「居食い」ということ


(粘土細工も大好きです)

 釣りをやっている人ならご存知だと思うが、
「居食い」
という言葉がある。

 通常は魚がハリががりした後、違和感を感じてその場所から動く(走る・泳ぐ・暴れる・跳ねる等々)のだが、魚が定位している場所で「エサ」や「ハリ」に食いついたにもかかわらず、その場所から動かないことを「居食い」と呼んでいる。

 シーズン中はストラクチャーにガッチリ付いているイワナ以外は、あまり居食いをするような魚に出会うことはないのだが、魚の活性が低下しているせいだろうか、渓流でも冬場の管理釣り場ではよく起こる場合がある。

 先日のシャロムの森の釣行では、かなりな率でこの居食いする魚を相手に釣りをしたのだが、いつもは元気で素早いヤマメですら、チャッカリというか動けないのか、口に毛バリをくわえた後もジッとしていて、こちらがハリスにテンションをかけるまで動かない奴がいる。このような状況なので、魚たちが横っ飛びに元気に毛バリに出てくれることもなく、魚の定位している場所をキッチリと見極め、寸分狂わぬ精度で毛バリを流さないとならない。要するにレーンやゾーンが大きく(というか小さくでも)ズレてしまうとなかなか毛バリをくわえてくれないことになるので、いくら魚がゆっくり毛バリをくわえようとも、いくら居食いしていようとも、釣りそのものはかなりシビアなことになるのだ。

 しかし、これは大いなるチャンスなのである。ポイントの見極めがハイシーズンよりシビアであり、毛バリを流す(通す)べきレーンやゾーンも、より一層丁寧に見極めて流さないと魚が釣れない状況で釣りを続けていれば、シーズン中の魚を相手にする時にはどうなっているか、火を見るよりも明らかとなる。

 ということで私にとってオフの期間は、自宅でぬくぬく毛バリを巻いて過ごすのみならず、大いに研鑽を積むことのできるありがたい季節でもあるわけだ。ただひとつ、それもこれも時間的余裕がなければどうにもならないことなので、これが大きな悩みの種になっているのは致しかたないことなのだが。。。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
こんなフライパッチがあればいいのにな〜、と思いました。

御大へ無事に年を越せるお礼かたがた、次回の研究会には手ブラでお邪魔したいと思いますw
浮き沈み不問で、老眼でも巻ける#20くらいの小バリをいくつか教えてもらえれば幸甚です。
  • by 渓に行かないと夢に出てくるT
  • 2014/12/18 2:59 PM
浮き沈み不問。老眼でも巻ける・・・
承りました。

当日はお気を付けてお越しください。
  • by 代表
  • 2014/12/18 3:08 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL