釣行記(2回目)「奥多摩アドベンチャーワールド」

 本日は吉田毛鉤会のメンバーと入渓をした。
 しかし、当初入渓予定していた場所へのアプローチルートが崩落していたため、同じ水系の下流部の支流に目的地を変更することになってしまった。



 まぁそれはそれで想定内だったのだが、今度はその渓の最終退渓ルートが消失。
 結局沢通しに入渓点まで戻ることになった。



 ここまでの行程だが、
 車止めから林道歩き6キロ
 入渓不可で2キロ戻る
 そこから支流に入り1キロ釣り上がる
 同じく1キロ戻る
 林道を2キロ戻る
 枝沢を200メートル釣る
 沢通し200メートル戻る
 林道を車止めに向け2キロ戻る
 そして疲れる。 



 ロープを出したりエスケープルートを探したりの奥多摩アドベンチャーワールド。



 日帰りなので身体はかなり疲れたが、その年の初入渓では入退渓のルートが荒れていて、昨年通りにはいかないことも考慮しなければならないことを再確認する釣行となった。



 取りあえず参加者全員ケガもせず無事帰還できたので、釣果はさておき「よし」としよう。



 同行いただきましたとくさん、きょ→じさん、本日はお疲れさまでした。
 大変でしたが今日の経験を次からの釣行に生かしましょう!!


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓とくさんのブログにも報告があります⇓
http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20150328


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
登ったんだが降りられないと、降りたんだが登れないの両方を身をもって体験し、大変勉強になりました。
山に入るなら本当にロープ必須だとつくづく実感です。
2年ぶりにあの淵を目にすることもでき、満足感でいっぱいです。本当にありがとうございました。
  • by とく
  • 2015/03/28 10:18 PM
とくさん。
昨日は大変な思いをさせてしまいましたが、これも経験とあきらめて下さい(笑)。
そしていつも写真撮影をありがとうございます。
単純計算で14キロの歩き。
日帰り釣行では多いほうで、私も今日は筋肉痛が出ています(泣)。
それでも今朝から家族の用事で都内へ出ていますが(大泣)。
  • by 代表
  • 2015/03/29 8:16 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL