第1回TTCキッズテンカラスクールの報告

 夏休みに入ったばかりの日曜日、本日はTTC (TOKYO TROUT COUNTRY)に於いて、初めてとなるお子さんだけのテンカラ教室を開催しました。

 親子としなかったのは、やはり親子で同じことをやるにはムリがあることもあり、昨今自然に触れる機会の少なくなった子供たちに、少しでもそういった体験をしてもらいたくて企画をした次第です。

 小学校1年生から4年生までを対象に(高学年から上の年齢のかたには常設のテンカラ教室を開催しています)、小さい子供ゆえの飽きがこないよう、教室のカテゴリーをショートスパンで4部に分けて開催しました。

 第1部は毛バリ巻き。
 講師の先生方に教えてもらいながら、自分で毛バリを作ってみます。
 
 実はこれには難しい問題がありました。
 その問題とは、低学年の子供たちゆえにマンツーマンに近い状態で、なるべく偏りのないような指導のできる講師が、参加する生徒さんと同じ人数必要になるということでした。

 大人の教室なら別ですが、先生がひとりで教えるのは難しいばかりかゆき届いた講習になりません。
 そこは当吉田毛鉤会、今回も私がOKを出せる毛バリ巻きの技術のある面々がいるので、そのひとたちにご協力いただき、ほぼマンツーマンの形で教室を開催することができました。
 
 参加したみなさまには当然感謝の念にたえませんが、講師として一日生徒さんのご指導にあたっていただいたメンバーにも同様の感謝の気持ちで一杯です。



 参加者は14名。
 奥多摩といえどもかなりな暑さとなった今日ですが、朝から元気よくお集まりいただきました。



 暑さなのか参加者の熱気なのか、第1部の毛バリ巻き教室の時間は、カメラのレンズも曇る勢いでした。



 ここからが第2部となります。
 毛バリ巻きが終わってからは、ひと息入れて釣りの準備をします。
 
 低学年のお子さんが中心となっておりますので、増水した川ではなく、安全と釣りやすさ、そして体験目的ということもありポンドでの実釣講習となりました。

 講師の先生にひとりひとり指導をしてもらいながら、自分で巻いた毛バリでしっかり魚を釣っていだだきました。
 この「自分で巻いた毛バリで」というところが重要で、大変だけれどやれることは自分でやる、そのかわり楽しさや嬉しさも倍増するということを理解していただきたかったのです。

 14名全員が、自分で作った毛バリで、自分の分だけでなく、お母さんやお父さんの分も釣ることができました。
 ここで第2部の終了となります。

 第3部は「魚を自分でおろしてみよう」ということで、慣れない作業ゆえなかなか上手くはいきませんが、子供たちは積極的にやろうとし、私とメンバーのひとりがお手伝いしながら、みなさん魚の処理をすることができました。
 こういった機会はなかなか日常の生活では子供たちにやらせることもできないと思うので、この機会にどうしてもやってみたかったことでもあります。

 第4部はこの魚を焼くということでしたが、まぁこれは時間も掛かることですし、スタッフとウチのメンバーにおまかせして、焼き上がるまでには子供たちにしばしの自由時間としていただきました。

 そのまま流れでランチタイムに突入し、併設のレストランの美味しいイタリアンをいただいたり、焼き上がった魚をご家族で食べていただいたり、みなさん楽しい時間を過ごされていたようです。



 午後1時には閉会式を執り行いました。

 その後は川で釣りを楽しまれるかた、お友達との談笑に花を咲かせるかた、今までテンカラをやったことのないお母さんやお父さんに特別にプチ講習等、夏休みの一日を目一杯楽しんでいただけたことと思います。
 
 これを機会にさらなるテンカラを知ってみたいと思われたかたや、保護者のかたでテンカラをやってみたいと思われたかたには、私が毎月開催している常設のテンカラ教室もありますので、そちらもよろしくお願いいたします。

 ご参加いただいたキッズのみなさま。
 お子さんをお連れいただいたご両親。
 本日は暑い中のご参加、本当にありがとうございました。
 もしもご好評のご感想等がいただけましたら、またの開催をしたいと思っております。
 
 そしていつも影に日向にご協力いただいている吉田毛鉤会メンバー
 秋山郷のUさん
 K閣下
 千葉のGさん
 雑木姫さん
 とくじろうさん
 ぺたうろさん
 ナベちゃん
 なみへい(♀)さん
 中川G君
 ☆はるか☆ちゃん
 毛バリ巻きの講師を担当していただきまして本当にありがとうございました。
 暑い中焼き台の前で頑張っていただいたからふる王妃、雑用係をしていただいたからふる運転手さんも、ご協力ありがとうございました。

 メンバーの協力がなければ到底できないこのような企画。
 繰り返しになりますが、ご協力いただいたメンバーのみなさまには、心より感謝申し上げます。
 埋め合わせは10月の例のイベントでさせてください・・・ということで(笑)。

 本日はお疲れさまでした。
 またみなさまとお会いできる日を楽しみにしております。
 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL