長く使える道具を

 

今日は生業が休みだった。

午後から都心に所用があったため、少々早めに家を出て、神保町の古書店めぐりでもしようかと思っていたのだが、雨の降りかたがハンパなかったため、午前中は自宅で毛バリを巻いていた。

 

昼近くに自宅を出たが、まだ霧雨が降っていた。

1時頃神田に到着。小学校の時の同級生の経営している店に行き、ランチをいただく。

 

 

その後は肝心の本日の用事のため、神田櫻井釣漁具さんの本社へ。

常務とお話しがあったためお邪魔させていただいた。

 

 

サクラ高級釣竿のテンカラ竿、『金剛てんから』が私の通うフィールドにぴったりということもあり愛用している。

同じようなフィールドに出かけている仲間にも薦めて使っていもらっているのだが、仲間の感想もまとめていえば、この竿は本当に丈夫なのである。

 

「丈夫」というより「頑丈」なのだ。

メイド・イン・ジャパンとはいえ、肉薄のペナペナ竿もある。肉薄の竿では何度も破損を経験している。しかしこの金剛は、私も含めた仲間内では一度も「破損した」ということを聞いたことがない。
もちろん踏みつぶせば折れるが、通常の使用では本当に安心して使えるのである。

 

管理釣り場にいる、ちょっと大きなニジマスを掛けると折れてしまうような竿もある。ひどいものだと小さな魚でも合わせた瞬間にありえない場所から割れるように折れてしまう竿もある。コミクチの雑な仕上げで竿がすっぽ抜けたり(実際教室参加者で、ネット通販でこんな竿を買わされた人もいた)、振るとカタカタと音のするものもある。

 

安い竿で価格相応だとあきらめられるならよいが、私のように好んで山岳渓流に入る場合は、予備竿を持参する数も制限されるため、製造ミスによる破損のあるようなメーカーの竿は持っていく気にもならない。

 

やはり竿は道具なのだ。純金のカナヅチがあったとしたら実際には道具として使い物にはならないだろう。釣り竿もいくら綺麗で軽量に作られていても、道具としての機能が犠牲になってしまっては何にもならない。それではただのお飾りである。

 

気に入った道具は長く使いたい。しかし直ぐに壊れてしまうような作りではどうしようもない。

そんな私の気に入った道具のひとつに、このサクラの「金剛てんから」があるのだ。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 毛バリは2箱に分けて

 

 私自身何度かヒヤッとしたこともあるし、仲間では、実際に手元から毛バリケースがポロリと落ち、渓の流れに持っていかれた人もいる。

 

 一度、養沢毛鉤専用釣場で、ドライフライのたっぷり入った高級毛バリケースを拾ったこともあるし(落とした人が名乗りを上げるかもしれないので、養沢の受付に渡しておきました)、毛バリのケースは紐でも付けておかない限り、足場の悪い場所で落としてしまうと回収は不可能となることが多い。

 

 そこで私は以前から、ストック用の毛バリは別として、渓でポケットに入れておく毛バリケースは(万が一落としてしまうことも考えて)、同じような体の毛バリを別々に入れて、2個用意するようにしている。

 

 

 

 これをひとつのケースには沈むもの(または大きなサイズ)を入れ、もうひとつのケースには浮かぶもの(または小さなサイズ)を…とやっておくと、万が一ひとつのケースを紛失した時に、偏った毛バリしか手元に残らなくなってしまう。

 日帰り釣行であきらめも付くような場所であればよいが、何泊もする源流行でこうなってしまってはシャレにならない。

 

 竿も同じく、同じものを2本持っていけば、破損した時の代用が効くチャンスが増えるので、遠征の場合などはそうしている。

 

 毛バリの大きさや形、浮かべる沈めるにこだわらない人なら、そこまでやる必要もないと思うが、私の様に『浮沈明暗大小』の毛バリを交換しながら、激戦区でテンカラをするものにとっては、使いたいサイズや種類の毛バリがなくなってしまうことは致命傷になりかねない。

 ま、釣行時のザックには、いつも2〜300本の毛バリが入っているので、大丈夫といえば大丈夫なのだが、どんな毛バリでも釣れるような場所や状況で釣りをすることなどは、皆無に等しい釣行がほとんどなので、こればかりは仕方がない。

 

 ということで、週末釣行用に今日は毛バリの整理をした。

 

 長雨による水位の上昇により、危険と感じた場合釣りはあきらめるつもりでいる。

 そのような場合は、楽しみを登山に切り替えることもできる場所へ行くことが多いので、山岳渓流への釣行というのはありがたいものだと思っている。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 いつも愛用している「サクラ・金剛テンカラ」。この竿のメーカーの常務より「今週アメリカから知人が来日するので、一緒に会いませんか」と連絡をいただいた。

 

 http://shop.sakura-rod.co.jp/ec/html/PDFcatalog/37.pdf

 

 このアメリカ人は、以前彼のウェブサイトにインタビューの原稿を依頼されたことがキッカケで知り合いになったのだが、実際には会ったことがなかったので、ちょうど良い機会と思い会うことにした。

 

 http://www.tenkara-fisher.com/content.php?259-10-Questions-with-Yoshida-Takashi

 

 洋の東西を問わず、趣味を同じくする人との話は人種や言葉の壁を越えて盛り上がる。実に楽しいひと時となった。

 一席設けていただきました神田櫻井釣漁具の常務。心より御礼申し上げます。

 

 

 

 今週はこのような機会もあり、気分の良いまま週末を迎えたが、私は連休ではなくいつもの土日の休み。9月の後半は例年のごとく雑誌の取材が入るかも知れないので、この週末がホームである奥多摩への今期最終釣行となるかも知れない。

 

 ということで準備を開始する。今年は各地で『熊』の出没情報も多く、私は奥多摩でも目撃している。そのことは、つり人社刊『熊!に出会った襲われた』に拙文を掲載させていただいたのでそちらをお読みいただければ幸いである。

 

 https://www.amazon.co.jp/%E7%86%8A-%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A5%B2%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F-%E3%81%A4%E3%82%8A%E4%BA%BA%E7%A4%BE%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4864470936

 

 私がいつも入渓している場所は、日帰りで行かれる場所とはいえ、登山絡みの場所も多く、滑落すれば命がなくなるような場所も多い。もちろん熊の出没情報も頻発している。それでも釣行時に同行者がいれば、何かがあった時には単独よりは救われる率は高くなると思うのだが、仲間のスケジュールの都合もあり、いつも必ず誰かと一緒に入渓というわけにもいかない。

 

 そこで私が単独入渓する場合に、絶対外せない道具というのがある。

 

 熊(避け)鈴・ホイッスル・薬品・非常食・着火系・エマージェンシーシート・ポイズンリムーバー・ヘッデン等は誰と入渓する場合も必ず持っていくものだが、単独行の場合は『熊除けスプレー』『ヘルメット』『ロープとスリング』『浄水器』だけは何があっても忘れないようにしている。

 

 

 特に熊対策に関しては、徒手空拳で戦って勝てるような相手ではないこともあり、こう出没情報が多いと、この熊除けスプレーだけは所持していないと、入渓時に精神的に落ち着かない状態になってしまう。

 

 さてさて、今期最終奥多摩釣行になるかも知れない次の入渓。『森のくまさん』に出会わないことを祈るのみだ。

 

 実はそれより『スズメバチ』のほうが嫌なんだけど…

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

真夏の渓では沢タビを好んで

 

 

 

 ずいぶん前のことだが、熱中症でブッ倒れたことのある私は夏が嫌いだ。

 寒いのは我慢できるが、汗ダラダラを引き起こす真夏の暑さは、高い湿度による不快感で精神的にも我慢ができない。
 通年管理釣り場で渓流魚を釣っている私は、禁漁になってもテンカラをやり続けるわけで、こう暑いと秋風が恋しくて仕方がなくなる。
 ということで、この週末もどこかの渓に入る予定である。
 そんな夏の渓で、実に快適に過ごすことのできるのがこの沢タビ。グジュグジュと靴やソックスの中に水が溜まることもなく、帰宅後の洗濯や乾燥も楽チンである。ワンシーズン持てば…と耐久性もその位に考えておけば、安い価格のこともあり、水温の高い季節は本当に重宝している。
 人によっては指先をぶつけると「痛いっ!」ということもあるようだが、沢靴より丁寧に歩くので、私的にはそれほど怖さを感じない。むろん甲の部分も無防備なので、沢タビを履いた時には、とにかく足運びに極限の注意をするようになった。
  涼を求めて週末(土曜日)は入渓予定だが、日曜日はテンカラ教室があるので、安全かつ早々に帰還するつもりだ。
 
 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
道具に手をかけるということ

 前回の毛バリ研究会では、数年前に月刊つり人で紹介していただいた「吉田式テーパーラインの作り方」を、実地で丁寧に説明した。

 毛バリはもとより、ラインや竿など、全て自分で作るには無理があるが、やはり少しでも自分で手をかけた道具を使って釣果があると、これは本当に嬉しいものである。

 それだけではなく、自分で道具をいじっていると、市販品の良し悪しもよく判るようになる。
 これはお金を支払って道具を購入する際の選択眼を養うことにもなるわけで、とてもありがたいことでもある。

 といことで、所用も徐々に片付きつつあるので、しばらくぶりに自作のグリップ製作に取り掛かった。
 
 テンカラ竿として市販されている竿には、当然のことながら廉価版から高級品まで各種ある。
 その中から自分に合ったものを選ぶわけだが、テンカラは百人百様で、万人に対して「これぞ!」…というものはないというのが正解だろう。

 例えあったとしても、それはその人それぞれの釣り(釣り場、ターゲット、釣り方その他諸々)に対して「これぞ!」ということであって、釣り場も釣り方も違う人に対して、いくら「この竿がイイ!」と推したところで、その人に合わなければどうにもならないわけである。

 私の場合も例外ではなく、数十本の各社各種のテンカラ竿を所持し、使ってみてはいるが、これが一番などというものはないわけで、今も試行錯誤の毎日を続けている。

 ただ、明日どこそこの渓にでかけるが、その場所ではこの竿が一番イイ!ということはある。あくまで自分にとっての話ではあるが。 

 そこで今回は、あの渓であんなラインを使いたくて…と、長さを変えたり、穂先を詰めたりして渓流竿を改造し、自作のグリップを付けてオリジナルのテンカラ竿を作ってみた。ついでに竿ケースも。


(一晩で作ったので粗製乱造ですw)

 この週末はテンカラ教室が入っているが、翌日はどこぞの沢に入る予定である。
 その時にこの竿を使って、自分の妄想が妄想に終わるか、それとも現実に好結果を生みだすか、こういったことも私のテンカラの愉しみのひとつとなっている。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



 
ついにあの銘竿、『桑原山雨』を入手することができた



 桑原玄辰さんの本を購入したことがキッカケとなり、私はテンカラという言葉を知った。
 そして今、首まで、いやいや頭の先までどっぷりとこの釣りに浸かってしまっている。

 当時は周囲にテンカラをやる人もいなくて、本だけを頼りにこの釣りをやっていた。
 その頃、当時のテンカラ名手の方々の書かれた著書を買い漁っていたのだが、その本の中に気になる竿の写真が掲載されていた。

 つるや製『桑原山雨』

 そう、あの桑原玄辰さんが設計した竿である。


 
 その後私は、今は亡くなってしまった私の師匠が、以前桑原さんと懇意にしていたことを聞き、少なからず縁を感じて、どうしてもその竿が欲しくてしかたがなくなってしまった。

 竹竿全盛時代のテンカラのことは知らないが、その後グラスロッドの普及とともに、テンカラでもグラスロッドを使用する人が増え、当初は渓流竿を改造して使用していたようだ。
 その頃テンカラ竿として販売されたのものは本当に数少なかったという話を聞いていた。

 そんな中登場したのがこの竿であった。
 桑原玄辰師の設計、老舗のつるや製、先調子の軽量グラス、味のある塗り、独特のグリップに押された朱印、そして何より「山雨」という名前がいいではないか。



 本日自宅に届いたこの竿は、ほぼ未使用の状態であった。

 嬉しい。実に嬉しい。私の中の個人的文化遺産である。この竿を愛でながらいつまでも酒が飲める。

 当然のことながら暫くの間はフィールドに連れだすことなく、他人の目にも手にも触れさせず手元に置き、じっくりとこの竿を分析し、自分の竿の改造にその製造技術を生かしてみたいと思っている。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村  
タイイングツールの消磁

 毛バリ巻きの時に使用するピンセット等、細かい作業をするのに重宝する道具がある。
 それらの道具だが、磁気を帯びている場所の近くにおいておくと磁性を帯びてしまう。
 磁性を帯びた道具は、意図的にハリをくっつけて拾う時などには具合が良いが、意図していない場合にはけっこう使い難かったりする。

 そこで今日、こんな道具を見つけたので買ってきた。



 数年前にも一度探したことがある消磁器。その頃は価格も高くて入手しなかったのだが、最近は写真のような「なんちゃって消・着磁器」なら数百円で入手できる。

 なんちゃってといっても、ハサミやピンセットなどはそれなりに着磁と消磁ができたので、コストパフォーマンスは高いのではないか。とにかくお手軽である。

 こういった廉価版のツール類を購入するのにありがたい「アストロプロダクツ」。
 生業先と自宅近くに1件ずつあるので、本当に助かっている。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
自分でやると見えてくるものがある(ネットを編んでみた)



 もう30年以上前になるだろうか、渓流でのルアーフイッシングを始めてみようと思った時に、写真のランディングネットを購入した。
 時を同じくしてフライフィツシングも開始したのだが、その時もこのネットを使用していた。
 その後はテンカラ釣りでも使うようになり、取材にも何度か連れていった。

 長いこと使っていてさすがに経年劣化が始まり、フレームに亀裂が入ったり、木綿製のネットが切れたり破れたりしたこともあり、お蔵入りさせてあった。

 先日のこと、他にもお蔵入りさせてあったネットを引っ張り出し(こちらはネット部は無事だったため)、フレームを直して使ってみた。

 狭い藪沢が好きなので、シーズン中は好んでそういった場所に入るのだが、その時は遡行の邪魔にならないように、折り畳み式を好んで使っている。
 ただ、その上に魚を置いて撮影する場合には、やはりこのウッドフレームのランディングネットのほうが雰囲気がよく、美しく撮影ができると思うのだ。
 そこで今回思い切って、ウッドのフレームも補修と再塗装をして、ネットも新たに自分で編んでみることにした。

 私はテンカラに使うものを、自分のできる範囲で、可能な限り自作や改造をして愉しんでいるのだが、教室でもプライベートでもそのことを推している。

 先ず、自分で何かを作ってみると、市販品の良し悪しがとても良く理解できる。
 「どうしてこの値段なのか」「価格に見合った作りなのか」「ずいぶんのっけて売っているなぁ」「細かな部分の作りが素晴らしい」等々、同じカテゴリーのものを自作すると、その苦労や手抜き加減、材料の良し悪しもわかるようになるため、売られているものの評価がより厳しくできるようになる。

 そしてもうひとつは、市販品では味わえない「自分で手をかけた道具で魚を釣った」という特別の喜びを感じることができる。

 私たちのやっている釣りは、あくまで趣味なので楽しいほうがよい。自己満足度も高いほうがよい。
 そのためには、少しでもいいので、自分で手をかけた道具で釣りをするということが大切なのだと思っている。

 テンカラではその筆頭に「毛バリ巻き」がある。竿やネットに手を出すのは大変だが、毛バリなら簡単である。
 見栄えは関係なく、実用で使う毛バリであれば、ちょっとの指導で直ぐに巻けるようになる。

 この週末、日曜日は吉田毛鉤の毛バリ研究会の開催日。 今回ご予約いただいた一般の参加者は6名。
 もちろん吉田毛鉤会のメンバーも参加していただけるので、毛バリ巻き初心者の方々にその愉しみをご理解いただけるよう、楽しい時間にしたいと思っている。

 ご参加ご予定のみなさま。日曜日はよろしくお願いいたします。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
ランディングネットのリメイクに着手



 シーズン中は藪っかぶりの沢に入ることが多く、コンパクトな折り畳み式のネットの使い勝手がよくて、木枠のランディングネットを使用しなくなってしまった。
  過去にいくつか持っていたものも、壊れたり無くしたり。他に自宅に転がっていたものも、その存在を全く意識しなくなっていた。

  先日道具の片付けをした時に出て来たネットの1本を、なんとなく直してみる気になって、パテ埋めと再塗装をして管理釣り場で使ってみた。
 フレームを直して塗装するだけだったので、それほど手間はかからなかった。

 私は自然渓では100%のリリース派なので、魚は撮影してその姿だけを持ち帰っている。
 ネットを水辺に置き、その中に魚を入れ、泳いで逃げ出さないよう注意しながら撮影をする。
 その場合、やはり折り畳み式のネットよりも、ウッドのフレームのネットのほうがカッコイイ。
 
 そんなこともあり、別のネットもリメイクして再度活躍させてみようかと思い、徐々にいじってみることにし、 破けたネットは廃棄して、先ずは小さなものから新たに編んでみることにした。

 とはいえ坦々とした変化のない作業が続くわけで、後は飽きと根気の戦いになる。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


 ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
防水バッグマニア

 何年か前より、入渓時にデジタル一眼を持って行くようになった。それ以前は防水コンデジを何台(何代)か使っていた。
 デジイチを持って行くようになり、常に水飛沫を浴びるような場所での対応に苦慮していた。
 撮影時、少しばかりの水分の影響は仕方がないが、撮影に使う小物や機材、替えのレンズはぬらしたくない。
 私の出かけるフィールドは、ザックを背負って入渓するのが常なのだが、防水の袋との併用で一般的なザックも使ってはいる。しかしできれば防水ザックのほうがありがたいのである。

 そのようなわけで、当時あれこれと考えていたのだが、そこはフィールドでの撮影のプロに聞くのが一番だと思い、仕事でご一緒する毎に、プロのカメラマンに色々と聞いてみた。



 その時から何年か経ったが、私もすっかりその影響を受け、次から次へと防水バックを探すようになってしまった。
 そしてここにきてまたひとつ追加した。荷物の少ない日帰り釣行用の防水ザックだ。

 今までのものは蓋の部分がロールトップだったが、今度のはT−ZIPを採用している。ウエストバッグでT-ZIPを使ってみたが、具合がよかったのでザックも購入してみた。

 しかもこのPATAGONIAの防水バッグのシリーズは、塩ビパイプと色がほとんど同じなので、ロッドケースをそのパイプで作って装着すると、誂えたような雰囲気となる(笑)。



 こちらも今期の入渓時に使う予定の竿の仕舞寸法に合わせて、いくつか追加で作ろうを思っている。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

2月13日(土)のテンカラ教室のお申し込みはコチラから⇐クリックしてください


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村