日曜日の釣行では、蜂に刺されこそしなかったが、スズメバチに追われた一日となった。

9月の半ばを迎え、私も月末にかけてボチボチお仕事の釣りがありそうなので、調整も兼ねての釣行となった。 向った先はいつもお世話になっている天然魚のみのC&Rの釣り場「シャロムの森」。同行はメンバーのチナミさんだ。

 

私は先週に引き続きお邪魔をさせていただいた。

釣り場に到着したのが午前9時。準備をして釣りを開始したが、先週に比べてあまり反応がよろしくない。先週もある時間を境に魚たちが一気にスイッチ・オンしたので、今日もそうだろうと二人でのんびりと釣り上がっていった。

しかし蜂が多い。

 

最初の魚が顔を出したのが30分を過ぎた頃だったと思う。その後二人で交互に魚を釣っていったが、やっぱり蜂が多いのだ。

魚や風景を撮影しようとすると蜂にまとわりつかれる。最終的に大きく場所を移動するまでは、始終蜂の羽音を近くに聞いての釣りとなったため、落ち着かないことこの上ない。

最後には重低音の羽音の幻聴まで聴こえてくるようになってしまった(泣笑)。

それでも活性が上がってきた頃には思うように魚も出てくれて、午前中の釣りはまぁ満足。

 

その後釣り場を移動したら、朝の場所よりは少なくなったが、それでも蜂はそこそこいた。

昼過ぎには、羽音にビクビクしながらインスタントラーメンを作り食べた。

食事の後は釣りを再開。ここからもイイ調子で魚が出てくれたので、結果的には二人共大満足の一日となった。

 

 

風邪からの病み上がりとはいえ、家でくすぶっていたら完治しないと思ったので出かけたが、投薬と睡眠を繰り返したおかげか、帰りの運転時も疲労が出ず、元気のままで帰宅することができた。

 

しかし時期的に仕方がないとはいえ、やはり蜂だけは周囲を飛ばれるとどうにも落ち着いて釣りができない。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

仲間と釣りに行って、他人のことを考えずに自分だけガツガツ竿を出すような無神経な輩もいるが、自分が誰かを釣れていくガイド釣行の場合は、連れていった人が少しでもいい気分で帰ることができるように、よさげなポイントは竿を出してもらうようにしている。

しかしながらそんな釣行ばかりが続くと、自分の釣りがシックリとしなくなってしまうこともあり、時には単独入渓して自分の釣りを取り戻すことがある。

 

 

そんな私の心情を察してくれた吉田毛鉤会メンバーの女子から、「たまにはサポートに回るので、今日は思い切って釣りをしてください」とありがたい申し出があった。しかも「渓メシの準備もまかせてください」とのこと。

「これは嬉しい〜♪」とお言葉に甘え、今日は3年振りとなる渓に出かけた。 ウロ憶えの場所だったが、魚の反応はソコソコあった。しかし毛バリに絡んでくるのは『ヤ豆』ばかり。

よさげなポイントに毛バリを打ち込んでみるが、なかなかハリ掛かりしない。 出てものらない魚に二人でキャーキャー騒ぎながら釣り上がっていったが、パラパラと雨が降り始め、空も暗くなってきた。

 

この季節は午後の雷雨が怖いため、午前中で上がるのを基本としていることもあり、「ボチボチ竿をたたもうかな〜」と思っていたところで、本イチの良型が出た。小型ばかりのこの渓の魚にしては体高のあるヤマメだった。

 

 

思う存分竿を出させていただいたチナミさんにお礼をいって、写真撮影もしてもらう。 その後は少しだけ竿を出したが、空模様がますます怪しくなってきたので、登山道を使って入渓点まで戻った。

 

ここからは車止めまで直ぐでもあるし、少しだけ晴れ間が顔を出したので、ランチにすることに。

今日はメンバー女子にランチの用意をしていただいた。

静かで綺麗な渓での食事のひと時は、本当に贅沢な時間だと思う。

諸々に感謝する次第。

 

今日は近場の渓だったこともあり、帰途についたのも早い時間だった。翌日に疲れを残すどころか、少々物足りなさ(体力的に)を感じるほどの釣行だったが、魚と食事と同行者に癒された一日となった。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

ガイド釣行

 

私がプライベートで釣りに行く場所は山岳渓流といわれている、登山や沢登りに絡んだ場所が多い。とはいえ大荷物を担いで何泊もする大源流ではなく、日帰りで行かれる場所がほとんどである。

 

そういった場所に好んで入る理由はいくつかあるが、先ず、生業はサラリーマンであり、子育てや家族の面倒も見なければならないため、自分の好きなことだけをやっている場合ではないことがある。プライベートのテンカラ以外にも、教室や販売用の毛バリ巻き等、限られた時間を各方面に振り分けないとならないため、短い時間でもストレス解消することのできる、美渓への日帰り釣行がベストマッチしているのだ。週一ペースで行きたいこともあるし。

 

釣りに行く際、嫁は一言の文句もいわず、こころよく送り出してくれるが、それも普段の行いあってこそ。

生業の帰りに酒を飲んで帰るようなことはなく、スーパーに立ち寄り買い物をして自分の酒肴を作り、週に何度かは家族の夕飯を作る。子供の学校行事にも積極的に参加し、釣行後の着衣の洗濯等も、家族の手を煩わせずにやっているからに他ならない。

 

家庭の事情はさておき、入渓の理由の第一は【水が綺麗】な場所が好きなこと。次に【渓畔林の美しさ】と、【苔むすしっとりとした小渓流の風情】が好きだからだ。

 

ただしそのような場所には危険もある。クマやスズメバチといった動植物の危険から、私も何度か経験をしているが、転倒や滑落を理由とする怪我がある。もちろん遭難の危険もあり、馴れない人が単独で入渓すればハイリスクなのはいうまでもないことだ。

 

そこで必然的に経験者のお世話になるのだが、これがなかなかに難しいのだ。

 

安全な遡行や沢歩き、登山の知識を生かし、初心者を連れて釣りに入るまではよいのだが、ベテランの釣り師であるがゆえに釣りに対してのアドバイスが過剰になりがちで、挙げ句の果てには自分だけガツガツ竿を出し...では、帰ってきてからは「もう行きたくない」となってしまうと思う。

 

そんなことを考えながら、自分はそうならないよう、過去何人かの初心者を渓に連れていっているが、場所が場所だけに信頼関係の構築されていない人と出掛けるのだけは御免こうむりたい。だから知らない人に「お金をお支払するのでお願いできますか」などとお話をいただいても、キッパリお断りしている。私は教室もガイドも好きでやっていることなので商売ではないのだ。大体何かあった場合には、お互いの命を相手に預けないとならないようなことも想定しておかなければならない場所に、知らない人とは行きたくない。

 

そんなガイド釣行時でも、釣れない場合には少しでも気持ちが上向くように、食事やコーヒーの用意をして、目先を変えてもらい、集中力が切れないようにサポートをしたり。

 

先日の釣りでは途中メンバーにガイド役を代わってもらったが、次の世代に技術や知識を受け渡していくことを考えながら見ていた。

 

 

今度の週末もガイド釣行の予定が入っている。同行者には少しでも楽しんでもらえるようにと思ってはいるが、今回の台風の爪痕(水量と濁りも)が気がかりである。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

雨の湯川2017

 

 

昨日は早朝3時に自宅を出て、奥日光の湯川まで。

 

 

降りしきる雨にやられ、雨の戦場ヶ原散策と化したが(赤沼から湯滝まで往復してしまった)、6年振りに湯川の川鱒(ブルックトラウト)に会うことができた。

 

 

前回はつり人社の別冊『渓流』の取材で行ったのだが、その時も雨。
この川は増水の心配もないので、雨の湯川で釣りをしたが、今度は晴れている時にでかけて、ゆっくりと写真撮影をしてみたいと思う。

 

 

同行の女子も初の湯川の川底に驚いていたが(底なし沼かw)、次第に慣れてきて結果を出していた。

 

雨でも人気の週末の湯川は入渓者も多く、降り続く雨のため午前中で上がった。写真の撮影もロクにできなかったが、帰りは別ルートで帰途につき、ドライブがてらのプチ遠征を楽しむことができた。

 

独特の雰囲気のある湯川。中禅寺湖畔の金谷ホテルにでも宿泊し、数日のんびり釣りができたらどれだけ幸せなことか。生業をリタイアしたらやってみます(笑)。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

昨日はダブルヘッダーの日だった。

夕方は吉田毛鉤会のハーフタイム飲み会があるため、夕方には新宿入りするので、午前中のみのプチ入渓だ。

実質3〜4時間しか渓にいられないが、せっかくの週末なので時間がもったいない。
前日の午後に短時間だったが豪雨になった奥多摩。本流は濁りが入っていたが支流は問題なかった。
問題なのは集中豪雨の影響で虫の飛翔が少ない。虫の飛翔が少ないとライズもなく、水面や水面直下の勝負が成立しない。
軽快に毛バリをポンポンと打ちながら、パシャッ!と魚が水面を割って出るという、ハイシーズンの楽しい釣り方ができないのだ。

 

そんな状況だったため、私も同行の女子もアタリがない。

魚がいないわけではないので、フィーディングのゾーンが深い場所に移行してしまったようだ。

時間的制約もあったので、早いペースで毛バリをローテーションしながら釣りを続けた。

 

ちょっとした淵で、ガッツリ沈める毛バリをハリスに結び、底をトレースするように毛バリを流すと…本日イチの魚(というか今日これだけ)が釣れた。

愛竿の『金剛てんから』が満月にしなる久しぶりのサイズに気をよくして下山し夜の部へ。

 

 

夜の部はいつもの新宿で1次会2次会と盛り上がり、宴会部長と2人で3次会まで行って終電で帰宅した。

 

渓(奥多摩)から街(新宿)へ。

 

良型の魚と飲酒とカラオケでストレスは発散されたが、かなり疲労が残る朝。今日も所用で都心に出たので、頭はスッキリ身体はガックリの週末だった(笑)。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

猛暑の下界(自宅)から天上界(奥多摩)へ

 

猛暑が続いている。私の生活しているエリア(埼玉・東京)では梅雨だというのにまともな雨が降っていない。ところどころで発生するゲリラ的な豪雨のみだ。

日本の西の方で起こっている豪雨で被災され大変な思いをされている方がいるというのに、こちらはカラカラ。埼玉や群馬の一部では取水制限も始まったようだ。

台風にしろ豪雨にしろ仕方がないことだが、上手くバランスが取れないものかといつも思う。

 

(ヤ豆ちゃん)

 

一週間の生業が終わったので、あまりの暑さから逃げるように、昨日は吉田毛鉤会の女子メンバー2人と共に奥多摩の渓に向かった。

自宅を出た時には30℃近かったと思うが、青梅を過ぎ、奥多摩に入った頃には25℃まで下がっていた。車のエアコンを切り、窓を開けると車内に入ってくる風が心地よい。
奥多摩駅を過ぎ、入渓地点近くの車止めまで上がると気温は23℃になった。

 

いつものように準備をして登山道に足を踏み出す。世間は三連休の人が多いのだろう、もの凄い登山者の数にやや圧倒される。
登山者の群れに混じって歩き、途中から離脱し沢へと降下する。ここからは普通の山歩きの人が下りないような斜面なので、「この人たちどこいくの?」と、山ガールがガン見していた(笑)。

 

(連なる登山者の合間を縫って撮影するのが大変だった)

 

上り下りをしたので、気温は低いとはいえ全身から汗が流れていた。釣りの準備をする前に、先ずはひとっ風呂…ならぬ足を膝まで沢水に浸けラジエーター効果で全身の冷却を。これで汗がピタッと止まる。この時に普通の衣類を着用していたら汗冷えしてたまらなくなると思うが、沢歩き用の高機能の下着とシャツを着ているので、全くといっていいほど不愉快な感じはない。

 

今日は2女子と同行なので、先ずは彼女たちに釣りをさせ、私は後ろから写真を撮影しながら付いていった。
二人共釣りの腕も上がり、沢歩きもずいぶんと慣れてきた。最初の頃は安全のため、側に付いて一挙手一投足にアドバイスをしていたが、最近はそれも少なくなり、同行のこちらもずいぶんと楽になってきた。

 

今回の釣行ではちょっとした高巻時にいつもと違うルートをあえて選んだところ、ほんの数メートルの区間がヤバいことになっていた。2女子にはこれもちょうどよい経験になるかと思い、ロープを出して危険回避をしながらその場所を通過した。

 

そんなこともあったが、それぞれ魚を釣り、撮影を楽しんでリリースした後は、お待ちかねのランチタイムとなる。
今回は夏の定番の『渓そうめん』を作った。

 

(夏の定番渓そうめん)

 

渓にいると本当に暑さを忘れる。雨後の晴天で周囲の植物、そして苔もしっとりとして、景色もいい感じだった。昨日は釣果よりも渓。渓にいること自体が嬉しくなる、そんな一日となった。
午後2時半。名残惜しくていつもよりゆっくりしていたが退渓し、TOKYOトラウトカントリーに寄ってから帰宅した。

 

金曜の夜に少し降った雨のおかげで、水量は超渇水から若干回復気味になっていた。先日まではどこに行ってしまったのかと思う魚たちも多少顔を出してくれた。
豪雨はいらない。普通にシトシトと何日も降ってくれる梅雨が必要だと、あらためて思った昨日だった。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

***8月20日(日)に開催予定のキッズテンカラスクールですが、すでに8名のお申込みをいただいているそうです。募集人数は若干の増加には対応できると思います。ご参加ご希望の方はお早目のお申込みを、どうぞよろしくお願いいたします***

今期、私の好んで入る奥多摩の渓は渇水が続いている。昨日もそうであったが、毎回のように最低水位を記録するほど、雨が降ろうがヤリが降ろうが水位が下がりまくっているのだ。

これがどういうことかというと、水位が下がり過ぎて魚の付き場が日に日になくなり続けているのだ。

 

 

天災になるような大増水はごめんこうむりたいが、適度な増水と引き水が繰り返してくれるとありがたい。

時に大水が出ないと川底に溜まった砂が抜けず、小渓流ではさらに魚の居場所がなくなってしまう。

それでも先日は少しばかり雨が降り、周辺の動植物は息を吹き返した感じがする。

 

減水&入渓者の数で、この渓もかなりプレッシャーが高くなり、反応のよいのはウブなおチビばかり。

昨日もそんな悪条件の中、この渓にしてはそこそこの型を釣ることができたが、おチビ以外ではその魚のみだった。

午前中、しかも実釣2時間弱の結果なので、ま、よしとしよう。

 

 

その後はトラウトカントリーに戻り、スタッフと先日のTV放映の話で盛り上がった。

そして 渓の釣りが芳しくなかった私はTTCで竿を出し、ここの魚で憂さ晴らし…じゃなかった癒してもらった(笑)。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

教室に取材、そしてロケ?と、公用のテンカラ仕事が続いていた。

ひと段落したのでこの週末は純粋なプライベート釣行に充てることに。

 

 

先日の取材釣行でみごと結果を出してくれたメンバーに、今日はちょっこっと御礼もしたかったので一緒に入渓した。

それにしても酷い雨だった。酷いのはそれだけでなく、こうして降雨が続いているのに、奥多摩の支流は水位が落ちているのだ。

よほど山が乾いていたのだろう。魚たちも深場に移動してしまったようで、足元から走る魚も少なかった。

 

 

見える魚は少なかったものの、雨で水面がかき乱され、アプローチもいつもより接近できるため、どうにか釣果を得ることができた。 私も同行のメンバーも、のんびりやって3尾ずつ釣れたので、条件のよくない中の半日釣行では上出来だったと思う。

かわいらしい魚たちはモチロン写真を撮影させていただき丁寧にリリースしてきた。

 

さすがにこの雨だ。しかも半日釣行では渓メシを作る気にはならず、コーヒーを淹れたのみ。

それでもこんなひと時に癒されるのが、苔むし小渓流ならではの醍醐味である。

 

 

渓は早々に引き上げ、トラウトカントリーに寄って、先日ロケをしていただいた番組の話で盛り上がる(本日放送されました)。

その後は先日の取材の反省会と称して食事に。 帰宅後は録画してあった番組を見て、「さわりだけでも『テンカラ(釣り)』を地上波で紹介できてよかった〜」と思った次第。 各方面からも「観たよ〜」の連絡をいただきました。

 

今日の釣りの話に戻るが、今日は夏の定番の『沢タビ』を着用していった。

沢タビは久しぶりだったので、快適な沢水の中をいつもよりいっそう丁寧に歩き、かすり傷ひとつすることなく帰宅したのだが、帰宅後にプチアクシデントに。

着衣の洗濯をしてベランダに干そうと出た時に、足の親指をしたたかにぶつけて爪が割れてしまった。

緊張感のある中では、危険と隣り合わせの場所でも怪我をすることなく帰宅したのに。 気のゆるみからきた自宅でのアクシデント。 みなさまもくれぐれもお気を付けください。

 

ということで雨天でしたが癒しの釣行となった今日。

メンバーのカオリン、本日も同行ありがとうございました〜。

 

●7月8日(土)のTTCテンカラ教室は後少しだけ人数枠があるそうです

ご参加ご希望の方はよろしくお願いいたします

●8月20日(日)のキッズテンカラスクールは近日中に募集を開始する予定です

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

前の日曜日からスタートした私的テンカラウイーク。入渓、カンツリ釣行、毛バリ研究会、テンカラ教室の後はなじみの渓に出かけることに。

 

今日はちょっと毛バリのことについて検証したいことがあった。

以前いただいた職業漁師の方の毛バリに似せて巻いた毛バリを使い、いつもより太いハリスで釣りをしてみる。私のスタンダードの仕掛けに比べると毛バリもハリスも一回り大きな(太い)ものだが、釣り場と釣り方が合っていれば……詳しくは研究会で解説しようと思っている。

 

 

今日は釣りを開始しても蓄積疲労にやられているらしく、肩は重だるく、目もかすみ気味。釣りにもあまり集中できなかったので、同行の女子にがんばってもらった。開始早々にそこそこの型を出した女子。その後は私も1尾釣り、なんだか気が抜けた2人は、もう渓メシのことで頭がいっぱいになってしまった。

 

今日は入渓前にトラウトカントリーに寄り、毛バリの納品をしてから渓に入ったため、スタート時間は遅かったが、10時過ぎには食事の準備にとりかかり、だらだらと渓で過ごす。

 

夏場でも腐敗しない食材を渓に持ち込み、美味しい食事をしたいと思うのだが、年齢からくる胃弱のせいか、肉っぽいものや油っぽいものが食べたくない時がある。そこで持ち込んだのが長芋である。 麦ごはんは炊くだけ、長芋はスリスリするだけ、味噌汁はインスタントにし、個装パックの海苔の佃煮を用意すれば、贅沢な御膳の完成となる。名付けて『奥多摩渓御膳』。 麦とろはご飯がいくらでも胃袋に入ってしまうので、食べ過ぎ注意のこのメニューだが、とにかくいうことなし!!の美味しさだった。

 

 

これで満足してしまったので、昼過ぎには退渓。

帰りにトラウトカントリーに顔を出し、今日の報告をして、コーヒーをいただき帰宅した。

 

これにて終了の私的テンカラウイーク。明日から現実世界に引き戻されます(泣)。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

土曜日は子供の学校行事だった。それが終わり、公私共にひと段落したので、今週は週の半ばにも休暇を取り、テンカラ関連行事をいくつかスケジュールしてみることにした。今日はその第一弾で、山賊と釣り(笑)。

 

 

吉田毛鉤会メンバーの山賊ことナベちゃんから「久ぶりに釣りが拝見したいので…」とオファーがあった 。山賊と呼んではいるが、見た目のイカツサと裏腹に、体育会系出身で礼儀と常識をわきまえた男。三人の子育て中なので本当にしっかりとしていて、空気の読めない輩と違って一緒に行動していても気持ちが良いのだ。最近分かったが、高校の後輩でもあった(笑)。

 

日曜日の釣行を決めた場所は山梨県下。激戦区でもあるためチョッ早に家を出て現地に到着したのが午前4時だった。先行者も回避できたようなので、支度をして林道をグイグイと歩く。

 

川に下りた時点では、まだ5時半位だったと思う。時間に余裕もあるし、先ずはザックの荷物を広げて、整理しながら釣りの準備をした。

「今日は釣りをじっくりと拝見さてください〜」

ということだったので、お言葉に甘えて心おきなく竿を出させていただくことに。

 

と思ったら、開始早々立て続けに魚が釣れたので、こちらとしてはお腹がいっぱいになりつつあった。この時点でもまだ朝の5時台だった(笑)。

その後は交互に竿を出し、真面目に立ち位置や釣り方の話もしながら、夏空となったこの美しい渓を堪能した。

 

気温は朝は10℃しかなく、林道を歩いていても汗ひとつかかず。日が射す渓は本当に快適極まりなく、早々に満足してしまった二人は、早めのランチにすることにした。

 

こちらは私の渓メシのド定番の『スパムごはん』。しっかり食べるということだったので、今日はお米を増量したが、見ていても気持ちの良い食べっぷり。持参してきてくれたノンアルで乾杯しながら、ゆっくりと渓を愉しむとができた。

 

そして車止めに戻った時間が午後1時。余裕綽々の釣りだった。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝