梅雨明け岩魚の夏の渓(実釣編)

 本日はこの春入渓し、釣果のなかった岩魚の渓にリトライした。


(天を仰げばまばゆい陽光)

 私はリベンジを完了。ただ相当ねちっこく攻めたが2尾しか釣れず、走る魚も全く見えない。

 やはり抜かれてしまっているのだろうか。


(梅雨明け岩魚の)

 年々薄くなる魚の影。本当に切なくなってしまう。

 放流もなく、在来の魚のみ生息している場所ではキャッチアンドリリースをして欲しい。


(夏の渓)

 このような美しい場所で多くの魚が釣れたらどれほど楽しいことか。

 当たり前の話だが、持ち帰れば少なくなるし、リリースすれば魚は残る。

 魚がいれば、誰がいつ出かけていってもみんなで渓を楽しむことができる。 


(冷たい沢水と朝の光)


(林道歩きでヘバったふたり)


(万年ちゃん実釣開始)


(とくさんがそれを撮影する)

 あまりにも魚が薄いので釣欲も失せる。

 釣欲が失せれば食欲に走る。


(丸型飯盒4合炊き)

 今日はメンバーへの炊飯レクチャーも兼ねていたので、飯盒持参で入渓した。


(メスティンで1合を炊く)

 メンバーの万年ちゃんはメスティンを購入したので、その扱いと炊飯を説明させていただく。


(カップヌードルカレーはご飯にも合う)

 同じくメンバーのとくさんは、ご飯に合うカップヌードルカレー(ビッグ)を持参してきた。


(ごはんですよを持ってきた万年ちゃん)

 飯盒で炊いた、しかも沢水で炊いたご飯。

 周囲の景色の水と空気が極上の調味料であるところに、『ごはんですよ』は反則である。ウマ過ぎてご飯が足りなくなる。


(香ばしいおこげの匂いも)

 飯盒による炊飯は特に難しくない。

 炊き上がりの匂いを嗅ぎ分ける鼻があればそれでよい。


(おこげのご飯とグリーンカレー)

 私は美味しく炊けたご飯にグリーンカレーをぶっかけていただく。

 至上の味か天上の味か。この美味しさを文字で表すのは難しい。 


(おふたりもご満悦)

 日帰り釣行での炊飯はやっていなかったが、ここまで喜びを感じられるとは思わなかった。

 次回の入渓からは炊飯が定番化しそうな勢いである。 

 本日同行いただきました当吉田毛鉤会メンバーの万年ちゃんととくさん。
 釣り場の調査もありましたが、せっかくの入渓を魚の薄い渓にお連れして申し訳ありませんでした。そこは美味しいご飯に免じてご容赦ください。

【以下の写真はとくさんよりご提供いただきました】

(クソ暑い下界を想うと嬉しくなってしまうの図)


(高度感と清涼感)


(釣ったイワナの撮影を)


(撮影はやっぱり好きだなぁ)

 美しく涼しい沢でメンタルストレスもずいぶんと洗い流されたようだ。

 渓と魚に感謝して、今夜はゆっくりと休むことにしたい。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
本日はありがとうございました。夜に用事がありましたため釣行後早めにあがらせて頂きました。
上のほうは気温もちょうどよく風もあり最高でした。
美人沢とはまた違って男っぽい沢でいろいろな沢があるものだと感慨にふけりました。
それにしてもまさかあの大木が倒れてくるとは!
ほんとに間一髪でした。おからだのほうは大丈夫でしょうか?
  • by とく
  • 2014/07/26 10:35 PM
こちらこそお疲れさまでした。回を重ねる度に沢での足運びも安定してきているとくさん。次の課題は持久力ですかね(笑)。

落石(の起こりそうな場所)はそれなりに気を付けていますが、何もしていないのに、そこに立っていた大木が、私を狙ったかのように倒れてきたのには驚きました。まさに間一髪で腰への軽い打撃だけで済みましたが、とくさんの「あーっ!」の叫びがなければまともにくらって、下手すれば身体のど真ん中に・・・などということになっていたかも知れません。

周囲に散らかっていた釣り道具やら、ザックにカメラに食事の準備などに、何ひとつ被害がなかったのは、誰かさんの見えない力が働いたと思うことに致します。

いやーそれにしても、気温水温の影響ではないところで、思いっ切りキモが冷えました。
  • by 代表
  • 2014/07/26 11:12 PM
代表、とくさん。昨日はありがとうございました。
ボの字であったことも、足腰の筋肉痛も気にならない爽快な気持ちです。

そして、今後の核心的な課題も見えました。
「ある程度狙って出せる見極め」を付けていける様に検証していきたいと思います。
オコゲの話ですが(笑)

倒木の時、私は少し上流に居たわけですが
今思うと、これもまた良かったわけですよね。
私一人の行動スペース分余裕ができてた訳ですから。
やっぱり、誰かさんのおかげだったんでしょうね。

また機会がありましたら御一緒させてくださいませ。

  • by 沢テン新人のS
  • 2014/07/27 12:51 PM
今日は毛バリ研究会でしたが、スマホを家に置き忘れて行ってしまうという失態をしでかし、今万年ちゃんからのコメントを読みました。

海苔の佃煮、ニンニクたまり漬け、塩昆布等々、小学校の遠足で持って行くおやつの金額制限を外されたかのごとく重い荷物(オカズ)を担いできていただきましてありがとうございました(笑)。

倒木による怪我もせず、道具ひとつ壊れなかったのは絶対誰かさんのおかげです。今度スパムとピクルスとスクランブルエッグとタバコとコーヒーを供えにいかないといけませんね。間違って酒を供えると、もう一度倒木攻撃に逢いそうですが(笑)。
  • by 代表
  • 2014/07/27 4:57 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL