私の最重要課題(毛バリをきれいに流すということ)



 一応それなりにテンカラをやってきた。僭越ながら教室という場で、他人様にテンカラの解説もさせていただいている。毛バリのほうでも教室を持ち、そこで講師もさせていただいている。そういったことがキッカケとなり、メディアでも取り上げられるようになり、動画などでもテンカラや毛バリの説明させていただく機会もあった。雑誌の取材を受けることも多くなり、私の場合はホームでの仕事というよりも、初めての場所で「ここでお願いします」という形が多い。そんな初めての場所で的確に状況に対応するには「感覚」のみならず「理論」でもそれなりにテンカラを考えていかないと、なかなか答えを出すことができなかったりするわけである。

 自分が初心者だった頃を振り返るが、私の場合はフライフィッシングの下地があったこともあり、キャステイングや毛バリ巻きに関しては特に悩むような問題もなく、すんなりとテンカラに入れたのだが、やはり当初はポイントの読みが甘く、毛バリのの流し方や操作も上手にできなかったため、思うような釣果は出すことができなかった(このことはある意味今も変わらないが)。その後、良き師を得て、そこに起きた疑問を解決するアドバイスを受け、自分なりに努力しているうちに、同じような状況の場合でも、以前は1尾しか釣れなかったのに、2尾から3尾へと結果も徐々に出すことができるようになってきた。当然実戦だけでなく、理論的にもずいぶんと勉強してきたつもりだ。

 こうして色々と試行錯誤を続け、自分なりに自分のテンカラを向上させてきたつもりではいるのだが、とにかくどんな時でも私の中で一番重要な課題となっているのが、「いかに毛バリをきれいに流すか」ということになっているのである。

 キャスティングで思うところに毛バリを打ち込んでも、竿の操作がおぼつかなかったり、意図しない方向にラインの抵抗がかかってしまうと思ったように毛バリを流すことができない。毛バリを操作したり止めたりする場合も、キャスト後のハリスやラインの入射角、竿と穂先の位置、その竿を保持する角度等々、それこそ多くの事柄が一致しないと自分の考え通り毛バリを流すことができないのである。

 ましては私の好む釣り場は藪っかぶりの場所が多く、バックスペースが取れないこともあり、ポイントの読みから立ち位置を考え、毛バリを引っかけないように障害物を避けながら空間認知したキャストをし、竿を思うように立てられないような状況で釣りをしなければならないので、この「毛バリをきれいに流す」ということが永遠の課題と思われるほど、その技術の習得に、長くて大変な労力(という名の楽しみ)を強いられてくるのである。

 その釣り場の形状から、階段状のポケット打ちなら、毛バリを打って直ぐに魚が出るから、毛バリは流さなくても大丈夫かと思ったことも過去にはあったが、そのスペースが例え30センチの長さ(短さ)であっても、やはりきれいに毛バリを流せた場合は魚がしっかりと毛バリを口にくわえることが多いため、バレ率も低く抑えられ、手にすることができる魚が多くなってきたことを感じたのである。

 「いかにして毛バリをきれいに丁寧に流すことができるか」 

 このことが私のテンカラの、終わりなき最重要課題となっている。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
昨日入った渓では、イワナが僅か1尾の結果にしか出来なかったのですが、この1尾は階段状の小さい落ち込みの30-40cmしか流せないポイントに挑み、キチント毛鉤を流し、きっちりと出せた1尾です。

このとき、毛鉤は上あごの少し奥の真ん中にしっかりと掛かっており、「これ、毛鉤がしっかり掛かってるし、ネットに収めてしばらく経ってるのに、魚が動いてるのに、なかなか外れないな・・・」といつもと違うな感じました。

昨日の状況は、正に、師匠の今日のブログの内容でした。

たまたまなのかもしれません。ただ、偶然はそうは重ならない。丁寧にきれいに流すことが「終わりなき最重要課題」・・・

私もこの課題にしっかりと取り組んでいきます。
  • by 川越のMK
  • 2014/09/06 8:59 PM
そうなのですよ。
何十何百という魚と対峙していくと、ある時「きれいに毛バリが流れた時には、魚も荒く出ないし、簡単に釣れる」「しっかり掛かるのでバレも少ない」と気づくわけで、それがわかるようになってくると、今度は上手く流せないと、非常にもどかしく感じるようになり、自分のキャスティング精度や毛バリのコントロールの下手さ加減に頭を抱えるということになります。

そんな自分の経験も含め、今日のブログネタにしたのですが、言葉では簡単に表せますが、実行するのは本当に大変です。
  • by 代表
  • 2014/09/06 9:21 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL