立川発午前2時半、釣り場着午前8時半。片道6時間、だけど東京



 今年も私的開幕となった奥多摩奥の間釣行(通称・奥奥)。今回は当会若手ナンバーワン、M男君に露払いをお願いし、片道徒歩3時間(行きは寄り道をしたので4時間)の末、最奥の地の釣りを楽しんできた。



 行きは1時間の林道歩きから2時間の登山となり、帰りも同じ道を歩くためそれなりにキツイ入渓となる。しかし在来の美しい岩魚に出会うことのできる素晴らしい環境が保たれている渓でもあり、キツイ(というより長く歩くのでかったるい)歩きを我慢して、年に何度か訪れる地でもある。



 4時間の歩きの後、疲れをものともせず釣りモードに入るM男君。M男といっても名前がMなのでいわゆるMではない。ちょうど2倍年の違う(本当はもっと離れている)オジサンの私は、疲労困憊し、一度心身ともにリセットしてからでないと落ち着いて釣りができるような状態ではなかった。



 早速良型の魚を釣ったM男君を尻目に、渓の雰囲気にマッタリとしている私。もちろん長時間歩いてきた場所なので、それなりに魚はいる。M男君に釣ってもらうばかりではどうしようもないので私も竿を出し、ポツポツと釣って行った。この場所は在来岩魚の渓でもあり、私は全ての魚をリリースするのだが、かかった魚がバレることに対しては悔しい思いになる。立て続けに2尾の魚をバラしてしまったことで、自分の集中力が切れていると思い、早めのランチタイムにした。


 
 本日のメニューは沢の水を沸かして作ったカップ麺とオニオンスープを。M男君には魚肉ソーセージをいただいた。全てが美味い。やはり美渓で食べる食事は最高である。


 

 ランチの後は私の集中力も戻り、それほどのサイズではないが、ぽってり太った本日イチの魚を釣ることができた。
 実釣2時間の本日の結果は、年齢はこちらが倍上だが、釣果には倍差を付けられた。さすが(Mではない)M男君。中学生の頃から奥多摩の源流域に入っているだけのことはある。



 ということで、魚のいなくなる渓相の所まで詰め、その後は3時間かけて車止めまで戻ってきた。
 
体力は必要だが、本当に美しくダイナミックな渓相のこの場所で、好きな在来岩魚を自分の考えた通りの釣り方で釣るということ。このことは他の何ものにも代えられないほど本当の至福を味わうことができるのである。

 ということで往復7時間の歩き、というより登山を終え、好きな在来岩魚と遊ぶことができ、久しぶりに納得のいく釣りをすることができた。



 自分へのおみやげは、最奥の地で汲んできた名水。好きな『ジン』を、冷やした最奥名水で割って飲む。今日の釣りを振り返りながら飲む、自分にとって最高の酒。まさに『至福中の至福』である。

 本当は明日も入渓しようかと思っていた。しかし今日の午後に降った雨での増水のこともあり、何より足腰がガタガタなので、明日は自宅でゆっくり『不善な工作』でもしようかと考えている。



(不善な工作のネタ。注文してようやっと届いた吉田毛鉤の焼印)


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

 にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
コメント
また共通点を発見し、シンパシーを感じました。

共通点 6/20入渓(有給休暇を消化して)
共通点◆獣襪縫ニオンスープを食す(主食はカレーですが)
共通点―ジンが好き!(タンカレーですが)

ちなみに釣果は、7寸前後6尾、泣き尺1尾でした。
尺超には見事見切られ、沈めても、誘ってもダメでした(涙)
  • by dee
  • 2014/06/21 12:44 PM
寒い季節はアイラや日本酒を飲みますが、夏場は『ジン』がイイですね〜。

とかなんとかいいながらいつも何かを飲んでいます。

プライベートでは、在来魚ばかりの小渓流に通い詰めているため、尺超えに会えるのは夢の中くらいです(笑)。
  • by 代表
  • 2014/06/21 3:58 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL