私の禁漁は本日から。

 


 

 ほとんどの渓流は禁漁を迎えたが、10月半ばまでは釣りができる丹沢界隈。


 今期も数名の方を自然渓流へと誘い(いざない)、『初の天然魚を釣る』という喜びを感じていただきたくてサポートをしてきた。


 最終釣行は有終の美で締め括りたく、そんな仲間のひとりのMさんを連れて、作者は今期最後の自然渓流に出かけた。

 


 日曜日だし、他の場所は禁漁になっているし、先行者は当然あるし・・・と、有終の美を飾るにはとてもとてもというような状況。


 「入渓できただけでもありがたいと思って、ゆったりと今期最後の自然渓流を楽しみましょう」といいながら、ウエットウエーディングで履き納めとなる沢靴の足を水に浸けた。


 チビの反応があるし、先行者の足跡も無し。


 何とかなりそうだと楽観的になり、とりあえず昼メシにしようと、私のオリジナル、『スパムごはん』を作り食べてもらった。

 

 食事が終わって仕切り直し。


 一度落ち着いてから釣りを再開したのが幸いし、撮影に耐えられる魚が私の毛バリに食いついた。

 


 私のミッションは終了したので、それまでに何度かバイトがあったMさんをその後フルサポートすることにした。


 一挙手一投足、うるさい程のアドバイスのかいがあったのか、最後のポイントでイワナと出会うことができた。

 


 まさにドラマティックな締め括り。


 今期最後の釣行は有終の美を飾ることができた。

 


 自然渓流の釣りが終われば、これからは管理釣り場シーズンの開幕である。

 

 沢靴をウエーダーに履き変え、秋のニジマス釣りを楽しみたいと思っている。

 

 次の日曜日は毎月恒例のテンカラ教室の開催日です。

 

 ご参加予定のみなさま、よろしくお願いいたします。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 生業先は9月の連休と無縁だった。

 私も世間並に休みたいと思い、休暇を取った。

 

 

 土曜日は入渓予定だったが雨で流れたので、急きょ同行予定だったの2女子に、都内でプライベートの毛バリ教室を開催した。

 翌日曜日、奥多摩のTOKYOトラウトカントリーで月に1度の毛バリ研究会を開催した。

 こちらも天気予報がコロコロ変わったこともあり参加者も控え目。

 4名で開催した。

 ハリの形状、掛かり、バレ率等のかなりディープな談義で盛り上がった。

 

 

早々に奥多摩から帰宅し、ランニングをして、深夜自宅を出発した。

 

 

 忙しくて走る時間を作るのが大変だが、とにかく身体が資本だ。

 

 

 

 今期はクライミングにも手を出したこともあり、体重維持のために走ることは欠かせない。

 

 深夜に家を出て向かったのは南会津だ。

 昨年10月の台風の影響で、道路と渓は壊滅的な被害を受けた。
 その次は新型コロナで自粛。
 思った場所に行かれず、入渓も例年の半分程度しかできなかった今期のテンカラ。
 そんな中でも数少ない朗報は、東北地方でのテンカラ教室の足掛かりを、ペンション『やまゆきかわゆき』さんのオーナーに作っていただいたことがあげられる。

 


 昨日と今日は生業先の有給休暇を使い、前回の御礼と、来期の教室開催のご挨拶も兼ねて南会津に再訪となった。

 

 

 昨日は気温も水温も低く、釣りにくくなったが、何尾かのイワナが私の毛バリをくわえてくれた。

 

 

 

 そして今日は、南会津の教室にご参加いただいたOさんと合流した。

 この土地の持つ空気感なのか、朝の低い気温と(8℃だった)、昼頃の快晴で快適な状況。

 ロクに竿も出さず、河原でコーヒーを淹れ、談笑しているうちに帰る時間になってしまった。

 

 

 ハマってしまった南郷トマトをお土産に、好きな蕎麦を2度食べ、ガツガツしない大人のリラックスタイム。

最高の贅沢だと思っている。

 

 

 もう少しで禁漁になるが、禁漁になったら、私の場合は今期のヒット毛バリを参考にしたり、来期のテンカラ釣りを妄想しながら、毛バリ巻きの時間が増えることになる。


 毛バリにどっぷり浸かった私が教える『テンカラ毛バリのワークショップ』を、

10月28日(水)午後6:30から、日比谷okurojiにある『finetrack HIBIYA  HUT』で開催いたします。


 以下のサイトからお申し込みできます(少人数制ですので興味のある方はお早めに)。
よろしくお願いいたします。
https://www.finetrack.com/funtotrack/post-51095/

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 昨年から始めたテンカラのスキルアップをしたいのでと、私のテンカラ教室に参加してくれたMさん。

 

 その後毛バリ研究会にも参加。


 「ヤマセミ買いました」
 「クライミングもアイスクライミングもやってます」
 「沢も冬山もやっています」
 「体力もありますので連れていってください」
と、ご連絡をいただいた。


 最近は山や沢からテンカラに流れてくる方も増え、特に女性の進出が目覚ましくなっている。

 

 

 今回お連れしたMさんもそうだが、健康に留意し、身体も鍛え、道具にお金を掛け、真摯に取り組んでくれる率は正直に言わせていただくが女性の方が多い。


 生活習慣病を抱え、歩いたり走ったりもせず、ヨガ等のトレーニングもせず、「いっぱい釣りたい」「でかいの釣りたい」と、釣りに連れてけと騒ぐやつらとは大違いだ。

 

 酷いのになると、自分は平日しか休めないので吉田さんの休みを合わせてくださいなどというのがいる。

 

 仕事でもないのに、何が悲しくて同行したくないやつらにこちらが合わせなければならないのだ。


 お金を頂戴しているガイド釣行ではない、プライベート釣行なので、こちらの気持ちも楽しくなるようなら、喜んで休みを合わせて釣りにいっている。

 

 自己主張が強く、健康や安全管理もせず、生活習慣病を抱えたやつらとの入渓は、ハイリスクなだけでなく、気分も悪くなって帰宅することになるので丁重にお断りしている。


 連れてけ連れてけというやつらが多いのでついつい熱くなったが、同行者には同行者のマナーがあるのだ。

 

 私とて同行者に迷惑がかからないよう、週に何度かは10キロ近いランニングをし、暴飲暴食を避け、登山関連のスクールを受講したりして、楽しく安全に渓を楽しめる努力をしている。


 というわけで前置きが長くなったが、この前の土曜日、大雨予報が出ている中、渓に連れて行った。

 


 「安全第一で、雨が酷くなったら直ぐに下山しましょう」
ということだったが、車止めには1台の車もなく、雨もほとんど降らず、普段の行いがいかに良いのかと冗談を言う余裕も出た楽しい釣行となった。


 途中にお湯を沸かしコーヒーブレイクまで。

 


 Mさんと質疑応答しながら、激戦区の魚の釣り方のレクチャーをした。

 


 見事結果を出してくれたMさん。


 新たな『ヤマセミアン』の誕生となった。

 


 その後は私のデモを見ていただき、デモ中に釣った魚で打ち止めとした。


 Mさんには色々とお気遣いまでしていただき感謝。

 こういった方なら「またご一緒しましょうね〜」となるのですが。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 先月開校したプライベート教室、吉田学園『やませみ校』(笑)。

 


 2回目の給食は「吉田式渓そうめん」をご提供ということで、前回と同じ2女子と入渓した。

 


 界隈の釣り場は林道工事やコロナの影響で車を停める場所がないので、何とかなりそうな場所を探した。
 数少ない釣り場に人が集中してしまうのは仕方がない。


 今日も先行者が居た。
 その人が下山途中に挨拶を交わし、退渓場所を教えてもらったので、そこまでは飛ばして行った。


 遅い時間からのスタートなので、釣りは午後に集中しましょうということにして、本日はYOSHIDA'S KITCHEN ならぬ渓麺屋の親父となり、そうめんを食べてもらった。


 今回はそれぞれが『自家製の梅干し』と『自家製の桃の瓶詰め』を持ってきてくれたので、食卓が華やかになった。

 

 

 いつもの渓そうめんに、昔懐かしい本格的な味の梅干を乗せていただいたが、汗をかいて疲れた身体にありがたい塩分と酸味が効いてとても美味しかった。

 

 食後のコーヒータイムにいただいた瓶詰めの桃も、さらりと上品な甘味のシロップと相まって、いくらでも食べられそうな勢いだった。

 


 2人はクライミング女子でもあり、渓歩きも何一つ心配することなく、安心して源流に同行できるし、ベランダ菜園や料理もやるので、行き帰りの車中の会話も盛り上がるのでこちらも楽しませてもらった。


 釣りの方はとりあえず釣れた&ヒットからのポトリ、となったが、美味しい食事と楽しい会話があったのでOK。


 私はお手本に釣ったイワナの写真も撮影できたので満足だった。

 


 帰路、空腹と反省会と今後の予定を立てるためにとんかつ屋に入りミーティング。

 

 ここでの会話も盛り上がってしまい、釣りからの帰宅としては遅めの午後8時に家に到着した。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 南会津のテンカラ教室も含め、5日間の夏休みが終わった。

 

 

 最終の火曜日は丹沢の源流でのんびりとさせてもらった。

 

 

 雨が降らず、渇水で釣り難かったが、お約束のヤマビルは乾燥に打ちのめされたようで、落ち着いて釣りをすることができた。

 

 

 暑かった夏も徐々に力を緩めたようで、沢足袋を履いて足を水に浸し、そよそよと吹く風にあたると本当に心地よい。

 

 

 何尾かのイワナは水面でゆったり毛バリをくわえ、見ていたこちらも気分が和んだ。

 

 禁漁まで後ひと月と少し。

 今期はコロナ禍の影響で、入渓回数は例年より少なかったが、初心者のガイドも楽しく、けっこう充実したシーズンだった。

 

 何より再開したランニングで、(減量)体重と健康を取り戻すことができた。

 

 南会津で買ってきた『南郷トマト』が美味しくて、あれから毎日食べ続けていたが、いよいよおしまいになった。

 また来期に大量購入してこよう。

 

 

 5日の内4日は入渓した。

 

 いつもの8キロランニングはやらなかった。

 

 好きなものをたくさん食べたが、基礎代謝も上がったのだろう、夏休み前と体重は変わらなかった。

 

 

 日常生活が戻ってきたが、秋にまた休みを取って、禁漁前に南会津に行きたい。

 

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

【9月のテンカラ教室の日程です】

於:TOKYOトラウトカントリー

9月13日(日)第118回テンカラ教室

9月27日(日)第94回毛バリ研究会

受付開始日はTOKYOトラウトカントリーのホームページでお知らせいたします

みなさまのご参加お待ちしております

 世間はお盆休みに入ったが、今年は新型コロナの影響で、人の動きも例年と違い予想が付かない。

 

(昨日の昼頃。涼やかな渓)

 

 私の生業も土曜日から4連休になったが、都心からは人が流出していると思い、月曜日は都内へ出た。

 

 ビックカメラで買い物を済ませてから原宿ヘ。

finetrackTOKYOBASEのスタッフと打ち合わせという世間話をし、夏物ウエアを入手して帰宅した。

 

 テンカラ教室の時にトラウトカントリーに来ていて、教室の様子を撮影してくれたテンカラ仲間のMKさんと相談し、「火曜日は1里1尾。汗だくで歩いて夏ヤマメの顔を拝みに行きますか」となり、昨日入渓してきた。

 

ダラダラ汗を流しながら小1時間の林道歩き。

入渓したが、やはり魚の影は薄い。

しかし渓の涼しさと、体力作りの歩きが半分の気持ちで来ているので、楽しく遡行を続けた。

 

(私の釣ったヤマメ、この日最初で最後の魚となった)

 

同行のMKさんが小物をヒットさせた。

私はその後のポイントでじっくり毛バリを流すと待望のヒット。

この渓では良形のヤマメを釣り満足した。

貴重な1尾をリリースする時に、いつも以上に感謝の気持ちを込めた。

 

(貴重な1尾)

 

 驚いたのはこの貴重な1ヒットをMKさんが動画で撮影されていたので、帰宅後早速編集し、facebookにお手本としてアップをさせてもらった。

 

(なかなかのサイズだった)

 

 続いてMKさんも綺麗なヤマメを釣ってご満悦。

 気心の知れた仲間との釣行は気楽だ。

 

 

(ご満悦のMKさん)

 

 涼やかな渓から下り、トラウトカントリーに寄ると仲間のTTさんが遊びに来ていた。

 情報交換と暫しの談笑タイム。

 実釣以外のこういった時間もテンカラの楽しみのひとつだ。

MKさんとTTさん、昨日はありがとうございました。

 

(減量も成功して、後ろ姿もスッキリした)

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 昨日は、3月の『ファイントラックTOKYOBASE』で開催した私のトークイベントに参加してくれた2名を連れてガイド釣行に。
 7月のテンカラ教室にも参加してくれて、ひとりは私が監修したテンカラ竿『櫻井釣漁具製の金剛やませみ』を販売直後にお店まで買いに行ってくれたので、こちらも喜んでガイドをさせてもらった。
 二人とも沢歩きの経験もあり、クライミング も楽しんでいる。
 しかもアイスクライミングまでやっているというし、何より身体や健康に対する意識も高い。
 「もはやガイドする方が救助されるのか」

と思われるような頼もしい二人なので、安心して連れて行くことができた。
 

 今回のミッションは、
  Eちゃんが『金剛やませみの入魂』。
Hさんが『釣りは初心者、だけど源流の天然イワナをテンカラで釣る』
ということに設定。

 そして釣りだけでなく、渓そのものをどのように楽しんでいるかを理解してもらうために『吉田毛鉤流沢テンカラの一日』

と題し入渓した。
 

 電車で待ち合わせ場所にくるため、朝はゆっくり入渓した。
 先行者がいても、大きく時間をずらせば何とかなると想定した。

 今日は水が高く、開始早々にシャワークライミング状態となり、先が思いやられたが、その後は問題なく遡行することができた。
 最初は心許ないキャスティングをしていたHさん。
 時間の経過と共に狭い渓にも慣れ、今日中に何とか結果を出せるだろうと思った。
 Eちゃんにはポイントと釣り方のアドバイスをして、こちらも必釣オーラが出ていたので、後ろから釣りを見守っていた。

 

 

 1尾バラした後、入魂の1尾!
 嬉しそうな表情にこちらも嬉しくなる。
 その後もさらに1尾追加。
 Eちゃんのミッションは完了した。

 


 

 残るHさんには、集中力が切れないようインターバルを取らせるために、時間を掛けてランチ&コーヒータイムにした。
 

 

 本日もYOSHIDA'S KITCHENとYOSHIDA'S CAFEのOPENだ。

 


 例によって私の『スパムごはん』の洗礼を受けてもらった。
 私と同じく料理の好きなHさんは、「コーヒーと一緒に食べようと思って」と、絶品のチーズケーキを焼いてきてくれた。
 ホントに美味しくて、これはありがたかった。

 


 食事が終わりリセットされたので、Hさんには再び竿を出してもらった。
 休んだ後の集中力の回復で、読み通り1尾をヒット。

 


 写真撮影してリリースした後に、続けてもう1尾ヒットさせたので、文句なしの源流テンカラデビュー戦の勝利を飾った。

 


 行き帰りの車中のトークも楽しく、「たまにはね」とジャンクフードを食べながら今後の展開の残業ミーティングに突入してからお開きとなった。
 

(自己記録更新の7センチ)


 禁漁になったら、今度はEちゃんとHさんの、得意分野のレクチャーをお願いしようと思っている。

 

 

 昨日のガイド釣行はそこそこ傾斜のある渓にいった。
 朝9時から午後3時まで、初心者に釣らせるためにゆっくりペースではあったが、昼飯用も合わせて10キロ以上の荷物を担いでいたので、それなりに体力は使ったと思う。
 途中バランスを崩し、膝を強打した。
 帰宅後見たら腫れてアザができていた。
 機能的に問題はなさそうだったが、今朝はそれを確かめるべくゆるランに。
 少し走って問題がなかったので、そのまま10キロ走って帰宅した。
 折り返し地点付近では、ようやっと見えた晴れ間を撮影。
 梅雨明けはありがたいが、次は暑さ対策をしっかりと考えないと。

 

 昨日のランチは渓で脂肪と炭水化物をたっぷりの料理を食べ、夜はジャンクフードだったので、走った後に恐る恐る体重計に乗ると……問題なし。
 昨日のような楽しい源流釣行も、健康と体力があってのこと。

 身体も重くならないようにコントロールし、次の入渓に備えたい。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 先日の自然渓流デビュー戦を見事なイワナで飾った新弟子。
今度は
 「まだ見たことのない、放流区間でない場所の天然のヤマメが釣りたい」
と言ってきた。

 

 連れて行くのはいいが、条件を告げた。

 「魚も少なくてスレているから、ゼロイチの世界だということ」
 「釣果は気にせず、渓を愛で、渓の空気感を楽しむことができること」
 「片道4キロ、標高差400メートルを休まず普通に歩けること」
 前回の釣行で大丈夫だとは思っていたし、
 「釣れなくても源流に入れるだけでもありがたいので」
 「あれからランニングやジム通いをして、身体も鍛えています」
と言うので連れて行くことにした。

 


 車止めから1時間半を私のペース(とはいえ10キロ以上の荷物を背負っている)で歩いたが、ピッタリついて来たので合格。
 これなら私に何かあっても、自力で下山してしかるべきところに連絡を入れてくれるだろう。


 以前懲りたことがあったが、普段からロクに歩いていない、魚を釣りたいだけが目的のヤツを連れて行ったことがある。
 山や渓を知らないヤツに限って、連れて行けオーラを出しまくるし、連れて行くと歩くのは遅いは、直ぐに休憩と言うは、魚が釣れないと機嫌が悪くなるはで、こちらが気を使い過ぎて、せっかくの釣行がイライラを募らせて帰宅することになる。
 連れて行く側だけでなく、連れて行かれる方にも最低限のマナーと体力は必要なのだ。

 


 

 話は逸れた。
 

 新型コロナ蔓延の影響で、しばらく渓ごはんから遠退いていたが、今日はどうしてもYOSHIDA'S KITCHENをオープンし、渓でランチが食べたかった。
 入渓し、しばらく釣りをしても反応なし。
 仕方がない、早めのランチにしようと思い、準備を開始した。

 


 その間新弟子には竿を出してもらったが、直後に大きな声が聞こえた。
 近く行くと『デカイ!』。

 


 この渓ではなかなかお目にかかることのできないサイズのヤマメを釣っていた。

 


 初の天然ヤマメ、しかも竿はおろしたばかりの『金剛やませみ』。

 


 終わってランチをいただき、満足の半日となった。

 

 


 私は最後に竿を出させてもらい、イワナ(撮影前逃亡)と人生で2回目のハイブリッド(イワナ×ヤマメ)に会い、釣りを終了した。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 今日は生業が休み、ただし今日も午後に所用がある。

 

 そこでいつもの半日源流釣行に。

 

 朝4時半に自宅を出発。

 

 

 到着すると、想定はしていたが、先日の雨で水嵩が高い。
 

 釣りにくいので流れを読んで、毛バリを通せる場所だけ決め打ちしてパタパタと遡行した。

 

 

 あっという間に退渓予定場所に到着。

 

 時速1尾という感じで3尾釣れた。

 

 深追いはしないのが私のスタイル。

 

 渓に感謝してゴミを拾いながら下山した。

 

 帰宅したのは昼過ぎだった。

 

 所用を済ませた後も時間はたっぷりある。

 

 今日も充実した1日になりそうだ。

 

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 昨シーズンからテストを依頼され、試作品を繰り返し使い、最終的にOKを出させていただいてから数ヶ月。

 

 

 完成品となった櫻井釣漁具製『金剛やませみ』。
先調子、2.7メートルという長さの竿の真価が発揮される源流域の小渓流に、出来たての竿を持って出掛けてきた。


 思いのこもったこの竿。
 初めて使うにはそれなりに礼を尽くしたい。
儀式のようなものなので、安直に入渓できる場所は嫌だった。


 朝4時に自宅を出て、車止めに5時に到着。
仕度をして林道に足を踏み出し、標高差600メートル、片道6.5キロの入渓点まで、ノルディックウォーキングよろしくダブルストックでせっせと歩いた。
 

 人より熊の数の方が多いような場所なので、クマ避け3点セット(鈴、笛、スプレー)にプラスして、100円ショップの火薬ピストルを時々鳴らしながら1時間50分で到着した。

 


 目的は新竿を藪沢で使い、ヤマメを釣って竿絡みの写真を撮影すること。
 なので1尾釣れたら下山するつもりでいた。
釣りを始めて30分後、撮影に耐えるサイズが出た。

 

 

 写真を撮ってリリースしミッションは終了。

 

 下山仕度を整え林道を下った。


 この距離を息を切らすことなく上がれるようになったのも、日々のランニングのおかげと、何だかとても嬉しく、ニコニコしながら歩いていたら、私の大好きな(子供の頃捕まえて飼っていたこともあり、渓で出会うと必ずよいことがある)ニョロを3匹も見ることができた。

 


 

 1匹ことに「写真撮らせて」と声を掛けながら近づくが、恥ずかしがらなかったのはこの子だけだった。
いい顔していた。


 午前中には下山してしまったので、自宅に戻り片付けと洗濯とシャワーをして、エアコンの効いた室内でまったり。


 こんな時間配分だと、一日が二度美味しく感じる。
今日も楽しく遊ばせていただき、無事に帰宅もできたことに感謝だ。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝