別冊渓流2017夏

 

 

今回も拙文を掲載していただきました

 

 

ご講読のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝 

 

 

月刊つり人3月号の表紙は『みっぴ』こと、秋丸美帆さんです。

 

http://tsuribito.co.jp/magazines/tsuribito/

 

 

今号の表紙の釣りは『テンカラ』です。私のようにこの釣りを推しているものにとっては、本当にありがたいことでした。

 

 

管理釣り場を利用して、毛バリ巻きからキャスティング、そして釣り方のアドバイスをさせていただきました。

 

さすがはプロのアングラーの秋丸さんです。

テンカラは2度目ということでしたが、飲み込みも早く、キャステイングもあっというまにできるようになりました。

続く記事には、キャステイングの基本的な解説もさせていただきました。

詳細は月刊つり人3月号をごらんいただければありがたく思います。

 

テンカラを教える立場になり数年。

テンカラ教室の回数は80回を超えました。

毛バリの教室も60回を超えました。

老若男女を問わず、この釣りを楽しんでいただこうと、春夏秋冬毎月休まず教室は開催しております。

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

今回のように、女性でも楽しむことのできるテンカラです。

みなさまもぜひとも今シーズンは、この釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

別冊渓流は19日発売です。でも横浜のフイッシングショーで購入するとイイことあるかも…です(笑)

 

別冊渓流2017春号は、1月19日に発売になります。

 

 

今回の内容はコチラ←クリックしてください

 

2017年春号の特集は「もっと自由に、毛鉤釣り。」。シンプルな道具立てにもかかわらず、さまざまなスタイルがあるテンカラ釣り。今回は石垣尚男さん、吉田孝さん、倉上亘さん、瀬畑雄三さんら名手たちの釣りに注目しつつ、それぞれのスタイルの特徴や利点を探ります。さらにテーパーライン、レベルライン、フライラインなど、現在ラインナップされているテンカララインの種類についても解説します。 また、源流釣行では和賀川、見附川、滝谷川、北又谷、島々谷川などフィールドをピックアップ。さらに、池袋秀山荘がおすすめする源流グッズ最新事情なども掲載しています(以上つり人社ホームページより)

 

この別冊渓流ですが、横浜のフイッシングショー『つり人社』ブースでご購入いただいた方々の中から、抽選で15名様に『たにのおきな・瀬畑翁』『石垣テンカラ大王』『老眼天空倉上御大』『吉田毛鉤』の巻いた毛バリ(4本セット)をプレゼントすることになりました。
抽選会は21日の土曜日、フイッシングショー会場内、『つり人社』ブースで午後2時から開始予定です。

当日会場内のつり人社ブースで別冊渓流をご購入いただいたみなさまには、抽選券をお渡しするそうですので、そちらをお持ちなって抽選会にお集まりください。

 

ということで、当日はよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

つり人社刊 『熊!に出会った襲われた』

 

 過去の入渓時や移動の時に、何度か熊を見たことのある私のところへも原稿の依頼が来ました。

 ということで、発売となりました『熊!に出会った襲われた』。

 私の記事は目撃談という形でしたが、壮絶な体験をされた方の話も書かれています。

 読み物として、注意喚起として、ぜひともお読みいただければと思います。

 

 

 

 例年、月刊つり人や別冊渓流の誌面では、記事を書かせていただくことが多いのですが、今年は単行本でも何度かお世話になりました。

 『テンカラスタートブック』そして『滝を釣れ』。今回の熊の本共々、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

amazonからも購入できます⇓

https://www.amazon.co.jp/%E7%86%8A-%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A5%B2%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F-%E3%81%A4%E3%82%8A%E4%BA%BA%E7%A4%BE%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4864470936

月刊つり人9月号本日発売

 

 

 

 毎月25日発売の『月刊つり人』、今回は吉田毛鉤会の女子メンバーを連れて、高原のテンカラ記事のお手伝いをしてきました。

 当会の看板娘がイイ仕事をしてくれたおかげで取材は無事終了しました。

 私はここのところ多くなってきている、食事やらコーヒーのサポートで参加となりました(笑)。

 

 

 

 数年前より当会の主力メンバーには、原稿の依頼をしたり、取材のサポートをお願いしてきたのですが、今回は高原絡みの取材ということで、女子を前面に出そうということになりました。

 

 

 

 詳しくはご購入の上、じっくりお読みいただければありがたく存じます。 

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

つり人社刊「別冊渓流2016夏」発売中です


発売になりました、つり人社刊「別冊渓流2016夏」


今回も釣行記で参加させていただきました


それともうひとつ、テンカラで古来から使われていた「馬素(バス)」の縒り方
こちらの記事でもご協力させていただきました


同じく発売中の、つり人社刊「滝を釣れ」共々、よろしくお願いいたします



吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
滝を釣れ



 つり人社刊『滝を釣れ』が発売になります。



 私もテンカラのパートで参加させていただきました。

 釣行記から各ジャンルの名人たちの滝攻略法まで。

 読んで楽しく、ハウツーとしても実戦の役に立つ本だと思います。自分の得意ジャンル以外のことを知り、自分の釣りに生かすこともできますね。

 ご購入は、つり人社HPより

http://tsuribito.co.jp/%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%80%8E%E6%BB%9D%E3%82%92%E9%87%A3%E3%82%8C%E3%80%8F6%E6%9C%88%E4%B8%AD%E6%97%AC%E7%99%BA%E5%A3%B2%E9%96%8B%E5%A7%8B%EF%BC%81/

 どうぞよろしくお願いいたします。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
つり人社「テンカラスタートブック」



 私が講師を務めるTOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室も、年々ご参加いただく方も増え、竿やラインのメーカーさんも、徐々にではあるが、各種のテンカラ関連用品を発売していただけるようになってきた。

 私の教室にご参加いただき、一からテンカラを理解していただくことは本当にありがたいことだが、色々な理由で参加できない方もいらっしゃると思う。

 そんな時には「書籍」が役に立つと思う。
 そこでいよいよというか、満を持してというか、いつもお世話になっているつり人社より、テンカラ入門の書「テンカラスタートブック」が発売される。

 錚々たる執筆陣の末席に私も加えていただきまして、感謝する次第です。



 随所に掲載していただいたが、特にパート1「テンカラで魚と遊ぶために」は熱を入れて書かせていただいたので、お読みいただけるとありがたく思います。

 ということで、これからテンカラを始めてみようと思う方がいらっしゃいましたら、こちらも頑張ってやらせていただいた、テンカラ入門のDVD『テンカラ1尾釣るまで!塾。』共々、よろしくお願いいたします。


ご購入はこちらからも⇓
http://tsuribito.co.jp/%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E3%80%8E%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%8F4%E6%9C%88%E4%B8%8B%E6%97%AC%E7%99%BA%E5%A3%B2%E9%96%8B/


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
テンカラで魚と遊ぶために(別冊渓流記事)
 
 先日の横浜の
ジャパンフイッシングショーでは、つり人社ブースにて、テンカラのトークショー(座談会)をやらせていただいた。
 時間の関係もあったので、この時には私がいつも教室で話している内容の、ほんのさわりだけ話をさせてもらった。
 続きを聞きたい方がいらっしゃいましたら、ぜひともTTCのテンカラ教室へご参加ください(笑)。
  
 先日発売になった、つり人社刊
『別冊渓流2016春号』の誌面で、これからテンカラを始めてみようという方や、ちょっとやってみたけど実際のところどうなのだろう?と疑問に思っている方にもご理解いただけるような内容で、「テンカラで魚と遊ぶために」というハウツーの記事を書かせていただいた。もちろん経験者の方にも参考にしていただければありがたい限りである。

 私の教室では、その内容を口頭で詳しく説明をさせていただいているが、そのひとそれぞれのやりたいテンカラを見つけ、そのテンカラに応じた、いわゆる「ケース・バイ・ケース」をどのようにすればよいかを解説している。


 
 自分自身がどのようなテンカラをやりたいのか、周囲の情報に惑わされず、その中から本当に何が自分にとって必要なのかを見いだせる「選択眼」を持っていただけるよう、表のネタから裏のネタまで、談笑を交えて楽しく開催させていただいている。
 
 ●今週末の
7日(日)は毛バリ研究会(1月開催の代替日)
 ●来週末の
13日(土)はテンカラ教室

 いずれの教室も奥多摩のTTC(TOKYOトラウトカントリー)でおこなっているので、興味のある方は以下のHPよりご確認ください。
 お申込みとお問い合わせは
コチラから

 よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
月刊つり人3月号『渓ごはん』を担当しました





 別冊渓流春号に引き続き発売の月刊つり人。
 3月号は渓流解禁特集ですが、今回は『渓ごはん』の記事を担当させていただきました。
 渓流に持参するため、軽量で簡単なレシピをベテラン勢からご紹介いただき、私が再現しました。
 もちろん私のとっておきのレシピも紹介させていただきました。
 ということで、ご購読のほどよろしくお願い申し上げます。

 昨日から販売開始しました吉田毛鉤製の毛バリですが、早々にご購入いただきましてありがとうございます。
 引き続き販売しておりますので、こちらもよろしくお願いいたします。

http://item.rakuten.co.jp/fujinoline/c/0000000115/

 ●明日TTCで開催予定の「毛バリ研究会」は、今夜の降雪予報による道路状況を鑑み、中止(延期)とさせていただきました。代替の日程は2月7日(日曜日)となりましたので、その節はよろしくお願い申し上げます。
http://trout-country.jugem.jp/?day=20160123


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 

にほんブログ村