とくじろう雨の慕情



魚を忘れたとくじろう
腕は重さを覚えてる
長い月日の釣れぬ時
妄想だけをめぐらした
憎い 恋しい 憎い 恋しい
めぐりめぐって今は恋しい
雨々ふれふれもっとふれ
私のヤマメよ釣れてこい
雨々ふれふれもっとふれ
私のイワナよ釣れてこい





とくじろうの春⇐(懐かしいな)クリック

久しぶりの在来魚。お疲れさまでした。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
演歌調できましたかw
パッション先生の作詞(替詩)、あいもかわらず瞬発力がありますねぇ。瞬時に作ってしまう才能に只々脱帽であります。
  • by とく
  • 2014/09/07 10:02 PM
夏から秋へ、そして「雨」とくれば「演歌」。降り止まぬ雨に降参し、帰りの車中で鼻歌が出たので思いつきました(笑)。

明日は真面目に釣りの話でも・・・かな?
  • by 代表
  • 2014/09/07 10:15 PM
とくさん!おめでとさんです。あの雨の中釣っていたとは!?代表の行動力も凄しだけどね(^^)

一眼レフを持って突入とは!!驚きですね。
  • by 専属運転手
  • 2014/09/08 5:49 PM
ありがとうございます。
運転手さんの助言「怪しいと感じたら抜け」が大いに役立ちましたです。
  • by とく
  • 2014/09/08 6:10 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL