解禁時の毛バリ



 私の釣りで、解禁時に欠かすことのできない毛バリがある。
 過去何度も紹介したことのある、BH(ビーズヘッド)の毛バリだ。

 このBHだが、月イチ開催の毛バリ研究会でもその重量が話題に上がることがある。
 「どの位の重さがよいのでしょうか?」
 と、聞かれることが多いが、この重量いついては本当に難しく、なかなか簡単に答えることができない。
 理由はいくつかあるが、「使うフックの重さ」「ハックルの量」「ボデイ材の厚み」「自分が毛バリをどの位の速度で流すか」等々、それらのことを考えながら、自分にピッタリの重さを見つけていかないとならないからである。

 今週の生業も終わり。
 さて、明日も毛バリを巻かないと(販売用)。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村  
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL