【月刊つり人9月号】

 

25日に発売になりました、月刊つり人9月号。

 

今号は表紙の撮影と巻頭記事のサポートをしてきました。

 

他にはちょっと恐いお話しに、拙文を掲載していただきました。

 

つり人社刊、月刊つり人9月号をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

昨日は取材のサポートで、夏空の広がる渓流に行ってきました。

 

 

撮影も無事済み、水遊びも楽しんできました。


今月25日発売の月刊『つり人』をお楽しみに!!

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

発売になりました『渓流2019夏』。

 

 

今回は『熾火料理のコツ』ということで参加させていただきました。

 

 

(カメラマンの)浦さん撮影の料理の写真を見ていたら、また食べたくなってきてしまいました。

 

渓流釣りのシーズンも折り返し地点を過ぎました。

みなさんも渓流誌面の美しい写真をご覧になり、釣行のモチベーションを上げてみてはいかがでしょう。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

月刊つり人6月号

 

4月11日の取材。出来立てホヤホヤの記事が上がってきました。

 

 

雪の降った翌日でしたが、津留崎巨匠に撮影していただきました。

 

 

今回は巻頭特集の穴場紹介ということでご協力させていただきました。

 

穴場は紹介したと同時に穴場ではなくなるのですが、美しい在来魚の釣れる自然を紹介し、この自然を残すことに少しでもご協力いただけるならと思い協力させていただきました。

 

ですからゴミの放置や無券での釣り、そして何より乱獲だけはくれぐれもやらないようにしていただきたいと思っています。

 

 

美しい自然の中で、テンカラ釣りを楽しむ。

 

やってみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、是非とも私が講師を務めるTOKYOトラウトカントリーのテンカラ関連教室にご参加いただければと思います。

 

5月の日程は19日がテンカラ教室、26日が毛バリ研究会となっております。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

奥多摩でテンカラ

 

https://m.youtube.com/watch?v=bObqapZFsMg&feature=youtu.be

 

つり人社動画

 

釣り人・吉田孝

 

ご覧ください

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

カープ フィッシング 2019

 

 

コーヒー愛に溢れた私が、なぜかコイ釣り専門誌の誌面に登場しています。

 

 

テンカラ釣りの記事ではありませんが、お読みいただければ幸いです。

 

 

Carp Fishing 2019は、つり人社より、11日発売になります。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

月刊つり人9月号

 

 

現在発売中のつり人社刊『月刊つり人9月号』の巻頭特集に参加してきました。

 

ご購読いただければありがたく存じます。

 

 

猛暑の後は台風の大雨。

自然の力の大きさにあらためて畏怖を感じています。

 

私たち渓流釣りを楽しむ者にとりましても、この時期は熱中症と増水による危険が付き物となります。

 

自分自身への注意喚起も含めたことになりますが、みなさまにもくれぐれもご注意の上、入渓していただきたいと思っております。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

つり人社刊『別冊渓流2018夏』

 

昨日発売になりました別冊渓流夏号。今回は私の愛する奥多摩の渓の釣行記を書きました。

個人的に思い入れの強い渓のことでしたので、かなり熱を入れて書きました。あ、決していつもは不真面目に書いているわけではありません。今回はいつにも増してということで…。

 

SDIM0563.JPG
(表紙は我妻さんです)

 

それともうひとつは私の愛するウエアということで、ファイントラックの愛用者としてご紹介いただきました。
SDIM0564.JPG
(もう長年愛用させていただいております)

 

源流域の釣行には他の追従を許さないと個人的に思っている【finetrack】の製品群。私からもオススメいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

いつもお世話になっております。 2月26日に、つり人社から『テンカラ釣り超思考法』が発売になります。

4人の名手が、頭打ちになっているテンカラ経験者の方に、どうすればさらに先に進むことができるのかを、それぞれの目線からステップアップのヒントを解説しております。

私のパートは【激戦区のスレた渓魚を攻略する】ということで、かなり掘り下げた内容の解説を書かせていただきました。

 

 

項目の終わりに【私のテンカラ釣り開眼エピソード】がありますが、現在の私のテンカラでの立ち位置が、最後の一行に要約されております。

ぜひともご購読いただき、みなさまのテンカラ釣りをさらに楽しいものにしていただければと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

別冊渓流2017夏

 

 

今回も拙文を掲載していただきました

 

 

ご講読のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝