 

 

 今週はこのような機会もあり、気分の良いまま週末を迎えたが、私は連休ではなくいつもの土日の休み。9月の後半は例年のごとく雑誌の取材が入るかも知れないので、この週末がホームである奥多摩への今期最終釣行となるかも知れない。

 

 ということで準備を開始する。今年は各地で『熊』の出没情報も多く、私は奥多摩でも目撃している。そのことは、つり人社刊『熊!に出会った襲われた』に拙文を掲載させていただいたのでそちらをお読みいただければ幸いである。

 

 https://www.amazon.co.jp/%E7%86%8A-%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A5%B2%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F-%E3%81%A4%E3%82%8A%E4%BA%BA%E7%A4%BE%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4864470936

 

 私がいつも入渓している場所は、日帰りで行かれる場所とはいえ、登山絡みの場所も多く、滑落すれば命がなくなるような場所も多い。もちろん熊の出没情報も頻発している。それでも釣行時に同行者がいれば、何かがあった時には単独よりは救われる率は高くなると思うのだが、仲間のスケジュールの都合もあり、いつも必ず誰かと一緒に入渓というわけにもいかない。

 

 そこで私が単独入渓する場合に、絶対外せない道具というのがある。

 

 熊(避け)鈴・ホイッスル・薬品・非常食・着火系・エマージェンシーシート・ポイズンリムーバー・ヘッデン等は誰と入渓する場合も必ず持っていくものだが、単独行の場合は『熊除けスプレー』『ヘルメット』『ロープとスリング』『浄水器』だけは何があっても忘れないようにしている。

 

 

 特に熊対策に関しては、徒手空拳で戦って勝てるような相手ではないこともあり、こう出没情報が多いと、この熊除けスプレーだけは所持していないと、入渓時に精神的に落ち着かない状態になってしまう。

 

 さてさて、今期最終奥多摩釣行になるかも知れない次の入渓。『森のくまさん』に出会わないことを祈るのみだ。

 

 実はそれより『スズメバチ』のほうが嫌なんだけど…

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝