ランディングネットのリメイクに着手



 シーズン中は藪っかぶりの沢に入ることが多く、コンパクトな折り畳み式のネットの使い勝手がよくて、木枠のランディングネットを使用しなくなってしまった。
  過去にいくつか持っていたものも、壊れたり無くしたり。他に自宅に転がっていたものも、その存在を全く意識しなくなっていた。

  先日道具の片付けをした時に出て来たネットの1本を、なんとなく直してみる気になって、パテ埋めと再塗装をして管理釣り場で使ってみた。
 フレームを直して塗装するだけだったので、それほど手間はかからなかった。

 私は自然渓では100%のリリース派なので、魚は撮影してその姿だけを持ち帰っている。
 ネットを水辺に置き、その中に魚を入れ、泳いで逃げ出さないよう注意しながら撮影をする。
 その場合、やはり折り畳み式のネットよりも、ウッドのフレームのネットのほうがカッコイイ。
 
 そんなこともあり、別のネットもリメイクして再度活躍させてみようかと思い、徐々にいじってみることにし、 破けたネットは廃棄して、先ずは小さなものから新たに編んでみることにした。

 とはいえ坦々とした変化のない作業が続くわけで、後は飽きと根気の戦いになる。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


 ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL